オルタナティブ・ブログ > きょこ コーリング >

広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

料理の効用

»

最近どこに行っても「メタボ」が話題になっています。私の周りだけでしょうか?メタボ検診は40代からだと思いますが、20代、30代も、もちろん健康に気をつける必要があると思います。

取引先などで男性の方が何人かいらっしゃるのですが、皆さん家ではほとんど料理をしないとおっしゃっていました。

さて、たまに料理するとわかることがあります。それは料理に使われている油、砂糖、塩の量です。

例えば、カレーを作るとして、カレー粉を使って作る場合は、塩をはかって入れるわけですが、(即席のカレールーで作ると塩がすでに入っているので塩の分量がわかりません)想定外にたくさんの塩が必要です。

パンを作る場合も、塩、バター、砂糖などがかなり必要です。

炒め物、揚げ物でも、たくさんの油が必要です。ナスなどはビックリするほど油を吸います。

お店で食べたり、買ったりすると、すでに入っているので、一体どのくらい入っているのかということは気にしないですよね。

でも、自分で一度作ってみると「あ、こんなにたくさん油が必要なんだ」とか「あれ?たくさん砂糖を入れたのに全然甘くない。お店で売ってるものは一体どのくらいの砂糖が入ってるんだろう?」などということに気付きます。

このように、使われているものに気を遣うことができるので、メタボ対策にもつながりそうな気がします。

また、料理は「段取り」が必要なので脳のトレーニングになるとも聞いたことがあります。
今は100円ショップなどでちょっとした料理関係のツールも買えますので、是非、たまには料理をお勧めしたいです。(注:品質は確認して買ってください。道具でなく調味料などは、商品の回転が速い(=商品が新しい)自然食品店などで買うほうがいいかもしれません)

Comment(3)

コメント

こんにちは。
料理を実際にやってみると…確かにびっくりします。ホワイトソースは「こんなにバター使うのか…」と思いますし、カルボナーラも「こんなに卵と生クリームを使うのか…」と思います。店で食べるとまったく気にしませんけれど(笑)。

メタボだけでなく「知る」というのは大切なのかもしれませんね。

集中して無心に野菜を切ったり、段取りを考えたりすると、ストレスが発散できるので私は料理が好きです。脳トレになっているのかも?

私も料理は好きな方で、たぶん今晩も作ると思いますが。砂糖使いません、油最小限です。塩も指でつまめる程度しか使いません。カレーは、ルーなど使いません。一応、インド風に全部手作り。香辛料は10種類ぐらいかな。インディカ米でね。ふぉっふぉっふぉー。
でも・・・。メタボ、まっしぐらです。なぜか。たくさん作ってしまうからなのです。この辺、コントロール出来るといいのですがねえ。できないんですねえ。

竹内義晴さん>コメントありがとうございます。
>メタボだけでなく「知る」というのは大切なのかもしれませんね。
そうかもしれませんね。どちらにしろ、料理はいろいろな効用があり、お勧めです!


とおるさん>コメントありがとうございます。よく料理されるのですね!そうですね、メタボは中身だけでなく量も関係ありそうですね・・・。

コメントを投稿する