オルタナティブ・ブログ > きょこ コーリング >

広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

転職2社目は短くて当たり前?

»

長く勤めた会社を辞めた知人が転職したとき、その会社をすぐ辞めるケースが多いように感じます。仮説でしかないのですが、理由としては

・前の会社に長くいたせいで、そこのルールに染まってしまい、新しい会社のルールの違いに戸惑い、居心地悪く感じられた

・前の会社をひどい会社だと思っており、転職したらすべてが良くなると思ったら、前の会社はマシなほうで、それ以上にひどい職場だったことにショックを受けて耐えられなかった。希望を抱きすぎていた。

・初めて、または久しぶりの転職で、転職ノウハウがわからず、事前調査が甘いままで飛び込んだら問題の多い会社(またはポジション)だった

などが考えられます。

そんな知人たちは次によい職場に恵まれています。多分何故その転職に失敗したのかが見えてきたからなのだと思います。

転職は3つ目から成功すればよい、そんな感じもしますが、これから転職をされる人はすぐによいところで働きたいですよね。以前書いたことと少し重なりますけどそんな場合は、そのキャリアの先にちゃんと自分の未来がつながってるかどうかをまず考えると同時に、

・ポジション名が同じでも仕事内容が違うことも多いので事前に仕事内容をチェック

・可能なら一緒に働く上司、部下、同僚に事前に合わせてもらう(ヤバイお局←私じゃないです。念のため)はたいてい一目見たときからヤバイです

・今の会社、何が理由でやめたいのかをもう一度考える。更に、その内容を知人に話してみて、客観的に本当に問題があるかを見つめなおす(新卒で仕事が少し辛いとか、少し給料が安いとか、部長がキモイとかそのレベルだと、思いとどまるほうがいいと思われます)

・ネットでの情報収集を欠かさない(匿名だからこそ本音が語られていることもあります)

・会社が成長してないのに、いつも大量求人のところは避ける(解雇されたり、もしくは、大きな問題がある可能性があります)

・会社が知名度がある、上場企業だから安心、大手だから安心と決め付けない(社員に利益が十分貢献されていないところもあります)

知りあいの転職が続いているので、久しぶりに転職ネタを書いてみました。

建前では、どんな場所であれ、自分で居心地をよくして、頑張れ!というのがあるかもしれませんが、現実にはそうは行かないことも多くあります。是非、転職する友人知人には、新天地で活躍してもらいたいです。

Comment(9)

コメント

hg

転職してすぐに辞めてしまう人はなにがいけなかったのか気付くまでずっと転職することになるわけですねぇ。負のスパイラルみたいなものが垣間見えてきますね。

これはホントです。まさにボクがそうでした。
最初の会社が18年(とはいえ、職務は多喜にわたりますが)
次が7ヶ月、今は3社めです。がんばらなきゃ。

私自身は最初の会社に18年、2社目が1年11ヶ月で今が3社目まもなく2年って状況なのですが、最初の会社では大体2~3年くらいのサイクルで仕事が大きく変わっていたのが災いしてか、どうも2年前後というのが精神的には一つの山であるようで・・・まずいなぁ。
しかし「理由の仮説」は結構胸に突き刺さりますね。


因みに「入社後に色々な理由で社内環境が激変してしまい結局再度転職」した人を何人か知っています。これは自分の責任なのかどうなのか難しいところですけど。

hgさん>コメントありがとうございます。負のスパイラルな人もいるのかもしれませんね。私の周りの方は短い転職の次では良い職場を見つけているケースが多いです。


小野 有紀さん>コメントありがとうございます。私も数ヶ月での転職、あります。入ってやばかったらすぐに辞めるという選択肢はありだと思っています。無理して耐えて心身を壊した人を知っていますので。


匿名希望のイベント屋さん>コメントありがとうございます。IT外資系の場合、扱っているプロダクトのライフサイクルの関係で2-3年のサイクルで何か起きるっていうのがありそうですね。
>社内環境が激変してしまい結局再度転職
これはありますよね。私の某知人も引っ張ってくれた上司が力を失ってしまい、いられなくなったという人がいました。
それから、ちゃんと勢力図を描いて、対策を練っている知人を知ってます。「●●さんの力が弱まっているから、違う側につく」とか、やってるみたいです。私はポリティクス苦手なんで無理そうですが。

mohno

1社目: 14.5年
2社目: 現在3.5年
"染まらない”:-)

見えてくることと理想のギャップに悩むのだと思います。でも、その理想って結構はっきりしないものだったりします。その場合、過去の体験と比べてしまうからだと思います。
仕事の中味は大切ですが、人が一番かと思います。
四十にして惑わずは、昔の平均年齢からの言葉。
今は、五十にしても惑うのではないでしょうか?
夢や理想を掲げる人のほうが惑っているように思います。

よし

そういわれてみれば、わたしも1社目は5年、2社目が3年、3社目が15年超(社内異動、分社化含む)…、です。

コメントを投稿する