オルタナティブ・ブログ > きょこ コーリング >

広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

オンデマンドと我慢できないの関連性って?

»

先日、電車の中で若者の会話が聞こえてきました。何でも「すぐに答えを聞きたいから電話しちゃうんだよね、待つのが面倒で」と、友達から回答が欲しいやり取りは、携帯電話で対応をしている、と話しているようでした。

ふと思ったのですが、待てない人、我慢できない人が増えてる気がします(自分も含めて)。待たなくてもいつでも見られるネットの情報、聞きたいときに聞ける音楽、見たいときに見られる映画、そんなものがもてはやされ、ますます我慢ができなくなってきているということはないでしょうか?(我慢するという行為の耐性が低くなっていませんかね?)

考えすぎかもしれませんが、なんとなく思いついたので自分のメモという意味もありますが、書いてみました。

Comment(4)

コメント

hg

忍耐ということで面白い文献を見つけました。
http://www4.plala.or.jp/k-k/komoku236.html
要約すると耐えるということには受動と能動と二つあるというような感じです。
ちょっとズレてるかもしれませんが同じ「待てない」「我慢できない」にしてもポジティブな探求心みたいなのを持っていきたいですね。

こんにちは。

メール嫌い、な人の話ですが、
こちらからメールしたらかならず返事を携帯に電話してくる人がいます。
メール書くのが面倒くさいんだそうです。
これも短気の一種なんでしょうかね??
メールにするのは記録を残したい意味も結構あったりするんですが。。。

さらに、これは私がマニアックなんだろうなあと思っているのですが、
メールに書くのは面倒なので電話で話そうと思うんだけど、今すぐ伝えるとまで急ぐ話でもない。でも言いたい内容を忘れたくないし、・・・というわけで電話するんだけど、応答しなくていいから留守電サービスに切り替わってくれないかな。・・・と、「いきなり留守電サービスに接続できるコール機能」を切望する小生です。変人でしょうか?^^;

momo

トラパパさんの切望するサービス、わかります。
わたくしも同じような状況(=メールに書くのは面倒なので電話で話そうと思うんだけど、今すぐ伝えるとまで急ぐ話でもない。)で電話をするとき、よくそう思います。

hgさん>参考になるリンクをありがとうございます。そうですね、ポジティブに探求していく「待てない」であればよさそうですね。


トラパパさん>コメントありがとうございます。
>メールにするのは記録を残したい意味
これはありますね、言った、言わないという問題になっても困りますし。私は口頭でやり取りした内容も、「これって同意したよね」とメールで確認してエビデンスを残すこともあります。


トラパパさん&momoさん>
>応答しなくていいから留守電
あ、これはあります!特定のボタンを押すと切り替わる機能があったりするといいですよね!

コメントを投稿する