オルタナティブ・ブログ > 愚直なまでも著作権 >

ACCS久保田が著作権ほか普段感じていること

「Winny」を使った公衆送信権侵害事件について

»

ファイル交換ソフト「Winny」の利用者が本日5月18日、著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで、京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室と五条署によって逮捕されました。これにあわせて、マスコミ向けにコメントを発表したので、こちらにもアップしておきます。事件の詳細は、ACCS Webページ(http://www2.accsjp.or.jp/)をご覧ください。

―――――
 ファイル交換ソフト「Winny」は、ほとんどの場合、第三者が著作権を持つゲームやコミック、音楽、映画などの著作物を無断でやりとりする手段として悪用されていることは、ACCSなどが実施している「ファイル交換ソフト利用実態調査」の結果からも明らかになっています。本日、Winny利用者が著作権法違反で逮捕されたことは、Winnyによる侵害行為が蔓延している実態を改めて示したものであると考えます。

 Winnyの「合法的な利用」に関して、自分で撮った写真や自分が作詞作曲した楽曲などをアップロードする利用があり得ることをもって正当化しようとする意見がありますが、前出のファイル交換ソフト利用実態調査を通じては、このような利用はごく少数にとどまっているものと考えます。さらに、現状のWinnyネットワークでは、参加するだけでファイルの断片を勝手に中継させられるという機能があることからも、完全な合法利用と言い切るのは無理があると考えます。

 また、このような「合法利用」の「目的」の観点からも、現状では、多くの人に自分の作品を知って欲しい場合にはWebページやブログを使う方が合理的な選択であること、しかも、Winnyネットワーク上でファイルを入手するためにはファイル名によって検索しなければならず、著名性の低いファイルが活発にやりとりされる可能性は皆無に近いことから、現在のWinnyが合法利用にも役立つとの主張は、机上の空論と言わざるを得ないのです。

 以上の理由から、ACCSは、Winny利用者に対し、Winnyは、そのネットワークに参加した時点で違法な送信行為に「加担」しているということを警告し、Winnyの利用をやめるよう求めます。 
―――――

発表コメントは以上ですが、Winny上で感染するウィルスによる情報漏洩の問題についても一言。暴露ウィルスをどう防ぐかといった議論がありますが、あえて極言すれば、このことは、他者の情報(著作権)を無断で利用しているパソコンから、自分が秘密にしたい情報だけは守りたいという「ご都合主義」的な態度だと言わざるを得ません。暴露ウィルス対策は情報セキュリティの観点から重要ですが、そもそもWinnyを使い続けること自体が問題なのだということに気づくべきだと思います。

Comment(8)

コメント

noname

一般ユーザーの共有ソフト中止を呼びかけるもっとうまい言い回しがあるとおもいますがかなり稚拙な警告で驚きました。
winnyで流通している大半のファイルは著作権違反のものである。
そういったものがタダで手に入る状況では誰でも魔が指してしまうので使用を控えるべきである。
この警告のみで良いと思います。

sara

ACCSサイトに載せた文章を、ほとんど丸写しするようなエントリを作るなら、こんなブログなど早いうちに閉じるのが賢明です。いまさらわかりきったことを並べ、まるで鬼の首をとったかのように声を高くし、ブログにまで書かずにはいられないのは、よほどうれしいのかとお察し致します。

ここは、ACCSの広報の場ではないはずです。いったい、何のための「オルタナティブ」ブログなのでしょう。読み手との距離を縮めるような、もっと人間的な話題がなければ、相互理解はありえないでしょうし、読み手もそれを期待しているはずです。今日捕まえた獲物の自慢はよそでやって下さい。

overdrive

一箇所だけ、非常に気になった箇所があるので、コメントさせて頂きます。

>他者の情報(著作権)を無断で利用しているパソコンから、自分が秘密にしたい情報だけは守りたいという「ご都合主義」的な態度だと言わざるを得ません。
>暴露ウィルス対策は情報セキュリティの観点から重要ですが、そもそもWinnyを使い続けること自体が問題なのだということに気づくべきだと思います。

これは非常に問題のある見解です。
暴露ウィルスは一般的なインターネット使用でも、感染する可能性は高いです。
つまりwinnyと暴露ウイルスは、その発生と一般的な認知、メディア報道等の歴史に関してはこそ密接な関係性がありますが、
関連性自体は別の物と認識するべき事柄です。

暴露ウィルス対策はwinny使用如何に限らず行われるべきです。

著作物はネットではタダで手に入るといった間違った認識を、正しい知識で啓蒙活動をしておられる方が、
「winnyをしなければ暴露ウイルスにかかることは無い。」もしくは「暴露ウイルスにかかりたくなければwinnyを止めれば良い。」とも取れてしまう発言を行ってしまうのは、非常に問題があります。

言葉の裏にある背景・御心情は理解致しますが、
winnyの利用抑制の為とはいえ、間違った認識を助長してしまうご発言は如何なものかと感じます。

ifreeta

気になったことがいくつかありました。

ネットワーク上でファイルを含む情報を入手するためにはファイル名などのキーワードを検索しなければならないということを知らないと言っているようでなんともお粗末に見えます。文章を労して自分の都合のいいように見せかけようとしてもここでは無理でしょう。知識が足りないねえと失笑を買うだけです、止めませんか。

既得権がないと書いておられましたが、何故に警察がACCSに問い合わせをしたのか、またなぜに貴方がマスコミにコメントしたのか、これが既得権でしょう。私もACCSには既得権はないものと思っていますが、今回の件で何か違うと思いましたよ。

貴方が言っていることは大筋において正論なのですが、もう少し言葉や文章を選んでもらえればいいような感じがします。

ご都合主義

なかなか難しいのは、「現状のWinnyネットワークでは、参加するだけでファイルの断片を勝手に中継させられるという機能があることからも、完全な合法利用と言い切るのは無理があると考えます。」なんて言ってしまうとACCSの人たちがWinnyを使うことも違法ということになってしまい、事実上ファイル交換ソフト利用実態調査なんてできなくなってしまう点ですね(利用したことの一度もないソフトの調査なんていくらなんでもできませんから、必ず一度くらいは利用したことがあるはずです。)。
 利用するとACCSも中継者になってしまうし、事前にあらゆる著作権者から許諾を得るのも不可能だからです。
 捜査機関は、権利の制限規定や刑事訴訟法の規定で調査することは許されそうですが、一私人にすぎないACCSがこれらを援用することは難しそうです。無理やり著作権法42条なんて持ち出すんでしょうか?そうするとそれこそ制限規定の拡大解釈になってしまうことになりそうで、主張の一貫性が疑われてしまいますね(反対に「ご都合主義」と言われかねません)。また、正当行為で違法性が阻却されるなんて言うと多くの利用者に口実を与えることになりかねません。
 さらに、ACCSが利用する際には、違法な著作物の送受信に加担している認識や場合によっては違法性の意識までありそうなので一層やっかいです。
 久保田さんは、この状況をどのような理屈で正当化するのでしょうか?

Penisman2007

よくいうよ。
情報をお漏らしした団体が著作権うんぬんを語るなんてチャンチャラおかしい。

Penisman2007

そう。杉浦のおっさんを懐刀にすえてるでしょ。

コメントを投稿する