オルタナティブ・ブログ > 愚直なまでも著作権 >

ACCS久保田が著作権ほか普段感じていること

JASRACが判断した告別式のCD演奏

»

日経パソコンの「焦点」というページで、2ヶ月に1回程度コラムを書いています。本文とは別に「近況」という小欄があって、この9月10日号に次のような原稿を書きました。

-------------
母が亡くなった。母はリラ・フラウェンコールという女声合唱団で35年歌い続けてきた。告別式では生前の合唱を収録したCDの演奏を流した。これの権利処理を行ったが、人の営みと著作権について考える機会になった。
-------------

ここに書いたように、JASRACに対して、演奏利用の申し込み手続きを行っていました。著作権法では、非営利・無料の利用の場合、著作権者の許諾なく上演することができます(第38条)。非営利・無料とは、(1)営利を目的とせず、(2)聴衆・観衆から料金を取らず、(3)出演者に報酬を支払わない、という条件が全て揃っている場合を指します。

入場料などの対価を取らなくても企業の商品PRなど営利目的であれば、この条件には当てはまりません。ホテルの宴会場や会館などでCDを流すのも、ホテルや会館が主体になっていれば営利目的となるでしょう。

今回の告別式は、喪主の私が主体で、非営利目的で料金を取らず報酬も支払わずCDを流したので制限規定に当てはまり、許諾を取らなくても利用できるように思いましたが、会場がお寺に付随した会館でしたので、念のため申し込みを行ったのです。

その後、JASRACからは、使用料の支払いは不要との通知が来ました。個人的には判断を迷いましたが、JASRACの措置はこのような実質的なもので、今では妥当な結論として納得しています。

日経パソコンに後日談を書く欄はないので、こちらで報告しておきます。

Comment(4)

コメント

事務局

プライベートに対する誹謗中傷が見られたため、コメント削除を行いました。

九図

都合の悪いことは全部誹謗中傷なのね。本当どうしようもないクズだな、オマエ。

Penisman2007

こりゃ愚直なまでも著作利権だよな。

S.F.

故人が生前に録音した生きた証しともいえる音楽を、邪魔されることなく演奏できたことを、ほんとうに良かったと思います。もう二度とは来ない告別式の瞬間は著作権も世俗の欲得も関係ないことと思います。そして、それが可能な懐の深い著作権法となっていたことを喜びたいと思います。また、さらに、そうあるよう人々に受け入れやすく、理解される著作権法であるように願います。
 
 もう一つ気になることがあるのですが、久保田さんも、著作権についてJASRACに問い合わせることがあるのですね?
著作権法の専門家でさえ判断に迷うような法律であるとなると、一般人はそれ以上に困惑してしまいます。
 私の経験なのですが、表紙にライセンス・フリーと掲げられたイラスト集の画像を簡単なPCゲームに利用しようとしました。が、念のため権利関係はこれでいいか電話で確認してみました。そうしたら「商店街のチラシやサークル活動に使う場合は無料だが、コンピュータ・ゲームに利用するのは想定外だ」と言われました。急きょ、モニターになってもらっているユーザのところに出向き削除してきました。
 なかなか著作権は気難しいです。判断に迷うときは、ASK ACCS のページでケーススタディーしていました。が、現在は休止中のようですね。きっと難しいものがあるのだろうと思います。再開を期待しています。

コメントを投稿する