オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

マイクロソフト オフィスを削除しても、オフィスワーカーとして生き残れるか(1)◆本当に削除したぞ!◆

»

 私の会社で行きかう文章のほとんどは、NotesメールかEXCELかパワポで作られている。 マーケティング系のプラン、営業系の提案書、プレゼンテーション、企画書はほとんどパワーポイントで作成され、営業・マーケティングの状況はピボットテーブルが多用されたEXCELに落とされている。

 NotesDBがあるためファイルサーバーを利用することはないが、ローカルディスクやNotesの添付ファイルとして膨大な量のパワポとEXCELがある。

<マイクロソフトオフィスレガシーからの脱出>

 EXCELレガシー/Notesレガシー問題が叫ばれているが、いずれも貴重な資産であり、その中には膨大なノウハウが詰まっている。多くの社員もこれらの操作性に慣れていることを考えると、安易に止めることは、生産性の悪化とせっかくの利用文化を失うことになるのだ。

 しかし、NotesDBに関しては共有環境として欠かせず代替品はないが、最近はMicrosoft Officeの代替品は沢山出ている。 Open Office.orgやLotus Symphony、Googleのオフィス機能などである。

 ちなみに、Notesメールのエディターはマイクロ ソフトワードよりも優れているので、ワードは使っていない。 議事録などはMeetingをしながらNotesにリンクやファイルを張って会議中に完成させてしまうし、マニュアル系もセクションが使えるNotesDBの方が表現力があり、使いやすいのでワードやパワポは使わない。

  今、娘を塾に送ってきて近くのドトールにいるが、この1時間でやってみたい衝動を抑えきれなくなった。Lotus Dayでのセミナーもおわったことだし、いっそのこと、マイクロソフト オフィス(ワード、EXCEL、パワーポイント、Outlook)を削除してみることにした。

<マイクロソフト オフィス削除の前に>

 お前を嫁に~もらう前に~♪ やっておきたい~ことがある~♪

 ということで、マイクロソフト オフィスを削除する前に、やっておかなくてはならないことがある。 代替品のインストールだ。 先に書いたように、いくつかの選択肢があるが、Lotusを愛する私としてはLotus Symphonyをインストールしておくことにした。 新しく娶るのわけだから、多少、気に入らないところがあっても大きな気持ちで受け止めて、前向きに工夫して使ってみようではないか。

 (実際には、私はインストールファイルをダウンロードしてあったが)

 以下がLotus Symphonyのサイトだ。 英語だが気にせずに先に進めてみよう。以下のSymphonyロゴを選ぶと、サイトに飛ぶ。

Symphony  http://symphony.lotus.com/software/lotus/symphony/

 以下のサイトが表示されるので、右にある「Download」ボタンを押す。

 すると、以下のような画面になるので、Windowsユーザーなら2番目の"Symphony 1"をクリックする。

 次の画面で「Language」のところで”Japanese”を選択して「Continue」を押して次の画面に行き、「Sign in」と「Proceed without an IBM ID」が並んでいるので、IBMサイトからのダウンロードなどのために以前にIBM IDを登録したことがあれば「Sign in」、初めてなら(または、わからなければ)「Proceed without an IBM ID」を選んで次の画面に行く。

 名前、名字をローマ字で入れて、電子メールアドレスを入力し、”Japan”を選んで、「 View license」でライセンスを確認(Japaneseを選ぶと日本語で読むことが出来る)し、ライセンスに合意したら「I agree」をチェックして「I Comfirm」を選べば、ダウンロードの画面に進む。

 画面の下の方の「Select all files」の前にあるチェックボックス”□”をチェックして、一番下にある、

「Download now」

を押せば、ダウンロードが始まる。 ダウンロードが終わると以下のように”100%”となるので、”File”の右に書いてあるフォルダー名をメモしてから、右上の「Close」を押してウインドウを閉じる。

メモしたファイルをExplorerで探して"IBM_Lotus_Symphony_w32.exe"をクリックするとインストールウイザードが立ち上がる。

インストーラーは日本語なので、わかりやすいだろう。 インストーラーのガイドに従って「次」を押していけば、インストールが始まる。

 インストールが完了したら、その画面から一度、Lotus Symphonyを起動してみよう。 いろいろと遊べるはずだ。 英語だが便利なPlug inやギャラリーなどのサイトもあるので試してほしい。

 以前のSymphonyを知っている方は「はや!」と思うだろう。

<マイクロソフト オフィスの削除>

 さて、準備が出来たところでマイクロソフト オフィスの削除に入る。

 なんだか、妙にワクワクする気分を味わいながら「プログラムの追加と削除」を選び”Microsoft Office"を選択して「削除」ボタンを押してみる。

 OfficeのDVDを持っているわけではないので、後戻りは出来ない。

 これらの画面をキャプチャー(画面をそのまま写真にとるように写す)するために用意した、Photo Editorを落とすように指示が出た。まさか、私が毎日のように愛用しているPhoto Editorも消えてしまうのだろうか。

 

 さて、削除されたようだ。 再起動してみる。

 そういえば、私はパワポ使いのプロと言われ(?)、お客様を集めてEXCEL講座の先生などもやったことがあった。 そんな私の特技が一つ失われることになってしまうと思うと少し寂しい。

 ここまでくれば、Microsoft Officeと名のつくものは全部削除してみよう。

 ”Visio”と”ステップバイステップ インタラクティブ”という100MB以上のプログラムがあるので、これも削除してみた。 何度も”本当に消すか”のようなメッセージが出てくるが、判断できないので、全部”はい”として消した。

<パワーポイントのファイルを使ってみる>

 なんだか、Thinkpadが軽くなったような気がする。 妻が「今日はガソリン満タンにしたから、車が軽かったわー♪」と、論理的に説明のつかないことを良く言っているが、気持ちがわかった気がする。

 さて、パワーポイントのファイルを開いてみよう。Explorerでファイルを見ると、パワーポイントで作られたファイルのアイコン(ファイル名の前についている小さな絵)がいつものパワポのものではなくなっている。

 ダブルクリックすると以下のような画面になった。

「Webサービスを利用して、、、」と出ているが、今はドトールにいてネットワークには繋がっていないので、「一覧からプログラムを選択」を選んでみた。

  この「プログラムを選択」を選んでから「OK」すると、プログラムの一覧が出てくるので、Lotus Symphonyをインストールしてある場合は、”Lotus SYMPHONY”を選んでパワーポイントのファイルを開いてみよう。

 開くを押す前に「この種類のファイルを選ぶときは、選択したプログラムをいつも使う」を選択しておこう。

パワーポイントのファイルを開いてみると、以下のようにパワポがSymphonyで表示された。 

 フォントや図形などの崩れは、このプレゼンではまったく見受けられず、アニメーションの効果に関しても、不自然なものはなかった。

 少し修正してみたが、慣れればそれほど違和感なくつかえそうだ。

 パワーポイントからLotus Symphony 1のプレゼンテーションへの以降は、十分に可能だろう。

 自分のパワーポイントファイルやメールなどで送られてきたパワーポイントのファイルも同様にプレゼンモードで表示したり、修正したりしてみたが、大きな問題はなさそうだ。

 沢山の図形の自動整列の機能をパワポでは利用していたが、メニューに見つからずに苦労した。 実際には、図形を複数クリックした後、右クリックすれば「オブジェクトの配列」があり、パワポとほぼ同じことが出来た。

 さらに、Lotus SymphonyにはPDFファイルやODF(オープンドキュメント)形式にへ落とすことも可能だ。早く慣れて行きたい。

 次に、EXCELファイルを利用してみることにしよう。

 (つづく)

*互換性に関しては、私の環境で利用した範囲内の感想です。詳細の評価はダウンロードして各自でご確認ください。

Comment(8)

コメント

けんじろうさん、えらい!

お久しぶりです。
「隗より始めよ」
ですね。

なんだかんだといっても実際に使ってみないことには、わからないことが必ずありますよね。MS Officeを削除するというのは勇気のいることだと思いますが、インストールしたままだと、緊急の場合ついつい使ってしまうので...、本当の意味での脱MS Officeのチェックにならなかったりしますからね。

ところで、iPhoneをゲットしました。メール添付ファイルのMS Office書類などを見ることができて便利です。作成はできないので、Googleを使ってみようかと考えているところです。

祝!脱マイクロソフト・オフィス!!
 
これで、けんじろうさんの Lotus Symphony と、私の使っている StarSuite で、完全ファイル互換になったので、コラボれる訳です!マイクロソフト・オフィスのユーザとも、当然コラボ可能!!

minamimさん
>インストールしたままだと、緊急の場合ついつい使ってしまうので

その通りなんです。 禁煙してても、タバコ持っているとついつい。

>Googleを使ってみようかと考えているところです。

iphone版のOpenOfficeとかでないもんでしょうか? Googleだとオンライン中しか使えないので。

 コメントありがとうございました。

とおるさん
 コメントありがとうございます。

>StarSuite で、完全ファイル互換になったので、コラボれる訳です!

 StarOfficeじゃなくてSuiteだったんでしたっけ? NECのグループウエアと同じだからでしょうか?

 禁煙3日目じゃなかった、、禁オフ3日目。
 そろそろEXCELが必要になるかも。

 でも、頑張ります。

普段は、コメントのご返事にコメントはしないのですが・・・。
 
1.> StarOfficeじゃなくてSuiteだったんでしたっけ? NECのグループウエアと同じだからでしょうか?
はい、そうです。NECさんがStarOfficeを販売されている国(たしか、日本、韓国、中国)では、StarSuiteと言います。
 
2.Excel でなくても、Lotus Symphony Spreadsheets で、全然問題ないと思いますよ。体験談、楽しみにしています。
 
3.Lotus Symphony のClipart って、Lotus Freelance の Clipart じゃないですか。昔、日本トップクラスのFreelancer だった私としては、懐かしい限りです。使わせてもらおう。ついでに、png ファイルですが、6900個の Clipart が無料でダウンロードし、使用できるサイトがあります! 

http://openclipart.org/media/downloads
 
Free Open Source Software って、すてきです!

とおるさん
 なるほど、そうでしたか。 
 ありがとうございます。
 EXCELファイルの活用は若干苦労しております。 回避方法を探し出してからレポートします。

けんじろうさん、すばらしい実験、とても興味深く読ませてもらいました。
自分もmacへの出戻りを真剣に考えている昨今、MSofficeは悩みの種です。中でもmac環境でのGoogle Docs & Spreadsheets、興味津々ですので、mac入れたら是非けんじろうさんの後を追います。では、実験の経過報告、楽しみにしています。

追伸
どうでもいいことですが、
> 今ドトールにいて
に敏感に反応してしまいました。私のノートPCは、おそらく50%以上がドトールで働いています。だから何って、、、何でもないです。あっ、それから、トラバもありがとうございました♪

中村昭典さん
>mac入れたら是非けんじろうさんの後を追います。
 お待ちしています。オープンソース系もMac対応進めているようですし。
>おそらく50%以上がドトールで働いています。
 ドトールは何時でもやっているのがいいところなのですが、分煙がしっかりしていないのが難点で、娘と一緒にはいけないのが悩みです。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿する