オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

ミクシーより社内SNSなのか?

»

 ある製造業のお客様と飲んでいて、連れられてきた若い女性が「ミクシーより社内SNSの方が気楽でいい。もうミクシーはやめました」と言っていた。

理由は、

・ミクシーで日記を書いていても、めったにコメントがない。たまにあっても嘘っぽい儲け話だったりする。

・外のSNSだと、なんとなく危険な感じがして安心できないが、社内だとオープンに悪いことをするはずがないので安心。

・社内だと知人や友達がすぐに心のこもったコメントくれる。

・日記を書くときも、社内なら知らない人が見るわけではないから書きやすい。

・社内では似たような環境、境遇にいる同様の日記を見ることがあり、コメントやメッセージのやりとりも「暗黙の了解」みたいなものが存在して意思疎通しやすい。

というようなものだった。(かなり飲んでいたので正確ではないが)

 先週、社内SNSを導入している別な会社との懇親会で、やはり若い女性に聞いてみた。 彼女も同じ意見だそうだ。

・ミクシーなどは、学生時代の同窓生とのやりとりのみで、最近はあまり見ない。

・社内SNSでも日記は書かないが、社内のコミュニティはよく使っている。

・会社という硬い中で、会社の他の人から見えない中で、ひそかに女性同士で愚痴を言い合うのは楽しい。 コミュニティのメンバーの誰かが「チクル」のではと、ちょっとスリルだけど。

 というような意見であった。 ついでに、先日、大学生になった娘に聞いてみたが「もうミクシー卒業」だそうである。 何かあったときに見るために登録は解除しないようだが。

 さて、これが一般的なのかどうかわからないが、これは良い現象なのだろうか?

 もともと広く人と出会い、アイディアや意見を交換することがSNSの目的のはずだ。 社内SNSが一般的になるのはいいのだが、なんとも腑に落ちない。

 社内SNSは何のためにあるのだろう。

Comment(10)

コメント

oze

>社内SNSは何のためにあるのだろう。
息抜き。安全な息抜きと考えます。
社外SNSでは得られないでしょう。
無理に例えるなら、家庭のような場所。

ozeさん
>安全な息抜きと考えます。、、、、
>、、、、家庭のような場所。
企業内のSNSならば、何かビジネス的な効果があるべきだと考えてしまいますが、
息抜きしながら、楽な気持ちで意見交換してそのなかで自由な発想の新しいアイディアやイニシアチブが立ち上がっていくと考えれば意味のがあるのかもしれませんね。
コメントありがとうございました。

私の知っている女性の間でのmixiの使い方は、オフラインでも知り合いのクローズドなコミュニティーのみで使っている人と、一般に公開して仕事でも使っている人の2極にわかれているようです。

> 広く人と出会い、アイディアや意見を交換することがSNSの目的のはずだ。

SNSの目的とか考えずに元々クローズドな使い方をしていたグループが、mixiの会員が多くなりすぎたり、いろいろ事件が起きるようになって、mixiを卒業して社内SNSなどへ移動しているのではないでしょうか。

Toyo-P

>・日記を書くときも、社内なら知らない人が見るわけではないから書きやすい。

>・社内SNSでも日記は書かないが、社内のコミュニティはよく使っている。

結局、日中はずっと仕事の話題が中心だったりするから、そのほうがツールとしては使いやすい、というふうに読み取れました。

テーマを限定せず、自分の活動に必要な情報をやり取りしたり、会社の中だけでは絶対にめぐり逢わないだろうという別業界の人と知り合いになれてコミュニケーションが出来る、という、SNS本来のメリットを必要としていれば、やはりmixiは便利ですし、そうでなければもっとNotes/Dominoの(ユーザー社内での)スペシャリストが増えてもいいように思います。

(表現はちょっと短絡的ですが・笑)

社内ブログなどを提案・構築している立場としては、ここで紹介されている女性たちの発言を見たらきっと「ブログやる暇あったら仕事しろ」って考えてしまう傾向の経営・管理層の方々が「それ見たことか、仕事の役には立たん、、、」って勢い付きそうでちょっと辛いとこありますが、、、(苦笑)

私なりの工夫として、この手の方々には日本経済新聞出版社の「人材空洞化を超える」って書籍の若い世代はコミュニケーション渇望してますって部分を解説・強調するような工夫はしてます。

テクネコさん
>mixiの会員が多くなりすぎたり、いろいろ事件が起きる
>ようになって、mixiを卒業して社内SNSなどへ移動,,,
この投稿の後も何人かに聞いてみたのですが、確かにそのようです。 特に女性にその傾向が顕著だと感じました。
テクネコさんが書いたとおり、2極化しているようでうすので、この流れが加速化しても、一極の層の人は残っていくのでしょう。
コメントありがとうございました。

TOYO-Pさん
 コメントありがとうございます。
 コメントを見ていて思ったのですが、
「仕事も気軽なコミュニケーションも社内SNSだけで安心して行える」
というところが、いいのかもしれません。
 社内用と社外用でわけるのは面倒ですし、どういっても社内の方がセキュアですから。

yasu-sasakiさん
>ここで紹介されている女性たちの発言を見たらきっと
>「ブログやる暇あったら仕事しろ」って考えてしまう
 実際、そのようなメールをいただいてしまいました。
 一つ前のコメントにも書きましたが、仕事も気軽なコミュニケーションも社内SNSというのが方向性ではないかと思っています。
 Notesなどもクラブ活動から販売支援システムまで広く使われていますので。
コメントありがとうございました。

小野 有紀

ご無沙汰しております。
転職なんやかやで、バタバタしておりました。

ボクの周りのmixiのヘビーユーザーは主婦と学生が多いですね。
PTAや大学では、mixi以外にコミュニケーションをするツールがないせいでしょうか?

翻って、ビジネスマンは男性も女性もmixi離れをし始めている気がします。
ボクもmixiは趣味の情報収集か、昔の友人の日記にコメントするくらいです。
自分ではあまり書かなくなってきています。

やはり仕事ネタは機密な内容が多いので、社内SNSで話すのがいいのでしょうかね。
そういう意味では「機密性の低い仕事ネタ」をガンガン書けるオルタナのパワーブロガーさん達はすごいですね。

小野さん
>ビジネスマンは男性も女性もmixi離れをし始めている
確かにそう、思います。
2週間ほど不在にしておりまして、変身が、、いや、返信が遅れました。
 さて、明日からバンバンかきますぜ。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿する