オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

Google、Yahoo、ミクシィが同じID、パスワードで

»

 Googleや各種SNSのID、パスワードのお作法が違うため、それぞれ違ったものを設定している方が殆どだろう。 銀行、ショッピングサイトやチケットサイト、カメラやプリンターなど購入した電子機器のサポートサイトを含めれば10以上のIDを持っているのは普通だろう。 

 これ以外に社内のシステムもあることを考えれば、とてもIDを覚えきれるはずも無く、手帳などにID、パスワードを書いて管理したりしているのではないだろうか。

 パソコンのデスクトップにID、パスワード一覧を張っているものもいる。 私は毎月のようにパスワードを忘れて、使わなくなってしまうサイトがある。 多くの場合「ID、パスワードを忘れた場合」というボタンが用意されているが、よっぽど必要性が高くない限りは利用していない。

 複数のサイトで共通のID、パスワードが利用できるようにすることで、上記のような問題を解決し、より多くのサイトを利用してもらうことを目的として「オープンID」がアメリカを中心に普及し始めている。アメリカでは既に約2億5千万ID、1万サイトが利用されているが、日本でも今年中には普及しそうだ。

 29日の日刊工業新聞によると、野村総研、日本ベリサイン(認証サービス会社)、そしてオープンIDを開発したシックス・アパート(ブログソフト会社)の3社が「オープンID」を普及させるための組織(仮称)OpenIDファウンデーション・ジャパン」を設立すると発表した。(4月設立予定)

 オープンIDでは、オープンID対応の、いずれかのWebサイトでIDを登録すれば、他のサイトのオープンID対応サイトでも同じID、パスワードが利用できるようになるが、シングル・サインオンではないため、Webサイト毎に認証が必要である点は変らないようだ。

 インターネットで会員サービスを提供する日本の様々な企業がオープンIDに参加することが予想されており、ID、パスワード管理の利便性は飛躍的に向上し、かつ、間接的ではあるがパスワード関連のセキュリティも向上することだろう。 個人的にも大いに期待している。

Comment(4)

コメント

NDOMINO-S

(冗談)
「OpenIDだろうがなんだろうがブラウザの認証は不安です。」
「ノーツのみたいにPCに物理的に置くIDファイルがないと不安です。」
「ノーツでもiNotes Web Accessだと認証は不安です。」

と言っている人はたぶんノーツクライアント中毒

NDOMINO-Sさん
 コメントありがとうございます。
 実は、私も漠然と不安を感じます。
 もし、ATMがカードなしでIDとパスワードだったらとても不安ですよね。
 東京三菱UFJのオンラインバンクも、ID、パスワード以外にカードに印刷してあるテーブルの番号の入力が要求されるので利用しています。
 Notes中毒でしょうか?

NDOMINO-S

Notes中毒です。(爆笑)
・・・・・・・・じゃなくて~~~~
実は「Notes中毒」の話がしたかったのではなくて
「Webブラウザベースだとユーザーの不安を拭えないセキュリティしかかけられない」
ということ変化球をかけて言いたかったんです。
Webブラウザベースの認証って基本的にテキスト入力だけで個人を特定するので何をやっても不安を与えますよ。
別にノーツユーザでなくても不安ではないのでしょうか?
オンラインバンクの乱数表とかはユーザに負担が高い非常に面倒な仕組みだと思いますし・・・・・。
だからAjaxだWeb2.0だとどう進化してもWebブラウザはWebブラウザです。あくまで参照専用のソフトウェアでしかないかなと思います。

NDOMINO-Sさん
アメリカの常にハッカーが名を上げるために狙う対象となっている政府機関がNotesクライアントを利用している理由はそこにあるんです。 
もう一つ、モバイルも理由になっているようですが。
私も乱数表があっても実は漠然と不安に思います。
そう考えるとSaaSはどうなんだろうと思いますね。
セキュアネットワーク(プライベートな固定網)との組合せでしょうか。

コメントを投稿する