オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

ビジネス英語はカタカナのジャパニーズイングリッシュで思い切り話せ!

»

 IBMのソフトウエアブランドに来て驚いたのは、毎日、あちこちの部屋で当たり前のように英語での電話会議や来日した外人との会議が行われていることだ。 そして、もっと驚いたのは、当時の私のボスも含め、日本人男子はみんな、とても発音が悪い。 ほとんどカタカナである。 Rの発音もまさにラリルレロ。

--- 話はそれるが、Rの発音をカタカナ発音のまま、ネイティブのように言える方法がある。Rで始まる単語は、”ウ~”と口(くち)をとんがらせて言いながらライトと言うとカッコイイ発音になる。Right(ライト)ならゥライトと言う。 5回ぐらいすばやく繰り返し言ってみると、ほら、かっちょいいでしょ。外人みたい。---

 そんなジャパニーズイングリッシュでも自信をもって、説明し、説得し、こちらからの要求を伝え、しっかりと代替案を提案している。 そして、

このカタカナのような英語を相手側の外人はしっかりと理解している。 だいたい、電話会議をするようなエグゼクティブはOZやインド英語、シングリッシュ(シンガポール)などを相手に会話をしているので、日本人の英語発音にも慣れている。

 それに「レストランでRice(ライス)をLice(シラミの複数形)と発音して嫌な顔された」なんてことはないし(これが、レストランの裏のごみ置き場ならあるかも)、外人から会議の場で「この案でいいですか?」と聞かれて”アグリー”と言って鈴木アグリのことだと思われることはない。

 SとCやVとBなんかもそうだ。 さすがにPurpose of this meeting is,,,を”パポーズ オブ ミーティング”とローマ字読みしては「パポーズって誰?」と聞かれてしまうが(経験者)、”パーパス オブ ディス ミーリィン”なら十分通じる。

それより重要なのは、言っていることを理解してもらうためには、

・アクセントは正確に。 本当に重要。 ちゃんと発音してもアクセントが違うと通じない。

・ゆっくり、リズミカルに。

そして、自分の意思を伝えるためには、

・ビジネスよく使うフレーズとその会社で良く使われる単語を数多く覚えておくこと(日本同士でもそうですよね)。

・結論を先に、明確に言う。(最近は日本企業の会議もそうですね)

最後に、これが最も重要で最も難しいのが、

・相手が言っていることを、ちゃんと聞けること。 話すことよりもずっと重要。

である。 日本語の会議でも新入社員だと、何を言っているか理解できないことが多いと思うが、英語とビジネスの内容の両方を理解しなくてはならないので、大変なのだ。

わからなければ、分かった振りせず聞かなくてはならない。

結論としては、発音は気にせず、リスニング力を鍛えることが最も重要なのだ。

、、、と自分に言い聞かせて、明日から英語のデクテーションをしようと自分の心に誓う。

Comment(10)

コメント

けんじろうさんに1000点!
日本人は、言語に関して完璧主義の方が多く、流暢に話すことに重きを置いている方が多いように感じます。
ブロークンであろうと、通じりゃいいわけなので、気にせずバンバン話して良いと思います。
大事なのはコンテンツであるわけですから、聴きたいことを話していれば、相手が理解する努力をしてくれると思います。
その逆に、中身のないことを話して(以下省略・・・

私もその通りだと思います。完璧な英文法で話そうとするとついついカチカチになったりしますからね。
ただ、私がけんじろうさんの会社にいた頃、外人とみんなで会議をしたあと、ある外人が私のところにやってきて「xxxさんの発音は良くわからなかったよ。」と言ってました。ベタのカタカナイングリッシュでも、最初はしょうがないですが、徐々に外人の発音を真似て、発音は勉強した方がいいでしょうね。勉強は永遠ですからね・・・。

ちょうど1年前にやっていたジュークボックス英会話というテレビ番組が参考になると思いました。リズムさえ合えばそれなりに通じるもんです。そして、英語はネイティブだけのものじゃないから、分かるように話してもらうように意識してもらうとか。

ooki san
1000点ゲットさせていただきありがとうございます。
>ブロークンであろうと、通じりゃいいわけなので、
>気にせずバンバン話して良いと思います。
私の場合、気にしていると話せないという能力不足もありますが(^^ゞ
 もう一度、初心に戻って習得しなおそうと思っています。
コメントありがとうございました。

とおるさん
>「xxxさんの発音は良くわからなかったよ。」
これ、かなり言われていそうで、ドキッとしました。

>徐々に外人の発音を真似て、発音は勉強した方がいいでしょうね。
はい、音読頑張ります。
コメントありがとうございました。

坂本英樹さん
1年ほど前にNHKでジュークボックス英会話やってましたが、あれですね。 
 まさに、そのジュークボックス英会話とアメリ缶(小林かつや)でリズムとアクセントの重要さを感じました。
 時々、多聞さんのブログ読んで参考にさせていただいています。 コメントありがとうございます。

Ling-mu

ヨーロッパ系の人の場合も母国語にかなり引っ張られた発音をする方が多いので、それを見ているといわゆる日本人英語にコンプレックスを持つ必要は無いように感じます。
#Functionをフンクションと発音する人もいますし。

会話の場合は相手の顔を見ていれば話していることが理解できているかどうかが分かるので、うまく通じなかったら表現を変えてみたりして何度か言ってみると相手もああそれは何々のことだねとこちらの意図を読み取ってくれます。
#結果として正しい表現を教えてもらうことになり勉強になります。

英単語も大切ですが、よく使われるフレーズやチャンクを覚える方が重要なようにも思います。
会話の作法として相手の言った内容を自分が理解した形で要約して適宜確認するように相槌を打つのも効果的かと思います。

Ling-mu san
 その通りだと思います。 通じない時は表現を変えてみたりするなど、経験の中で工夫していくことが重要のだと思います。
コメントありがとうございます。

NDOMINO-S

(冗談)
私の見解では「じろう」は英語で苦労する運命なんです。

幕末のころ中浜万次郎(ジョン万次郎)という人がアメリカに渡って英語で苦労した。

ジョン万次郎の英語 1
http://homepage1.nifty.com/monet2/English/manjiro1.html

現代、吉田 賢治郎(ノーツけんじろう)という人がアメリカの企業に渡って英語で苦労している。

けんじろう と コラボろう! ビジネス英語はカタカナのジャパニーズイングリッシュで思い切り話せ!
http://blogs.itmedia.co.jp/kenjiro/2008/02/post-2093.html

現代、英辞郎というソフトウェアが2500円で翻訳させられまくっている。

英辞郎 第三版|書籍・雑誌|アルク・オンラインショップ
http://shop.alc.co.jp/spg/v/-/-/-/7007048/

NDOMINO-Sさん
 待ってました!
 万次郎の記事URL先を見ました。 とても面白いです。
いつも楽しいコメントありがとうございます。

コメントを投稿する