オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

Lotus DominoはEnterprise 2.0の夢を見るか

»

 Lotusphere2008でのLotus Notes / Dominoの方向性のメッセージからすると、Web2.0(文化、技術、活用環境)の企業情報システムへの適用「Enterprise 2.0」をLotus Notes/ Dominoを中心に展開しようとしていることは明らかだ。

 さて、ではDominoにどの程度の実力があるのだろうか? Domino8(一部8.5)では以下のWeb2.0的機能の提供を予定している。

・Dominoサーバー上のNotes DBをRSSフィード対応とNotesクライアントへのRSSリーダー機能の統合

 NotesDBが社内に散在しているNotesユーザーには大変便利だ。社内外のWebサイトの情報と共にNotesDBの更新情報が送られてくるため、いちいちDBを開いて見に行く手間がなくなる。

・ブログ・テンプレートを利用した個人・チームブログ

 ブログの機能としては決して高くはないが、カスタマイズ性が高いことを考えれば業務や様々なコミュニケーションツールと連携させた新しいブログコミュニケーションに広げていけるだろう。また、Lotus Connectionsとその関連サービスを組み合わせ企業情報システムとして有効なSNSとして利用していくことも出来る。

・My WidgetsとLive Textを利用したコンポーネット利用とWebサービス連携

 いかにもWeb2.0といったユーザー・エクスペリエンスを提供してくれる。 Googleガジェットの組み込みが可能で、同時にNotesのViewやWebページ、RSSFeedも取り込み可能である。また、Live Textは、メールの内容を解釈して、関連するプラグインを  自動的に呼び出すことができる。My Widgets との連携もスムーズで、見た目にはNotesであることが信じられない。

 様々なコンポーネントの活用や各種サービスとの連携はエンドユーザーコンピューティングを復活させてくれるのではないかと期待させられる。

・AJax化されリッチ&軽快になったDomino Web Access8 の利用

 ヘビー・ユーザーはLotus Notes 8 スタンダードが基本だが、Web2.0型のユーザー・エクスペリエンスニーズを考えれば、充分(すぎる)ではないだろうか。 LITE版での軽快な利用環境は価値が高い。

・Eclipse版 Lotus Notes 8 による業務システムのLotus Notesのコンポジット・アプリケーション化

 Web2.0の世界でのリッチクライアント化がどの方向に進んでいくかがまだ、わからないが、オフライン利用と業務システムとの連携を考えれば、企業内ではこれも一つの解だろう。 最大の課題はPCのリソースと軽さか。

 また、将来はLotus Mashupsによるマッシュアップ機能の一般利用者への展開へも発展させられるだろう。

・強化されたLotus Notes DBをWebブラウザからAJAXインターフェースで利用

 Domino Web Accessはメール、スケジューラーをWebブラウザベースのリッチなユーザー・エクスペリエンスで提供していたが、NotesDBのWebブラウザからの利用ではJAVAアプレットを利用したものであった。 これで、他のWebアプリケーションに負けない操作環境でNotesの様々なアプリケーションが利用できるようになる。

・オープンソース・ベースの無料オフィスツール提供

 「Lotus Symphony」という無料のオフィスツールがついた。 昨年、この製品を利用したときには今一つ(二つ、三つ)だったが、通常利用ではまったく問題ないレベルに仕上がっている。 マイクロソフトオフィスへの投資をNotesバージョンアップに向けていくというシナリオもなりたつようになった。 Googleではオンラインでしか使えないが、どこでも使えるという意味ではメリットがあるが、これがWeb2.0に関係あるのだろうか? 社内の有識者に聞いてみたところ「永遠のベーター」と「オープンソース」というところがWeb2.0の要素にはまるそうだ。

・Lotus Quickrによるエンタープライズコンテンツマネジメントと業務用コミュニティの提供

 ブログや通常のSNSがなかなか社内に浸透しない問題をこれで解決でき(るかも?)、業務に特化したコミュニティは企業には効果的だろう。 また、NotesDBの代わりにQuickrをセキュアな情報共有、ドキュメント管理をWeb2.0型ユーザーインターフェースから利用できるようになる。

・SaaS型のサービス提供

 IBMではWeb2.0の3つの要素の一つとしてSaaSを上げている。 今回のLotusphereでSaaSの意向表明が行われた。 詳細は明らかになってはいないが、企業や利用者にとっては新しい選択肢が増えたわけだ。

 Notes/DominoでWeb2.0だEnterprise2.0だと言われても今ひとつピンとこなかったが(今でもなんとなく違和感がある)、NotesDBがAJAX化されて、そこでWidgetsが利用されているデモを見ていると、Web2.0の定義は別としてWeb2.0技術を取り込んで新しいEnterprise情報システムの方向性は、Dominoベースの方が正しいのではないかと感じるようになってきた。

 古いイメージがなかなか払拭できなかったLotus Notes/Dominoであるが、Web2.0を取り込んでリポジショニングする日もそれほど遠くないのかもしれない。

Comment(6)

コメント

NDOMINO-S

Notesユーザ企業の社内Notes技術者として感じるエンドユーザのニーズは

(1).Notesクライアントで動くNotesDBの表現力・操作性をAjax/Webと同レベルまで持って行く。
(2).Notes利点(メールや承認の機能を損なうことなく)基幹系システムのRDBとシームレス・リアルタイムに連携

です。さらにバックエンド的な事情として
(3).上記のコンテンツの開発をユーザ企業が現実的なレベルの人数・工数でアプリ開発出来ること。

これを満たせばエンドユーザはNotesクライアントだけ立ち上げて仕事が出来るようなり幸せになります。
これぞEnterprise2.0かなと(けんじろうさんのイメージとはちょっと違うかな?)

まあ(1)はリリースアップごとにすごーく地道・地道に進化してますし。(2)はDB2Sstore機能のチュンーンナップに期待ですかね?(将来的にはNSFとDB2の融合か?)
大事なのは(3)をある程度満たさないと技術者が増えません。

NDOMINO-Sさん
→でコメント入れます。
>(1).Notesクライアントで動くNotesDBの表現力・操作性をAjax/Webと同レベルまで
→昨年Web2.0系のお仕事をしてましたが、表現力という意味では間違いなくNotesの方が上です。あとは、操作性、レスポンスというあたりを向上させられればと。
>基幹系システムのRDBとシームレス・リアルタイムに連携
→ORACLEユーザーも多くいますので、Webサービス、
 (Web2.0的に)Rest API、ODBC/JDBC、LEI(リアルタイム&バッチ)、今回のSAP用コンポジットアプリ、ガジェットによるマッシュアップなどでいい線になっているように思っています。 通常のWeb系グループウエアよりは明らかに強いですし、JAVAで書くよりコストも数段安いという認識です(少し甘いかな?)
>コンテンツの開発をユーザ企業が現実的なレベルの人数・工数でアプリ開発
→@関数とビュー操作、そしてコンポーネットの活用とマッシュアップでユーザー企業がある程度出来るレベルを目指しています。
>DB2Sstore機能のチュンーンナップに期待ですかね?>(将来的にはNSFとDB2の融合か?)
→これは二つの面で見るべきかと思っています。
一つは、NotesDBをPureXML-RDBへの完全移行です。 XML形式でストアされ、各アプリもXMLベースで操作するようになれば、DBの扱いやすさも向上し、パフォーマンスもあがるかなと。
もう一つは、NotesのDBやアプリから他のシステムのDBと連携するものです。 ORACLEのシェアも高いのでDB2化というより、あらゆるRDBMSに連携できるSOA対応やもう少し密な連携ですね。 NotesDBのインデックスを使わずにRDBMS側のインデックスを使って連携できるといいのではないでしょうか?
コメントありがとうございます。

Patch

吉田さん、
Lotus Notes / Dominoをbaseにして、team blogやDB(例えば、お客様data/提案書等)との連携により、社内コラボtoolとしての使用はすぐにでもできそうな気がします。また、Lotus Symphony:オフィスツールとの連動もイメージできます。SaaSについては、どんなappl.が準備可能か?、あるいは、Atlanticの具現化の時期等がユーザーとしては期待が大きいという気がします。その展望をIBMは早くopenにすべきではないかと思います。infra-baseとしてのLotus Notes / Dominoの現在のshare等は分かりませんが、どこまで競争力を保てるか、即ち、MS等の他社office toolとの勝負のポイントになるかと考えます。IBMは自社appl.をほとんど持たずにinfra.やmiddlewareで勝負しているように見え、なおさら、各種appl.を含めた将来への具体的planの提示が必要なのではないでしょうか。

Patchさん
 コメントありがとうございます。
>SaaSについては、どんなappl.が準備可能か?
>あるいは、Atlanticの具現化の時期
 これについては、具体的な目処が付き次第オープンになると思いますが、SaaSはビジネスモデル、Atlaticはリッチクライアントの適用方式という面で、お客様、パートナー様のAcceptanceを見極めなくてはならないでしょう。
 勝負に関しては、競争相手が急速に変りつつあり、複雑になっています。 IBMはミドルウエアの覇者です。グループウエア、Web2.0系製品、デスクトップ、ネットワークサービスの分野で総力戦になり、変化も早いので、Planは表現が難しいでしょうが、ロードマップは明確に出していくべきなのでしょう。

Patch

吉田さん、
ありがとう。
最終的にはBlue Cloudで、何でも、任せなさいということで、大きな包容力と手厚いサポート体制があれば完璧ですね。

Patchさん
 ありがとうございます。
 最終的にはそうですね。 しかし、それに頼らなくても勝てる力を持たなくてはならないとも思っています。
ブログへのコメントは私のアンテナです。 これからもコメントよろしくお願いします。

コメントを投稿する