オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

原子力発電所は東京に作るべき!?

»

 地震発生に伴う世界最大の原子力発電所「柏崎刈羽原子力発電所」の安全性に関する議論が活発に行われている。

 行政も電力会社も

「絶対安全。地域住民にも大きな価値がある」 「地震などが起きない地域を選んで建設している」

 と言っている。 まずはそれを信じ、前提として考えてみたい。

 イノベーションを考えるときに「中間にある、あらゆるプロセス、リソース(設備、人)を排除する」

ということを行う場合がある。 同様の視点で考えると

「原子力発電所は、実際に電気を大量消費する東京に建設するべき」

となる。

 まずは、東京、もしくは、その近隣の東京湾沿いに建設した場合のメリットを考えてみると。

①膨大な送電設備の排除による伝送設備の建設・維持コストの排除・低減

 柏崎刈羽原子力発電所など多くの原子力発電所は、実際に電力を利用する地域から遠く離れた場所に存在している。 そのために、長大な送電設備の建設、維持のために、膨大なコストと環境への影響(影響が最低限になるように努力が払われているが)が出ている。 東京近辺に置くことで、この経費が最低限になる。

②送電設備を通る過程で失われていく電力の無駄の排除・低減

 送電設備を通っていく過程で、少なからず電力は減っていくそうだが、近距離では気にならない電力の減少も柏崎から東京ほどの距離があると、発電所から東京までで、町一つ分の電力が失われるそうである。

 東京近辺に置くことで、電力が失われる量も最低限ですむ。

③首都圏の電力を担う東北、中越の原子力発電所を集中化で技術者・リソース集約

 ITの世界では、全社にかかわる業務用コンピューターは中央の電算センターに集中化し、各事業所内で利用されるサーバーなどは分散設置することが多い。

 原子力発電所も東京近隣に集中化することにより、優秀な技術者(運用管理含む)を集め、共有可能な設備は共有し、集中的に安全対策が施せる(正直、原発の運用の内容を知らないが)。 また、地方は逆に火力発電所を配置するという方法もある。

④政府、政治家、電力会社、そして国民の意識の向上

 本来はあってはならないことだが、遠隔地に原発があるより、近くにあるほうが安全対策への意識は向上する。 最も多くの人口をかかえ、主要な機関のの集まった東京(あるいは、その近隣。船橋から横浜ぐらいまでの東京湾岸か?)に置くことで、政府、政治家、電力会社、そして、首都圏の住人の「安全」への意識が高まり、今以上に安全性を上げるための議論と技術革新は早くなるのではないかと予想される(少し甘いでしょうか?)。 恐らく、今以上に必死になって合理化、安全対策に取り組むだろう。

 電力各社のホームページによると、原子力発電所の建設の条件は、

(1) 豊富な冷却水 (2) 広い土地 (3) 耐震性に優れた岩盤 (4) 地元の理解

とある。 東京湾岸であれば中央防波堤埋め立て処分場のような広大な土地もあることから、(1)、(2)は問題ないだろう。 (3)に関しては、あれほどのビルを建てる事を禁止していないところを見ると問題ない場所があるだろう。 (4)は大きな議論になるだろうが、東京近隣に作れない理由にはならない。

 さて、東京に集中させた場合の問題点であるが、以下のようなものが出た。

a. 安全性に関する漠然とした不安

 これがもし、あるのなら、現在原子力発電所が建設されている近隣の住民も同じであろう。安全に不安があるから、地方に持っていって自分たちは安全に暮らし、地方の住民は自分たちが使わない原子力発電所のために不安な毎日を送っているのであれば、これは問題である

b.テロの可能性の増大

 もし、本気でテロが考えられたとすると、場所は関係ないだろう。 東京で駄目なら新潟でも駄目だ。 逆に集中化することにより、守りを固めやすいのではないか。

c.土地の価格が高すぎる

 品川に既に火力発電所がある。 また、様々な商業施設が湾岸に付近に作られている状況を見ると、大きな要因ではなさそうである。 原子力発電所は、敷地面積あたりの発電量が小さいことが問題になるが、送電施設や地方に点在することによるコスト増を考えれば、代わらないのではないか?(計算していないので言えないが)

d.東京に集中化することにより、大規模災害時には一度に全ての発電所がストップ

 コンピューター設備でも、このことが語られる。 現在、例えば、川崎と船橋の2箇所に集中させることで、どちらかの地域が壊滅的な被害を被った場合でも、リカバリーできると考えられる(そう簡単でもないが、解決策はあるだろう)。 現在も首都圏の電力を担っている柏崎刈羽原子力発電所は止まっているが、東京の電気は止まっていない。東京電力のバックアップ・リカバリの仕組みは本当に良く出来ていると正直思う。

 素人考えで書いてしまったが、原研関係者の話では「東京に作るのは無理だという前提で、後から理由付けしている。 大規模な地震が絶対に起きないところを作るのは不可能なので、どこに作るとしても東京大震災レベルでも耐えられる施設にしていく必要がある」とのことなので、東京にあっても、何の不思議もない。

 私個人としては、原子力発電所が10km程度離れていても「漠然とした不安」があるため、東京には作って欲しくないが、、、それでは不公平だな。

柏崎刈羽原子力発電所のリアルタイムモニター

福島第一原子力発電所のリアルタイムモニター

福島第ニ原子力発電所のリアルタイムモニター

東京電力Q&Aより

 大地震が起きても発電所は大丈夫ですか?

 原子力発電所はテロが起きても大丈夫ですか?

 <投稿後記>

 この話は、先日、マンションの管理組合、防災会(地震含む)での懇親会で原研に関係している方と話している中で出てきた話をもとに書いたものだ。 本人も「コンピューター会社の人が全てのITに詳しいわけではないのと同様に、私も一部分しか知らないわけですが、、、」と言っていた。

 彼から「原子力発電に関することをブログに書くと思わぬコメントで炎上する可能性があるので避けたほうがいい」と言われましたが、「議論が活発になるのは良いこと」とも言われたので、思い切って投稿した。

 原子力発電の「安全性」に関する議論を行うつもりはありませんので、悪しからずご了承ください。

7/23 23:00 引用のカッコの抜けを追加

3/20 17:35  読者の指摘により出だしの文章を削除し1/3に。

Comment(32)

コメント

KAZ

小学校で「関東ローム層」を習ったことのある人間なら
土地価格以前の話として、そもそも関東地域に
強度の耐震性を必要とする施設を建設しようなんていう
発想は出てこないと思うんですが。

KAZさん
 最初はそう思っていたのですが、会話している中で「東京や横浜では埋立地でもあれだけのビルを建てられるのだから、、、」という話が出ました。
 最新の工法では、かなりの耐震性を保てる技術があるようです。
 コメントありがとうございます。

とおりすがり

地面の上に作るから地震で破損・破壊されるんだ。

水中に浮かせておけばよくね?

とおりすがりさん
 コメントありがとうございます。
>水中に浮かせておけばよくね?
なかなか大胆な発想ですね。 東京湾は津波もないでしょうしね。

mohno

> 東京や横浜では埋立地でもあれだけのビルを建てられる
私もそう思いました。電力会社側に立って考えると、なかなか説得力のある理由を考え付かないですね。
> 水中
しかし、これはどうかと。「浮かばせておく装置」は「免震ゴム」より作るのが大変そうです。送電線も切れやすそう。

大野さん
 コメントありがとうございます。うちの管理組合の理事は竹中とか長谷工などの人たちがいて、建設に関してはなかなか良く知っていて、中途半端な論理武装では勝てません。(戦っているわけではありませんが)
 このままでは、東京への建設反対の理由がありませんが、どう思います?

AC

最後のほうの文章、『原研関係者の話では「』の「」が閉じられてないのでどこまでが引用かわからないですよ。
著者の意見と引用と区別できないので引用の仕方としてはとても不適切。

>東京や横浜では埋立地でもあれだけのビルを建てられるのだから、、、

最近の埋立地のビルは「耐震性」ではなくて、「免震性」で地震対策を補ってませんか?
耐震は揺れそのものをなくそうとする剛体的な構造で、免震は揺れのうち、建物を破壊する周波数を逃すように建物を「わざと」揺らす
(免震構造の高階にいると分かりますが、地震が起きると長周期の振幅の大きい揺れが長い時間続きます)弾性的な構造では。
#これは建築の専門家に突っ込んでもらいたい。

核燃料が「免震」の揺れを許容できるか、という点で論じないといけないのでは?

ACさん
 失礼しました。 括弧入れました。
地震の免震、耐震に関しては、専門家のコメントにゆだねます。 ありがとうございました。

私は建築士の父から聞いたところでは、免震はビルが座布団の上に乗っている。震度8が来てもビル地震は震度5ほどの揺れ方になる。耐震はどんな構造だろうが、震度8が来ても壊れなければ耐震。もしめちゃくちゃ固い材質でビルを建てたら、地震で破壊されなくても中に置いてある家具などは震度8のエネルギーで飛び回る。制震というのもあって、ビルのてっぺんに巨大な重りを置いておく。地震が来たら振動に併せて逆向きに重りを移動させてバランスを取れば建物は揺れない。
概念としてはそのような使い分けだそうです。もちろん用語として使われる場合は状況に応じて厳格な意味がつきます。
で、東京に原子力発電所を作るという案は私自身は反対じゃありません。しかし、他の場所に作るほうが良さそうだと思います。
大規模災害時にすべてが破壊されてしまうという懸念はけんじろうさんも指摘の通りですが、東京には火力発電所も工場もありますので、地震のない平常時にもそれらが爆発事故を起こすかもしれません。原発にはまったく影響が無くても、働いている人の出勤などで影響が出そうです。このへんは原発しか無いという立地に優位点があります。(逆に言えば、集積すれば高度に訓練された消防隊を使いまわしできそうです)
また、いざ地震が起きた場合、復旧のための資材搬入で道路が凄まじい渋滞になるかもしれません。(逆に言えば、集積すれば重機や人材などは使いまわしできそうです)
これらの考えは、システム運用をしている経験から『高性能なWebサーバ兼DBサーバを1台買うのと、普通のサーバ2台買ってWeb+DBにするの2択だったら、普通のサーバを2台買って機能分割したい』という思いから来ています。

考えさせられる記事。そして勇気のある記事に感銘しました。

我が中越の住民にとっては、不満だらけの東京電力です。
首都圏の生活のために、
・放射能もれの恐怖におびえ(柏崎刈羽原発)
・信濃川の水は破壊され(信濃川発電所)
ています。
その電力は一切中越地方には来ません。
新潟県は「東北電力」ですから。

これを契機に、首都圏の方々は真剣に「電力」を考えて欲しいです。

私は原発否定派ではありません。
どちらかと言えば、肯定派です。
ただ自分たちが使う電力は、自分たちの土地で作るべきではないかと思っているのです。

私は有ってもいいと思います。むしろ、電力の消費地に設置するのがエネルギー効率から考えても至極真っ当ですし・・・。私は原発でなくても電気は作れるし、テロ対策とか分散型ということ地方分権とかも含めて、エネルギー供給は自然エネルギーをベースに持続可能な文明のあり方を考えるべきだと思いますが、地下資源を掘り出し、食い潰すのが当然だと思われている方々はリスクも当然負われるべきなので、東京近辺への設置を考えていただきたいと思う次第です。

Yohei-san

なるほど。 ありがとうございます。
 免震の方がいい気がしますね。 建物そのものより、中にある物が壊れない方がいいですからね。
耐震の建物で免震対策&制震対策が施されていればいいわけですね。 コストはかさみそうですが、やろうと思えばできそうです。

 東京に集約ですが、文中にも書きましたが、東京に近い2箇所である船橋と横浜(例えですが)に集約するというようなものが現実的なのかもしれませんね。 九十九里浜や東海村あたりもありますが。

hirarinさん
 正直恐る恐る投稿しましたので、このようなコメントは助かります。
 受益者負担、コストより生活(生命の危険がなければいいというものではない)の方針でやって欲しいと思っています。 これを機会に継続的にウオッチしていきますので、よろしくお願いします。

お日様大好きさん
 今は原子力でしのぐとしても、核廃棄物などの問題も考えれば、自然エネルギー技術がより発達して、代替できる時代が来るといいと心から思っています。
 コメントありがとうございます。

Azisai

こんにちは。ご紹介があり、wizliからやってきました。

ご指摘のとおりだと思います。原発はエネルギー事情と環境問題を本当に改善するのでしょうか。それともその主張自体がウソなのでしょうか。誰にも分らないところが一番怖いところです。

けんじろうさん、こんちは。私は学生のころ物理専攻でとなりが化学だったので、放射線や核については特に嫌悪感を感じません。
私たちの大学の先輩は止せば良かったのに、放射性物質を含む水溶液を容器から容器へ移すとき、ピペットを使って間違って飲み込んでしまい、あの放射能汚染危険のマークがついているTシャツを着ていました。いつまで着るつもりだったんでしょうね。 
しかし、放射線や核の勉強をしたことがないひとは、日本人特有の「穢れ(けがれ)」感との相乗効果で、放射線や核はとにかく怖いものという感覚があるのではないでしょうか。
また、原爆被爆国である、ということも、さらなる相乗効果となって、東京のどまんなかに原子力発電所を作るといったとたん「キーッ」となるひとは多いのでしょうね。
一応物理出なので、原爆の原理とか原子力発電の原理とかは、理解できます。原発推進者がいう「原子力の正しい理解」とはこの辺のことでしょう。
でも、本当に難しいのは「原子力発電所を管理する技術」だと思います。たとえばITにおいて、企業全体のITを完全に管理できているか、という命題に対して、正しい答えを出せるベンダーも企業はひとつもないように、正しい原子力発電所を管理する技術」が施行されているのかは簡単ではないように思います。そういった、不確実性のあるものを、我々は運用しているのだ、ということも、認識しておいた方がいいのではないでしょうか。

Azisai-san
>原発はエネルギー事情と環境問題を本当に改善するのでしょうか。
 現行では火力発電、水力、風力、太陽光、原子力、、のどれをとっても完全な解決策ではないのでしょう。エコカーへの取り組みをとってもそうですが。
 唯一言えるのは、車も、発電も脱・化石燃料なんでしょうね。
 現行のこれらの方式に代わる新しい代替エネルギーを見つける努力と省エネ技術(生活スタイル)の進歩が重要なんでしょう。

とおるさん
>ピペットを使って間違って飲み込んでしまい
これはかなり凄いですね(^_^;)
>また、原爆被爆国である、ということも、さらなる相乗効果
私は広島生まれなので、漠然とした不安というか嫌悪感があるかもしれません。

>本当に難しいのは「原子力発電所を管理する技術」
確かにその通りですね。 管理する方法の確立とそれをちゃんと実行すること。 情報漏えいも放射能漏れも大切なのはそこだと思います。
 また、トラブルや予測していなかったことがおこった場合の運用や人の意識なども管理に含まれるでしょうね。
 少なくとも、こういう問題を、「原発を遠くにおいて置く」ことで逃げるような手段は許したくないと思います。

くにひこ

技術的には東京に作れない理由はそんなにないんじゃないでしょうか。街中に作らなくても東京湾の対岸ぐらいなら、海に面してそこそこの岩盤がある場所もあると思いますし。
人工密集地の近くに原発を設置しない本当の理由は、事故が起きた場合の被害が甚大になりすぎるからではないでしょうか? 原発は事故が起きない事になってるので、そういう想定はしないと聞いたような記憶がありますが。でも実際のところ、世界中見渡してもみても街中に原発がある場所はありませんし。過疎地に作った場合は事故が発生しても被害が少なくて済みます。結局、全体のリスクを最小化するという事なんだと理解してます。結果としてリスクを過疎地に押し付けることになるので、それに対して政府や電力会社が補助金などで補償をしている形ですね。嫌な感じがしますが、それが現実に今行われてる事なんでしょう。
本当は受益者がリスクを負担するというのが理想だと自分も思います。で、こういうのはどうでしょう? 今後東京の電力需要が今以上に伸びたら、東京に原発を作ってまかなうこととすると宣言しておいては。原発のリスクを自ら背負っても電力を消費したいと思えば消費すればいいし、リスクを背負いたくなければ各々が省エネに取り組んで電力消費を増やさなければ良いだけ。東京に住んでる人どちらを選びますか?

ご案内頂きありがとうございました。遅ればせながら伺いました。
専門知識を持たれた皆さんの真摯で理性あるご意見を拝聴出来て嬉しいです。
市井の婆の私には難しいことは言えませんが、東京用の原発は東京に作るべしとは心情的には当たり前のことだと思います。
しかしながら結論を先に言えば、東京には作れないだろうと思うのです。
福島が40年前、刈羽が30年前に原発施設の着工をした時に比べれば、関係する学問は飛躍的に進歩しており
今では東京湾岸に作ることも技術的には可能なのかも知れません。
今回の刈羽でも蓋をした原子炉そのものは地震による影響はなかったと今のところは発表されています。
けれども原発の安全性は耐震性だけが守られていれば良い訳ではなく、皆さんが仰る通りです。
国家の機能も経済も首都東京に集中し過ぎました。
様々な危険を考えた時、この問題を解決しなければ東京に原発を設置することは出来ないと思います。

くにひこさん
>本当の理由は、事故が起きた場合の被害が甚大になりすぎるから
→私もそう思います。 安全だといってもイザという場合がありますから。 しかし、やるからには、東京に作っても安全なほどの、世界をリードするだけの技術を蓄積する機会になるのではないかと思います。 それが駄目なら原子力以外の方法を考えたほうがいいでしょう。

>今後東京の電力需要が今以上に伸びたら、
>東京に原発を作ってまかなうこととすると宣言
→素晴らしい!しかし、私としては今のままの電力で使い続けたとしても、遠隔地の人に押し付けずに、自己責任、受益者負担にするべきだと思っています。

 コメントありがとうございます。

かみふうせんさん
 かみふうせんさんのブログはとてもいいですね。
>国家の機能も経済も首都東京に集中し過ぎました。
>様々な危険を考えた時、この問題を解決しなければ東京
>に原発を設置することは出来ないと思います。
そうですね。 ある意味効率がいいのですが、もう少し首都機能、経済共に分散したほうがいいですね。
 もしも、東京に持って来れないのであれば、やはり、原発には反対せざるおえないですね。 人の明確な犠牲のもとになりたっている状況を当たり前と思ってはいけないと思うのです。
 また、時々遊びにきてください。 ありがとうございました。

くにひこ

投稿した後に思いつきました。有事の際に攻撃で破壊されるというリスクがありますね。東京で原発が破壊された場合は東京が壊滅し、東京のみならず日本の機能が停止してしまいます。かみふうせんさんの言われたように、東京にすべてのものを集中しすぎましたね。有事の際に敵が原発を攻撃するという非常識な事をしないと期待するのは無理でしょう。核兵器だって使われたことがあるし、イスラエルがイラクの原子炉を爆撃して破壊した歴史もあります。原発を過疎地に設置するというのは普段の運転のリスクではなくて有事の際のリスク管理の結果かもと思いました。明文化はされてないと思いますが。

コメントありがとうございます。
>有事の際に攻撃で破壊されるというリスク
 これは、私が”b”で書いたものですね。
>東京で原発が破壊された場合は東京が壊滅
 原発が戦車砲か何かで打たれると、そんな破壊力のある爆発が起きるのでしょうか? まるで、原・水爆弾ですね。
 でも、それなら、地方に置いておくのも問題ですね。 東京に置くかどうかのレベルではないように思います。 今回の地震で10人の方がなくなっていますが、それでも大惨事です。

マクシミリアン・テルミドール

地べたに作るから地震にどうのこうの言ってるんでしょ?原発反対派は
だったらメガ・フロートみたいに浮き島にすりゃあよくね?
ちなみにおれは東京湾原発大賛成

マクシミリアン・テルミドールさん
 コメントありがとうございます。 私も、そう思いましたが、津波には弱いのでしょうね。

ゴムせんちょ

私は原発反対です。廃棄物の問題も解決していないシステムなんて・・・
他の発電に期待します。
ですが、電力が足りず省エネも我慢できないなら東京湾に建設も有りです。
と言うよりむしろ建てて頂きたい。
仰有るように近くに有る方が危機感を持って最大限の管理をすると思います。
焼却場の排煙も都心部では湿式の設備でシッカリ捕るのに、それ以外の場所は簡素な物だ。
有事の際、原発を攻撃したらなんてのは何処に合っても同じ。
被害は大小ではなく被害だ。日本海側に有る方がおかしい。
浮かべる案は私もmixiで書いていました。
原潜タイプなら波を被っても大丈夫。って浅知恵ダメですか?

最後に「沖縄問題も含め地方に負担させて全く関心を持たない」
この事が我が国の問題です。

マクシミリアン・テルミドール

オレもゴムせんきょさん意見には同意できる。
そもそもエネルギー政策も国防(沖縄基地問題)も痛みを地方に「押し付けて」首都圏の人間がその恩恵だけを受けるのは同じ日本人の感覚とは思えない。
いっそ東京湾に原発を作り、いま米軍基地全体の7割が集中している沖縄から少しでも本土に持っていって地方の負担を減らすべきだ。いまの現状で「ちゃんと国防やってる」とか「ちゃんとエネルギー政策をやっている」なんて本土の人間や首都圏の人間がいうのは欺瞞以外の何者でもない。

ゴムせんちょさん、マクシミリアン・テルミドールさん

 それが当たり前だった時代の感覚が残っている人も、まだ、いるんでしょうね。
原発を作ると決まったときに、日ごろはおとなしいと言われている福島の人たちが、猛反発していたのを覚えています。 「絶対に大丈夫」と何度も説明していたんですけど、、、、。
 本当に残念です。

高田

火山列島日本に地震が起きない地域なんてありませんよね。そして、福島原発事故による放射能汚染が収まったわけではないのに新たな原発を作るなんておかしくないですか?絶対的な安全が保障されなければ作るべきではないのではないでしょうか。絶対に安全な原発なんてあるんですかね。放射性物質を避けるために住み慣れた土地を離れて疎開したり、移住したり、原発事故のたびにそんな事態が起きる訳ですから、日本の、世界のどこにもこれ以上原発を増やすべきではないと思います。

高田さん

 コメントありがとうございます。
 この記事を書いたのは、2007年7月ですので、福島のことは考慮されていませんが、新たな原発を作ることには、私も反対です。「作るなら東京に作るつもりでやれ」というのがこの記事の趣旨です。 そう考えれば、恐らく作れないと思います。

高田

そういう事だったんですね。理解できました。

コメントを投稿する