オルタナティブ・ブログ > 破壊的イノベーションでキャズム越え >

国境なきオープンイノベーション(C&D)で、世界のソフトを日本で仕上げて世界で売り抜く!

2011年3月15日発売のNECカシオモバイルコミュニケーションズ初のAndroidスマフォ『MEDIAS N-04C』をチェック!!:【1】開梱&初回起動編

»

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震ならびにその余震等で亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された皆様の復興ならびに復旧を祈念しております。
また、当ブログでは、従前通りのコンテンツを掲載させていただくつもりでおりますが、当面の間、地震関連の情報やバナーなどをコンテンツの合間に掲載させて頂きますので、ご了承のほど、宜しくお願い申し上げます。

_hr_green

◆震災への取り組みファンコミュニケーションズ

2000年頃、バーコードとURLの紐付けを行うというプロジェクトに参加している際に、当時は創業から数年目だったかと記憶しておりますが、ファンコミ柳澤社長と松本副社長にお世話になり、その後、不定期にご連絡させて頂き、一昨年にモバイル系のセミナーを共催して頂くなど、近年は緩めのお付き合いを頂いておりますが、アフィリエイト広告を本業とする同社が、多くの広告主と広告を掲載するパートナーサイトを有しておりますが、『義援金プロジェクト』なるものを発表しました。

Gienkinpjt

広告主は販売収益の一部を日本赤十字社への寄付に充当するもので、パートナーサイトは、義援金情報や節電推進のバナーを自サイトに無償で設置するというものです。

日本赤十字社など、公的機関への直接の寄付で100%届く方法もありますが、日常生活の消費が義援金に繋がることも非常に大きな取り組みではないかと考えています。

私の個の力は小さなものですが、個々の力が重なることで、被災地の現状ならびに早期復興に貢献できるような一助となれば、誠に幸甚です。

_hr_green

Blogtitle_medias_n04c

NECカシオモバイルコミュニケーションズ初のAndroidスマフォ『MEDIAS N-04C』をチェック!!
【1】開梱&初回起動編

私だけではないかと思うのですが、ドコモのケータイで『N』にお世話になった人、なっている人はかなり多いはずです。

いわゆるガラケーでは、各メーカーが過去の端末を継承しつつ(独自の)進化をしていくモデルでしたが、昨年のXperia発売以降のAndroid端末の盛り上がりは、日本国内メーカーの出遅れともとれるぐらい、Android端末のリリースが海外ベンダーと比して遅いという現状かと思います。

OSであるAndroidというコアは概ね共通(違う部分=作りこみであったり、利用するソフトウェアであったり、ハードウェア周辺であったりの相違がありますが)という中で、Windows PCと同じような戦いをしたくないという思惑があるであろうとは思いますが、国内ケータイシェア上位に君臨しているNEC(合併してややこしいのですが、ドコモはNEC、カシオ・日立はau端末という過去の流れでいうと)が、Android端末をいつ出すのか?ケータイトップシェア競争相手であるシャープのAndroid端末戦略に後塵を拝する状態が続いてしまうのか?とやきもきしていたわけですが、やっとリリースしてくれました。 それも世界最薄の薄さ7.7mmを筆頭に、軽さ105g・おサイフ・ワンセグ・赤外線(オジサンな私はまず自らは使いませんが)という待ちに待った、待望の世界に誇れるAndroid端末のリリースです。

◆NTTドコモ MEDIAS N-04C
 Medias_unpacking00
 http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/smart_phone/n04c/

◆2011/02/24 事前のリーク情報が流れていたので驚きは無かったNTT DoCoMo 新モデル発表会2011春でのAndroid端末3機種(当方過去ログ)

それも夏では遅いということで、実装予定の防水機能を省いての前倒し販売らしく、これ以上遅れてはいけないという気合いの1台になるのではないかと思います。

さて、今回の購入についてですが、ドコモショップでの予約開始日の予約でも、事前の量販店での予約でもなく、かなり遅れて、某Androidムック本のプロデュースのお仕事をすることになったため、記事の為に慌てて予約したMEDIASですが、発売日2日前に連絡があり、発売日での入手が可能なことが確定しました。

購入したビックカメラ有楽町店では、発売初日昼の段階で、MEDIAS Black・MEDIAS Whiteともに入荷量が多く、在庫十分という話を聞きましたが、夕方のTwitter情報ではMEDIAS購入手続きで長蛇の列ができているらしいということで、仕事帰りの皆さんがピックアップに寄ったのか、はたまた、立ち寄ったら在庫があったから購入したのか・・・人気が高まると嬉しいですね。(Xperia arcはかなりの人気らしく、MEDIASと同日に予約したのですが、入荷状況が読めていません。)

購入に際して、新料金プランおよび月々サポートがスタートした日でもあり、事前の勉強不十分な当方と、まだ慣れていないスタッフとで諸々検討をしたプラン選定については、後日、当ブログにて書かせて頂くつもりですが、とりあえず、開梱の儀を。

-

Medias_unpacking01 Medias_unpacking02

パッケージ表(黒)・裏(白)。製品の色でパッケージです。

Medias_unpacking03 Medias_unpacking04

Medias_unpacking05 Medias_unpacking06_2

ふぞろいな写真となりましたが、パッケージ横面をぐるっと。

Medias_unpacking08 Medias_unpacking07

マニュアル類4種、パッケージ、FOMAの白SIM(開通で外された後ですが)、ドコモの液晶クリーナー、microSD-USBストラップ

ふたを開けてジャーンと本体登場!

Medias_unpacking09

パッケージの中身一式。 上段左から順に、

PC接続用microUSBケーブル(試供品)取り扱い説明書、microSDHCカード(試供品)取り扱い説明書、イヤホン変換アダプタ(試供品)取り扱い説明書・・・<なんと、イヤホンジャックは無く、microUSBから出力するので、充電中などはケーブル付きイヤホンが使えないので、Bluetoothヘッドフォンをお勧めします。また、ヘッドフォンは付属されていないため、ご利用中のヘッドフォンが無い場合は別途必要となります。>、N-04Cクイックスタートガイド、おサイフケータイご利用にあたってのお願い、2.4GHz機器使用上の注意事項、FOMA 充電microUSB変換アダプタN01・・・<充電器は付属しておらず、従来からのFOMA端末用充電ケーブルを流用するか別途購入が必要となります。MNPによる他キャリアからのご購入の際には忘れずに。>、イヤホン変換アダプタ、PC接続用microUSBケーブル、そして本体。

※既にショップ側で本体に装着している電池パックN27も付属しています。

これらを開梱するプロセスと初期設定の動画
(Googleアカウントの登録and/orログインは省略)

 ↓↓

◆MEDIAS(N-04C/NECカシオモバイルコミュニケーションズ)開梱
 2011年3月15日発売のAndroid2.2・おサイフケータイ搭載 MEDIAS(N-04C)の開梱・初期設定動画。

-

-

そして今回も、シリーズものとして連載する予定ですので、購入検討・はじめてN-04CでAndroid端末を購入された方などのお役に立てれば幸いです。

_hr_green

◆Googleの震災への取り組み

_hr_green

◆ NECカシオモバイルコミュニケーションズ初のAndroidスマフォ『MEDIAS N-04C』をチェック!!

-

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する