オルタナティブ・ブログ > 開米のリアリスト思考室 >

「誰かが教えてくれることを信じるのではなく、自分で考えて行動する」ためには、矛盾だらけの「現実」をありのままに把握することから始めるリアリスト思考が欠かせません。「考える・書く力」の研修を手がける開米瑞浩が、現実の社会問題を相手にリアリスト思考を実践してゆくブログです。

アメリカ軍が日本人を紛争地から救出した事例は複数あります

»

7月1日に政府が集団的自衛権に関する憲法解釈変更の閣議決定をしたことに関連して、こんな記事が出ていましたが、

米国は自国艦船に外国人乗せて退避は望んでいない  にもかかわらず、安倍首相はなぜこだわるのか : J-CASTニュース

しかしこの記事は重要な事実に口をつぐんでミスリードを狙ったか、あるいは単なる無知と調査不足をさらけ出した、いずれにしても質の低いものと言えます。

理由を説明します。まず、上記記事中で「指摘」されている重要な「事実」は次の2点です。

(1)外務省の三好真理領事局長の答弁(要旨):
「過去の戦争時に米輸送艦によって邦人が輸送された事例はない」
 
(2)米国政府の方針
「カナダ及び英国を含む全ての外国政府は、自国民の避難についての計画を立て、また米国政府の手段に依存しないことが求められる」

これはいずれも2014年6月11日に衆院外務委員会で辻元清美民主党議員の質問にともなう政府側の回答です。

この2点はいずれも事実なのですが、しかし辻元氏も言わずこの記事でも触れられていない別な事実があります。それは、

「外国での治安悪化時に日本人が米軍(または他国軍)に救助された事例は複数存在する」

ということです。

具体的には下記の通り。

1997年アルバニア
 日本人14名がドイツ軍によって、2名がアメリカ軍によって救出される
1998年エリトリア
 アメリカの輸送機によって日本人3名が救出される
1990年リベリア
 アメリカ海軍ヘリによってドイツなど非アメリカ国民を含む100名が救助される

1996年中央アフリカ
 フランス軍輸送機によって日本人2名が救助される
1997年ザイール
 フランス軍輸送機によって日本人19名が救助される

つまり、前記の(1)が言うように「輸送艦が使われた」例は今のところないというだけで、輸送機が使われた例は過去に複数あるわけです。
(2)も、「米国政府の手段に依存するな」というのが公式の立場ではあるものの、実際の治安悪化状況下ではそうも言っていられないので、アメリカ軍(または他の西側軍)が自国民以外も救助するのは普通のことであり、日本人以外も含めればそれこそ過去無数の実績があります。詳しくは下記資料参照のこと。

軍隊による在外自国民保護活動と国際法
 橋本靖明 林宏
http://www.nids.go.jp/publication/kiyo/pdf/bulletin_j4-3_3.pdf
 (防衛省 防衛研究所にて配布)

というわけでリンクした記事中の辻元清美らの主張はそうした基本的な事実に反しており、議論をミスリードするものと言わざるを得ません。

基本的な事実を知らずに言っているならば政策と報道に携わる者として無知および無責任であると言えますし、知っていてこのことに触れていないのであれば政策と報道に携わる者として不誠実きわまりないことです。

少なくとも私たちは事実は事実として把握した上で、方針を考えましょう。

Comment(5)

コメント

匿名

【抜粋】わが国は、在外邦人への攻撃は国家への武 力攻撃には該当しないと解釈しているため、国家への武力攻撃をもって発動する自衛権は海外 在留邦人の救出には適用できない。 吉國法制局長官の答弁(昭和48年9月19日)
【抜粋】まず、一般的な救出活動の場合、救出活動を受け入れる国家からの同意取得を行っている例
が殆どであることを認識すべきである。もちろん、同意の取得についても各国の実行は決して
一様ではない
【抜粋】在外自国民の危機が自衛権で対処するほどの重大な国家的危機であ
ると見なすことは難しく、また、自国民の数を上回る他国民の救出を半ば自動的に伴う救出活
動の実態を考え合わせると、自国の利益保護のための自衛権援用について疑問を呈せられる可
能性がある47。さらにわが国の場合、海外在留邦人の保護を名目に派兵を行った歴史48に対して
わが国および周辺諸国が敏感に反応する現実を抱えており、受入国の同意なしにわが国独自の
判断によって自衛隊を派遣することに慎重な態度をとるべきであろう

匿名

辻元議員の発言の勉強不足を正しく批判するなら

そもそも、彼女の批判の未熟な点である
「安倍政権の自国民保護活動を自衛権論議に持ち出す」
ことのナンセンスさから、書き出すべきかもしれませんね

そちらが引用されているリポートは、過去の事例だけではなく
過去の法制局のロジックの積み重ねや、国際社会の慣例にも言及して
自国民保護活動は、自衛権と切り離したほうが運用しやすいと
書いてあるように思います

ちょっと、アンフェアな指摘と引用と感じました

PAPA

イラ・イラ戦争の時、邦人救出のために自衛隊機を送る事にすら反対した政党の末裔・辻元ですから、そんな輩の発言なんて無視が良いと思いますよ。
それよりくすねた国費は返還したんだろうか。?

開米瑞浩

事実に対して「解釈」「意味づけ」する段階ではいろいろな議論があっていいでしょう。自国民保護活動を自衛権の一環として行うかどうかについても、肯定的な意見もあれば否定的な意見もあるはずで、そのこと自体に問題はありません。安倍政権はそれを肯定的に捉えたというだけのことです。

一方、辻元がやっているのは、事実そのものを無視する行為です。解釈において意見をぶつけるのとは次元の違う、不誠実な行為です。

アニカ

なかなか難しいですね。
引用論文が自国民保護活動を自衛権で説明するのに対して懐疑的な論調である、というのは事実ではないんでしょうか?
そして、戦争時以外の治安悪化状態における輸送を戦争時における輸送と並列に考えるか否かについては様々な意見があり、辻本氏はそれを否定的に捉えたというだけのこととも言えませんか?
開米さんも辻本さんもご自身が重要と考える点以外に言及しなかったというだけで、特にアンフェアとか不誠実という印象を私は受けませんでした。事実と意見とが必ずしも截然と区別できるわけでもなさそうですし・・。

コメントを投稿する