オルタナティブ・ブログ > 開米のリアリスト思考室 >

「誰かが教えてくれることを信じるのではなく、自分で考えて行動する」ためには、矛盾だらけの「現実」をありのままに把握することから始めるリアリスト思考が欠かせません。「考える・書く力」の研修を手がける開米瑞浩が、現実の社会問題を相手にリアリスト思考を実践してゆくブログです。

原子力論考(88)発送電分離が電気料金アップを招くワケ

»
 こんにちは。趣味で原子力論考を書いている開米瑞浩です。

 昨日書いた、「冷静に考えれば、発送電分離で市場メカニズムにより電力価格が下がるような理由はありません」という話の続きです。

 電力価格の大きな構成要素は下記3つですが、

燃料調達コスト
資本コスト
送配電コスト

 「送配電コスト」は発送電分離しようがしまいが基本的にやることは同じですから同じだけかかります。それどころか、分離をすることによって電力系統全体の統合運用が阻害される可能性があり、電力品質が下がる=停電が頻発する、という副作用を起こす恐れがあります。

 「燃料調達コスト」ですが、これは普通のビジネス常識があれば想像がつくでしょう。

まとめ買いをすれば安くなる
 のが世の常です。1単位を買う客と、10単位を買う客に同じ値段は提示しませんよね。「たくさん買うから安くしてよ」が普通は通用します。それが通用しないのはよほど特殊な条件の場合だけです。発送電を分離して発電会社が多数出来る、となるとそれぞれがバラバラに燃料調達の交渉をする必要が出てくるため、交渉力が弱くなります。

 もちろん、複数の発電会社でコンソーシアムを組めば「まとめ買い」ができることになり、交渉力が強くなります。が、それでは結局のところ、「何のために発送電分離したんだよ?」ということで、本末転倒もいいところでしょう。

 「市場メカニズムで価格が下がる」ときというのは、売り手が多くて買い手が少ない、つまり「供給過剰」の場合です。自由競争下で供給過剰なら価格は下がりますが、供給不足の場合は逆に上がります。

2013-0530-01.JPG

 そう考えると、「発送電分離で、発電会社を増やす」ことは、おおまかに次の3つの作用を生みます。

作用1:電力需要家にとって、発電会社の選択肢を増やす
作用2:資源供給者にとって、販売先の発電会社の選択肢を増やす
作用3:発電会社にとっての、資源調達の選択肢を減らす

 以上3つの作用のうち、作用1は「電力価格低下」の方向に働きますが、作用2と3は逆に価格上昇の要因になります。

 この3つのうちでは「作用3:資源調達の選択肢を減らす」というのがわかりにくいと思いますが、これが実は「資本コスト」にかかわる問題になります。

 「資本コスト」というのは簡単に言ってしまうと金利のこと。
 たとえば発電所を作るには巨額の資金がかかります。そのお金は最初にどこからか「借金」をしなければならず、その金利が高いと当然コスト増要因になります。

 電力会社はそうした資金調達のためにたとえば社債を発行していて、一般に「電力債」と呼ばれていますが、震災前は電力債と言えば「格付が高い」=「利率が低い」銘柄の代表格でした。つまり電力会社は低コストで資金調達が出来ていたわけです。そうして低コストで得た資金で長期の設備投資を行っていましたが、発送電分離をしてしまうとそれが成立しなくなります。

 電力債がなぜ「低利」だったかといえば、償還不能になる恐れがほとんどゼロだったからです。電力事業を通じて安定したキャッシュフローが見込めるのが確実なため、貸す側は貸し倒れになる心配をせずに低利で貸し付けられる、そういう前提があったわけですね。

 発送電分離をしてしまうとこの前提が崩れます。「潰れる可能性のある電力会社」に誰が低利で投資をしますか?

 「カネは出すけど利率も上げろ」となるに決まってます。そして当然その金利は最終的に電力料金に転嫁されるわけです。

 さらに資金調達がらみでもうひとつ問題になるのは、(というよりこっちのほうが本題なのですが)、

巨額の投資はそもそも不可能になる
 ということです。これが何を意味するかというと、例えば大規模なLNG開発プロジェクトを立ち上げて長期の権益を確保することができません。

 東電の福島原発事故以降、原発が稼動できない中で不足する電力供給の多くを担っているのがLNG火力発電ですが、実はそもそも世界のLNGビジネスは東電が作って来たようなもので、長年、東京電力が世界のLNG市場での最大の買い手でした。LNGは輸出側・輸入側ともに専用の巨大プラントが必要で、兆円単位の巨額の資金がいるため、そのファイナンスができる会社でなければ開発できませんでした。東京電力のような巨大な電力会社+地域独占総括原価方式で安定したキャッシュフローが見込めるという前提があって初めてやれたんですね。
 それがあったからこそLNGが「石炭と並ぶ発電の主力」として使えるようになり、つまり「資源調達先の選択肢を増やす」ことができたわけです。それがあればこそ、「石炭が高いならLNGを買うよ」「LNGが高いなら石炭を買うよ」という「選択肢」が生まれ、資源価格の上昇に歯止めを掛けられます。実際、震災後、「何が何でもLNGを買わざるを得なくなった」結果、LNGスポット価格は震災前のほぼ2倍になりました。

" Vol.15 スポットLNGの高騰 原発再稼働問題がキー(2011.10.12)"
http://www.gas-enenews.co.jp/nice/view.php?id=180

 資源調達を有利にするためには「買い手は大きい方がいい」わけです。発送電分離はその点で逆効果をもたらします。

 それでも、「発送電分離で電力料金が安くなる」と期待できますか?

■開米の原子力論考一覧ページを用意しました。
→原子力論考 一覧ページ
Comment(7)

コメント

PAPA

自由化した場合、電気に価格は事業者が決めて、ユーザーは安い事業者を選ぶ訳ですよね。
値付けは事業者がする訳ではないですから、いくら高くても良い訳です。
小さな業者が必死に利益まで削って例えば30円/kwの値付けをしたとします。
大きな事業者がガスを大量買いして本当は25円/kwでも釣り合う所を
29.5円/kwで売っても何の問題もありませんし、私が経営者ならそうします。それでも他所より安くしていると言って。
要は安く売れるからと言って、安く売らないといけないという事はない訳です。
それとも価格に国の規制をかけますか。
その場合は自由化とは言えんでしょうね。
そのうちに無理をしていた業者は撤退して、残るのは大手だけとなりさらに値上げをするかもしれませんね。
何せ対抗は居なくなってる訳ですから。

自由主義者

市場原理に則って価格が高くなるなら、それでいいでしょ。

なんで独占する必要がある?

PAPA

>市場原理に則って価格が高くなるなら、それでいいでしょ。

自由競争=価格低下
と単純に考えて、送発電分離に賛成している人がほとんどではないですか。
市場原理に則って価格が高くなるなら、それでいいでしょ。
価格が上がって、電気の品質低下(停電・電圧変動等)が起こるなら、現状の方がマシだと思いますけどね。

開米瑞浩

市場原理万能主義の人はたぶん市場の失敗の概念を知らないんでしょうね。

へろへろ

市場原理って、結局は企業同士が競争する上での値引き合戦でしかないんですよね。
やりすぎれば企業の体力を削って、それがサービスの低下につながるんですけど(事故を起こした高速バスとか、まさにそれ)、そこまでわからない人はどういう人なんでしょう。

発送電の「送電」部分なんて、イニシャル/ランニングのどちらにもコストがかかるわりに、コストダウンができる余地が少ない分野ですよね。
分離したら真っ先に潰れて、発電部門に吸収されるんじゃないですかね?

(ちなみに、欧州や英国の鉄道が駅舎運営、車両運行、保線を別会社にして競争を狙いましたが、電力の送電部門にあたる保線部門が大ゴケしており、それが大事故につながった疑いももたれています。なお、別会社扱いになっていても、業務委託の形で車両運行会社が保線を行っているところは、それほどひどいことにはなっていないようですが……)

鴉鳥

単純に、電力のような国家の基盤をなすようなインフラは市場原理じゃダメだって事なんですがね。
市場原理では成功するも失敗するも本人の責任ですが、電力のような基幹インフラの場合、「失敗した時」の周囲への影響が大きすぎる。
流通なら一カ所が破綻しても、他のルートで応急処置を行うのが比較的簡単ですが、電力のような基幹インフラだとそうもいかない。


 以前にも記事になっていたように「電力には色がついていない」わけです。
どこかが失敗して供給力が落ちたら、少なくとも一時的に安定させるまでは他の所が頑張らないといけないし、それを拒否すれば系統崩壊の可能性も有る以上は拒否すると言う選択肢は事実上存在しない。
いや、事実上存在しないが、そもそも市場原理で乱立状態になった段階で、そこまで(各発電会社に)供給余力が有るのかどうかと言う問題も。

 また送電側でトラブルが有った場合も、(現行に比して相対的に)小さな会社では対応能力が下がるのは普通に考えられること。
ただでさえ発電側が複数(位相など)バラバラなのを苦労して纏める事になるのに、そこまでできるリソースは有るのかと言う点も。

 ぶっちゃけ「コストは上がって品質は下がる」最悪のパターンしか見えません。


 今、火発の燃料費が高騰して電気代が上乗せの方向に動いているのも、言うなれば市場原理の結果です。
「高い? 嫌なら別に買わなくても良いよ? 原発動かせば電力足りるんでしょ? 動かせば?」で足元見られているんです。こちらが「買わない」と言う選択肢を自ら封じてしまっているんだから当たり前ですわな。
それでいて「原発は即時全廃、だけど電気代の値上げは絶対反対!!」なんて喚いてる連中見ると、もう憐みしか浮かびませんわ。

匿名

市場原理ガーとかほざいてる奴は北朝鮮に行け

アカ野郎が

税金食ってるゲス野郎は出ていけ

人殺し東電社員の死刑を希望する


>市場原理万能主義の人はたぶん市場の失敗の概念を知らないんでしょうね。

統制経済万能主義の人はたぶん政府の失敗の概念を知らないんでしょうね。

コメントを投稿する