オルタナティブ・ブログ > 開米のリアリスト思考室 >

「誰かが教えてくれることを信じるのではなく、自分で考えて行動する」ためには、矛盾だらけの「現実」をありのままに把握することから始めるリアリスト思考が欠かせません。「考える・書く力」の研修を手がける開米瑞浩が、現実の社会問題を相手にリアリスト思考を実践してゆくブログです。

技術屋と美術屋の終わらぬバトル?

»
昔出した本の空きページに書いたコラムをなんとなく転載したくなったので、載せます。

「原子炉お節介学入門」という本を読んでいたところ、人間工学に関するおもしろい一節があった。要約をすると:

<引用>
 原子炉の操作員の誤操作を防ぐため、マンマシンインタフェースを考えて操作パネルの設計を見直した。実際の運転中に必要な操作をシミュレーションし、使 用頻度や重要性などに応じてボタンの位置を指定した。しかしそれが装置メーカーには不評だった。ボタンの間隔を変えたり、高さを水平に並べないで機能に応 じて上げたり下げたりすることには、信じられないほどの抵抗を受けた。
 ボタンはきっちりと水平に同じ間隔に並べたいというのだが、それをするとどのボタンも似て見えるため、緊急時には間違って隣のボタンを押してしまいかね ない。と言うことを何回説明してもなかなか納得してくれない。見た目にきれい、というのが設計の基本方針のようである。話にならない。
<引用終わり>

 私にも思い当たることがある。実際に装置を使う人間にとって操作しやすく事故を起こしにくいようなインタフェースはしばしばデザイン屋さんには不評である。実用的な理由のある装置設計に、見た目の美意識で口出しをされても困るのだが
 考えるために書く構造化チャートにも類似の問題はよく起こる。ある時、ある雑誌への寄稿記事で会計学の概念を説明するために一枚のチャートを使った。そ のチャートはいくつもの四角い箱の組み合わせで出来ており、高さや大きさが会計学上の厳密な意味を表すように私が執念をかけて書いたものだった。ところ が、それが実際に掲載された記事を見ると「高さや大きさ」がまったく意味を持たないように改変されてしまっていたのである。デザイナーさんが気を利かして 「美的にセンスよく」直してくれたらしい。
 な、なんてことを・・・・! と思っても時既に遅し(単行本収録時には修正した)。サイズは厳密にトレースするようにという指示をしておけばよかったのだが、当時は商業誌への執筆活動を初めたばかりのころで、そこまで気が回らなかった。
 なんにしても、「実用的に使いやすい」と「見た目にきれい」はしばしば矛盾する。技術屋と美術屋の終わらぬ戦いは今日も続いているのである。

まあ、「戦い」と言ってもべつにどちらかが勝つようなものではないので、双方の専門性をぶつけ合う中で、目的を達成するためのベストな案を作れればいいだけの話ではあります。そうすればみんながハッピーになれるので。

この話についてはUIデザインの古典的名著、「誰のためのデザイン?」 D・A・ノーマン著 が定番ですが勉強になります。

あ、他に良い本あったらご紹介ください(^^)/



補足:文中、「デザイン屋さん」というのは、「デザインの本質的役割を理解せず、自己表現に走るデザイナー」という意味に受け取ってください。「デザイン」という仕事の本質的ゴールはコメントで指摘されているように「問題解決」であって、アートではない、けれどそれが理解されていないことがしばしばある、という話です

補足2:↓こちらのブログに、この話題について勉強になる記事があります。
"米国のデザイン教育から学んだこと | freshtrax | btrax スタッフブログ"
http://blog.btrax.com/jp/2012/03/17/what-i-learned-from-design-education/
Comment(3)

コメント

リカ

はじめまして。興味深く読ませて頂きました。

世間的にはどうなのかよく分かりませんが、言葉について、個人的に一点だけ違和感を感じましたので、コメントを投稿させて頂きます。

わたしの理解では、「Designのゴール=視覚による問題解決」です。解決として提示されたあるデザインには、「好きだから」以上の説明が求められると思います。なので、「デザイン屋さん」「美術屋」という両方の言葉が記事内のように使われていることに違和感があります。

「『デザイン』という言葉は『美術』の中に含まれるもの」、として使用していらっしゃるのかもしれませんが、

マンマシンインタフェースの件の場合、デザインとして考えると、「ボタンの間隔を変えたり、高さを水平に並べないで機能に応 じて上げたり下げたりする課題をクリアするデザイン解決を模索すること」が、デザイン課題となります。表現を変えると、「大きさも形も異なるエレメントの不規則な構成、視覚移動の動線設計」と言えると思います。

もちろん、「ボタンはきっちりと水平に同じ間隔に」と比較して、ハードルはかなり高いです。自分の美的感覚と比較して、違和感を感じるデザインが求められている解答となることもありえます。

デザイナーとして「もっと他にデザイン解決があるのでは?」と、その結果に悩むことはあっても、機能優先の答えは矛盾することではないと思います。

デザインプロジェクトは、「誰かの美意識が否定される」と考える問題ではないと思います。ですが、人によってはそのように考えることが難しいのでしょうかね・・・。

開米瑞浩

リカさん、「Designのゴール=視覚による問題解決」であるというのは、まったくその通りだと思います。

その他のコメント内容も同意するところばかりです。
「デザイン屋さん」という言葉に少々違和感を感じられてしまったようですが、そこは「デザインの本質的役割を理解せず、自己表現に走るデザイナー」という意味に受け取っておいてください。
と、本文も書き直しておきますね。

リカ

開米さん、早速の丁寧な対応ありがとうございました。これからも記事を楽しみにしております。

コメントを投稿する