オルタナティブ・ブログ > 泉谷 章のITソリューション考察 >

ERP,SCM,CRM.DWH,BI,モバイルでの見方、考え方で感動したこと書いていきます

SaaSが本物であると実感できなかった

»

IT利用形態の今後のメガトレンドは、すなわちITビジネスモデルの今後のメガトレンドはサービス化(電気、ガス、水道などに見られるユーティリティ化)です。ハウジングやホスティングのデータセンターの普及、レンタルサーバなどの普及は、明らかにその予兆です。

社会基盤として、電線やガス管や水道管の様にデータ通信網が整ってきた今、自社内にサーバを自営する必然性は失われてきました。ならば、そのサーバの上に構築してきたアプリケーションも自社開発やパッケージ購入から、ASPの利用に向かうのは新しい必然です。

ところが、ネットワーク、サーバ、データベースなどのIT基盤、更にメール、スプレットシートなどのITツールは共同利用で問題はありませんが、アプリケーションとなるとそうは行きません。

業種、業態、各企業の戦略によって、他社とまったく同じ仕様のアプリケーションを使えば済むというものではありません。ビジネスプロセスの効率化どころか、阻害要因になりかねない場合もあるからです。

パッケージを導入する際は、カスタマイズをしないで、ビジネスプロセスをグローバルスタンダードのパッケージに合わすべきだとの議論が、まことしやかに語られてきました。これはパッケージベンダー側の論理、乃至は安易なカスタマイズへの警句と捉えるべきです。システムをビジネスプロセスの阻害要因にしないための最低限のカスタマイズは必要です。

但し、初期のカスタマイズにコストがかかることは勿論ですが、これはマネージできます。将来のバージョンアップ時のコストは、導入時に予想することは不可能です。

従来のASPがカスタマイズ可能なSaaSになってきたことは福音ですが、バージョンアップ時の問題が解決されているのかは大いに疑問です。そこで、SaaSのセミナーに参加してみました。

先ず、現状のSaaSは何故CRMが多いのか?
これは、CRMのアプリケーション機能がERPに比べると至ってシンプルで、業種、業態、各国の規制などの影響をあまり受けないからだと思います。
さて、話を本題のカスタマイズ問題に戻しましょう。
カスタマイズツールとして、どのSaaSでも、UIの変更、ロールの設定などのパラメータ変更環境であるビルダー、他システムとの連携を可能とするAPI、プロセスを追加するためのスクリプトを提供しています。

これだけの説明では、従来のパッケージのカスタマイズ性とバージョンアップ時の問題に何ら変るものがないのではないでしょうか?
それでいて、カスタマイズ後のバージョンアップは一応保障していますが、事前にテストだけは御願いしていますとのことでした。

スムーズなカスタマイズと、その後のスムーズなバージョンアップが可能かどうかは、本体のアプリケーションのシステム構造によるところが多いと思いますが、従来のパッケージと違って、こういう作り方になっているのでカスタマイズ後のバージョンアップも問題ありませんといった説明が聞きたかったのですが無理でした。

価格体系も問題です。SaaSCRMの使用料は公表されているところでは、6,500円~12,000円/ID/月位です。10人で使うにはいいかもしれませんが、1,000人で10,000円/ID/月としますと、月額1,000万円のコストになります。
SaaSのマーケットは、初期導入費用が問題となるSMBと決めつけるからこのような価格体系になるのではないでしょうか?

ということで、現状のSaaSがアプリケーションの本質的問題であるカスタマイズに対する解決策を持っているのかどうかは不明のままで、SMBだけをターゲットにした揺籃期にあることだけは理解できました

Comment(6)

コメント

価格はボリュームディスカウントでどうにでもなるので、大企業で使えない理由にはならないでしょう。というか事例が多数あります。
他の領域への進出は段階を追ってまだこれからでしょうけどSalesforceのAppExchageの進化スピードを見ると状況が変わるのは案外早いかもしれません。

メーカー側が大規模向けの価格帯を引いていないと、やはり「大規模は考えていないのね」と思いそう。

実際の価格帯に「ボリュームディスカウントについては別途ご相談下さい」とか書いてあったのでしょうか?

それがないのであれば、SaaSというより、その会社のSaaSは中小企業向けなんだと私も思います。

☆大変ご無沙汰しております、憶えていて下されば光栄です。SaaSのアップグレードに関しては、僕も同じ印象を持っています。SFDCのApexやAppExchgは、「最低限のカスタマイズは必要」論の解ではないでしょうか。アップグレードに関しては、「サーバー管理運用の手間削減」と「黙って使っていれば便利な機能が追加されるかもしれない」程度のメリットがある程度ではないかと思います。個人的には、知らない人が加えた部分のテストって、とても大変な作業だと思いますが。

泉谷 章

坂本さん、コメント有難う御座いました。
私の受講したセミナーでは全体的にSMB相手のトークでしたのでボリュームディスカウントは商売だから別途あるんだろうと思いつつ価格体系例で表現しましたが、確かにこれだけでは早計ですね。すでに大企業での導入事例が多くあるのですか?

泉谷 章

綾小路さん、コメント有難う御座います。
ボリュームディスカウントのことは、説明も記述も一切ありませんでした。但し、価格体系だけで判断するのは早計でした。

泉谷 章

木田さん、コメント有難う御座います。
よーく覚えていますよ。きょこさんとはしょっちゅう、大西さんとはたまに会っていますよ。今は何をされてますか?メール下さい。カスタマイズ後のバージョンアップ問題が解決すれば画期的な革命だと思うんですが、なかなかそこまで行かないんでしょうかね。

コメントを投稿する