オルタナティブ・ブログ > 泉谷 章のITソリューション考察 >

ERP,SCM,CRM.DWH,BI,モバイルでの見方、考え方で感動したこと書いていきます

諸井虔さんの訃報を聞いてSaaSを思った理由

»

太平洋セメント特別顧問の諸井虔さんをご存知の方は多いと思います。

諸井虔さんの訃報を聞いて、頭に浮かんだのはSaaSのことでした。
というのは、約25年前位でしょうか、諸井さんの講演会を聞いたことがあります。

諸井さんが、「将来、企業からはIT部門が無くなる。戦前には各企業は工場や本社を建てるために一級建築士を必ず雇っていたが、今、一級建築士を抱え込んだ一般企業は無いでしょう。それと同じです。」と仰った事がとても印象的でした。

私がIT産業に入った35年前にはコンピュータメーカ以外のSI会社はほとんどありませんでした。システム開発・運営はユーザ企業自身が行うものでした。大きなコンピュータールームを社内に作り、システム部門には多くのエンジニアを抱え込んでいました。

ところが、今やSI産業は、コンピュータメーカー産業以上に大きくなりました。
各企業は、本業ではないシステム開発・運営を社外にアウトソースするようになったからです。ところが、諸井さんが予言されたように、企業から完全にIT部門がなくなったかというと、そうでもありません。何らかの理由で企業自身が自営せざるを得ない部分が残っています。

IT部門の子会社化、ハウジング、ホスティングはまだまだ中途半端なアウトソースです。
ASPもそれなりに普及してきましたが、カスタマイズしなくてもすむアプリケーションに限定されています。企業内システムを総てアウトソースするには、カスタマイズ可能なSaaSが近道だと思っています。

IT産業の一番大きなトレンドは、企業からIT部門が無くなることだとすると、ASPのレッテルを変えただけのSaaSではなく、本来のSaaSがその原動力となったユーティリティ・コンピューティングがITビジネスのメガトレンドだと思っています。

Comment(4)

コメント

Go

諸井さんは好きでしたが、そのコメントはやや的外れかと感じます。
経営に対して付加価値の低い建物と、経営への影響度の高いであろうITを同列に語るのは無理がありませんか。
とは言いつつも、日本のIT部門はSI・リセラーに丸投げ傾向が強いようですから、勝手な想像では、諸井さんの周りは、ITを有効活用しようというIT部門・情報システム部門が多かったので、諸井さんから見て「付加価値が低い」と感じたのでしょうかね。

もう少し、IT部門の方々には頑張って欲しいと思います。(頑張っている方々が多いのは知ってますけど、、、)

Go

大変な間違え投稿でした。


>>>ITを有効活用しようというIT部門・情報システム部門が多かったので


ITを有効活用しようというIT部門・情報システム部門が少なかったので


----
私は、朝から何を書いていたのでしょうか。失礼しました。

泉谷 章

GOさん、
コメント有難う御座います。
企業戦略とIT戦略は、密接な関係があり、建物や電気・ガス・水道とは同列に語るべきではないとのご意見、もっともです。とはいえ、ITそのものをビジネスにしている会社は別として、一般の企業にとってはIT戦略とは、情報戦略を意味するもので、究極の姿として、その情報をもたらす道具としてのITは自営する必要は無いと考えた次第です。

Go

泉谷さん
わざわざコメントいただき恐縮です。

しつこいですが、やはりITと建物(含むユーティリティ)とは違うのではないでしょうか。ITは進化していきます、変化に対応するために進化する必要があります。まぁバージョンアップもそのためでしょうか。しかし建物は進化しません。建て替え・移動しない限り進化(進化というのも無理がありますが)しないです。
その進化に対応するためにIT部門のリーダーシップ・マネジメントは社内に必要と思うのです。


同じ道具でも、ITと箱物が違うと感じるのは、ITとは言っても私がソフトウェアに関係していたからでしょうか。
くどいコメントで失礼しました。

泉谷さんの本ブログでの趣旨は理解しておりますので、戯言として扱ってください。
これからもブログ期待しております。

コメントを投稿する