オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

PPAPな人たちにDXなんて無理だというお話

»

Zip圧縮して暗号化した添付ファイルを送ることはご遠慮頂けないでしょうか。そもそも、単なる未記入の事務手続きの書式でセキュアな内容ではありませんから。」

「申し訳ありません、添付ファイルをつけてメールを送ると、自動的にZip圧縮・暗号化されて送られてしまうので、どうしようもありません。」

Zip圧縮・暗号化された添付ファイルは、ウイルス・スキャンができず、なりすましで送られてくると対処しようがない。そもそも、平文でパスワードを送っているわけだから、セキュリティ対策にはなっていない。誤送信対策という人もいるが、自動で送られてしまう仕組みなら、その意味もない。何よりも、開封する側の面倒を顧みていない。時折、自動で送られてきたパスワードがスパムと間違えられて迷惑メール・フォルダーに振り分けられてしまうこともあり、わざわざ探さなくてはならない。甚だ迷惑な話だ。

こんなことは、いまさら私が大声を上げることではない。世間では、これをPPAP*と呼び、その無意味さとリスクが、広く語られている。

PPAPとは、「Passwordつきzip暗号化ファイルを送ります+Passwordを送ります+Aんごう(暗号)化するProtocol」のこと。

それでも、一向に改善される兆しはない。そこには、企業や個人に根深く染みついている3つの文化があるからだろう。

1つ目は、目的を達成することより、習慣化した形式に従うことを優先する。あるいは、目的はどうでも良く、思考停止で従うことが美徳であるという共通理解。

2つ目は、分かっていても声を上げて指摘することができない。あるいは自分の責任範囲以外は声を上げにくい雰囲気。

3つ目は、自分たちの価値基準やルールを優先し、世間の常識は後回しにされる。あるいはあまり世間のことを勉強していない、することの大切さに気付いていない。

PPAPは「問題アリ」と私が指摘をすると、概ね次の2つの反応がある。1つは、「そうなんですか。知りませんでした。」という「知らなかった。ごめんなさい。」的な謝罪と「ウチは遅れていて、どうしようもありません。」という「自分の責任ではない。会社が悪い。」的な責任回避である。この両方が、組み合わされることもあるが、いずれにしろ冒頭にもあるように「どうしようもありません」という言葉で締めくくられる。つまり、私たちのルールに従ってくれと言う暗黙の強制である。

「このような文化を持つ企業が、新規事業だ、イノベーションだ、デジタル・トランスフォーメーションだなどとよく言えたものだ。」

あれ?誰がそんなこと言っているんだと、辺りを見回してしまった。どうも、空耳でも聞こえたのだろう。歳は取りたくないものだ。

道具にできることは徹底して道具に任せ、人間にしかできないことに人間が時間を使い、意識を傾けられるようにすること

DX_stage.png

道具はそうやって人間の知性の発展を支え、文明の進歩を促してきた。これは、昔も、いまも、未来も変わることはない。しかし、そういう道具の本来の価値を置き去りに、思考停止で道具を使うことを目的にしている人たちが、変革などできるはずもなく、ましてや「デジタル・トランスフォーメーションの実現に貢献します」などと他人様に言うなんて、どうかしている。

イノベーションや新規事業も同じことで、既存の常識から逸脱することができなければ、無理な話である。それにもかかわらず、自分たちにできることの範囲、すなわちいまのスキルや既存の顧客を前提に考えていたり、既存の社内ルールから逸脱しないよう進捗を管理したり、稟議でリスクを排除したりしている。これでは、「既存の常識から逸脱すること」などできるはずがない。こんな企業が、イノベーションや新規事業を生み出せるはずもなく、仮にカタチばかりのビジネスが立ち上がっても、PoCで終わる、そこそこの成果しかあげられない、「成果はこれからです」という言い訳と苦笑いが繰り返されるだけの話しだ。

いかなるビジネスにおいても、人々に受け入れられるためには、次の3つの条件を満たさなくてはならない。

  • 目的が明確である
  • その目的を達成することが、お客様や世の中にとって、「何としてでも実現した価値」を生みもたらしてくれる
  • その目的が、現場との対話に裏付けられている

ところが、どうもここのところを勘違いしている人たちがいる。そして、次のようなやり方でビジネスを実現しようとしている。

  • 目的が曖昧である
  • 手段(例えば、AIIoTなどの新しいテクノロジー)を使うことを目的にしている
  • 誰かエライ人がそんなことを言っていた、調査資料からそんな需要がありそうだなど、思考と妄想からビジネス・プランが作られている

そして、いつのまに「事業計画書」を作ることが目的となり、事業を成功させることにあまり関心を払われなくなってしまう。

このようなやり方が、うまくいく道理はない。そもそも、新規事業は目的ではない。手段だと言うことを忘れてしまっている。

多くのSI事業者が、「新規事業開発室」や「イノベーション推進室」、あるいは「DX本部」などの看板掲げて、新規事業の実現を事業目的にしているが、そういう組織から、世の中を変えるような、あるいは、世間が一目置くような新規事業が生まれたという話しは、寡聞である。それは当然のことで、冒頭に紹介したような組織文化に支えられ、お客様や世の中に新しい価値をもたらすことではなく、手段として「新しいこと」をすることが目的とされている場合が大半だからだ。

自ずと、既存の常識から逸脱できず、手段を使うことに意識が向かい、お客様や世の中の価値ではなく、「新しいこと」という独りよがりな価値を実現することに取り組んでしまう。これでは、新規事業が成功するはずはない。

目的を設定するのは人間にしかできない。だから、デジタル・テクノロジーを駆使し、機械に置き換えられるところは徹底して機械に任せ、人間にしかできないコトのために時間を作り、意識を傾注できるようにすることがDXの目的となる。そうすれば、もっと多くの課題を解決できるだろうし、新しい価値が生まれやすくなるだろう。「人間力の拡張」であり、「人間の能力のブートアップ」である。人間にしかできないコトに、人間が徹底して時間と意識を使えば、仕事のパフォーマンスは上がり、仕事の生産性は高まる。結果として時短ができるだろう。企業の価値を高め、競争力が高まり、収益にも貢献するだろう。DXには、そんな目的がある。

こんなDXの目的がどこかに置き去りにされ、新しいテクノロジーを使って情報システムを再構築すること、AIIoTを使って新規事業を立ち上げることをDXであると大騒ぎするのは、そろそろ辞めにしてはどうだろう。

DXの目的は、新たな価値の創出に人間の能力を最大限に活かせるようにすることだ。そのためには、いままで人間に頼ってやってきた時代の考え方や組織の振る舞いを改め、新しい時代にふさわしいものに再定義しなくてはならい。新しいテクノロジー、AIIoTなどを使うのは、そんな人間の能力を引き出すための手段に過ぎない。

目的は何か、そのために必要な知識やスキルは何か

何ができるかではなく、何をすべきかを考えることだ。そして、自分たちのビジネスを再定義することだ。

SI事業者の中には、そういう取り組みを棚上げして、DXや共創などの看板を掲げているところもあるが、そんな企業に相談しよう、頼ろうとしない方が、自分たちのためである。

なにはともあれ、まずはPPAPを辞めることから始めよう。えっ、それには3年かかるって?また、空耳が聞こえた。ああ、歳はとりたくないものだ。

「コレ1枚」シリーズの最新版 第2版から全面改訂

新しく、分かりやすく、かっこよく作り直しました

デジタル・トランスフォーメーション、ディープラーニング、モノのサービス化、MaaS、ブロックチェーン、量子コンピュータ、サーバーレス/FaaS、アジャイル開発とDevOps、マイクロサービス、コンテナなどなど 最新のキーワードをコレ1枚で解説

144ページのパワーポイントをロイヤリティフリーで差し上げます

デジタルってなぁに、何が変わるの、どうすればいいの?そんな問いにも簡潔な説明でお答えしています。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【5月度のコンテンツを更新しました】
======
・以下のプレゼンテーション・パッケージを改訂致しました。
> 2020年度・新入社員のための最新ITトレンドとこれからのビジネス
>デジタル・トランスフォーメーション 基本の「き」
・ITソリューション塾・第33期(現在開催中)のプレゼンテーションと講義動画を改訂
>これからの開発と運用
・総集編を2部構成にして、そのまま講義/講演用のパッケージとして使えるように編集し直しました。
プレゼンテーション・パッケージ ======
【改訂】デジタル・トランスフォーメーション 基本の「き」
======
【改訂】総集編 2020年5月版・最新の資料を反映しました(2部構成)。
【改訂】ITソリューション塾・プレゼンテーションと講義動画
>これからのビジネス戦略
======
ビジネス戦略編
【新規】デジタル化によって生みだされる2つのビジネス領域 p.10
【新規】ビジネス発展のサイクル p.11
【改訂】デジタル・トランスフォーメーション 2つの解釈 p.19
【新規】デジタル・ビジネス・トランスフォーメーションp.20
【新規】ビジネスに大きな影響を与える3つの要因と対処方法 p.21
【改訂】DXを支えるテクノロジー・トライアングル p.41
【新規】自動車ビジネスの直面する課題 p.44
【新規】ビジネス価値の比較 p.45
【新規】コロナ・ショックで「デジタル・シフト」が加速 p.49
【新規】WithコロナのSI戦略 p.50
【新規】ITに関わる価値の重心がシフトする p.83

ITインフラとプラットフォーム編
【新規】ソフトウエア化されたインフラ p.63
【改訂】5Gの3つの特徴 p.263
【新規】5Gへのネットワークの集約 p.271

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【改訂】学習と推論の役割分担 p.84
【新規】デバイス側のAIチップ(エッジAIチップ)の必要性 p.85

サービス&アプリケーション・基本編
【新規】DXとERP p.9

開発と運用編
【新規】アジャイル・DevOps・クラウドは常識の大転換 p.9
【改訂】VeriSM p.17

下記につきましては、変更はありません。
 ITの歴史と最新のトレンド編
 テクノロジー・トピックス編
 クラウド・コンピューティング編
 サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する