オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

2020年 SIビジネス・10大予想 予想1:デジタル・トランスフォーメーション(DX)に関わるビジネスの多くはかけ声倒れに終わる

»

SIビジネスに関わる私の2020年の10大予想を紹介する。最初の予想は、「デジタル・トランスフォーメーション(DX)に関わるビジネスの多くはかけ声倒れに終わる」だ。たぶん、現場の多くの人たちがこのことを実感しているのではないだろうか。

スクリーンショット 2020-01-07 18.02.56.png

DXについては様々な定義や解釈がなされているが、概ね「社会や経済の視点/社会現象」と「経営や事業の視点/企業文化や体質の変革」の2つに区分できるだろう。

社会や経済の視点/社会現象」としてのDXとは、2004年、スエーデン・ウメオ大学教授のエリック・ストルターマンらによって初めて示された言葉で、「ITの浸透により、人々の生活が根底から変化し、よりよくなっていく」との定義に沿った解釈だ。これは、デジタル・テクノロジーの発展によって社会や経営の仕組み、人々の価値観やライフ・スタイルが大きく変化し、社会システムの改善や生活の質の向上がすすむという社会現象を意味している。

経営や事業の視点/企業文化や体質の変革」としてのDXは、2010年以降、ガートナーやIMDの教授であるマイケル・ウイードらによって示された概念に沿った解釈だ。これは、デジタル・テクノロジーの進展により産業構造や競争原理が変化し、これに対処できなければ、事業継続や企業存続が難しくなるとの警鈴を含むもので、デジタル・テクノロジーの進展を前提に、競争環境 、ビジネス・モデル、組織や体制の再定義を行い、企業の文化や体質を変革することを意味している。

ビジネスの観点に立てば、後者の解釈が前提となるだろう。SIビジネスにおけるDX事業、あるいはDX案件は、ユーザー企業のこの「変革」に関わる取り組みと言える。

なお、後者に含まれる解釈として、「経済産業省・DXレポートの視点/変革の足かせとなる課題の克服」がある。本レポートでは、IDC Japanの次のDXの定義を採用している。

「企業が外部エコシステム(顧客、市場)の破壊的な変化に対応しつつ、内部エコシステム(組織、文化、従業員)の変革を牽引しながら、第3のプラットフォーム(クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術)を利用して、新しい製品やサービス、新しいビジネス・モデルを通して、ネットとリアルの両面での顧客エクスペリエンスの変革を図ることで価値を創出し、競争上の優位性を確立すること」

この解釈は、概ね「経営や事業の視点/企業文化や体質の変革」と共通しているが、本レポート全体を見れば、「老朽化したレガシー・システムや硬直化した組織、経営意識といった変革の足かせとなる課題を克服する活動」に焦点が当てられている。そして、この課題を払拭しなければ、「企業文化や体質の変革」は難しいという問題提起である。

詳しくは、以下の記事をご覧頂きたい。

【参考】デジタルトランスフォーメーション(DX)とは? 起源・歴史・組織・成功率など

ではなぜ、SI事業者によるDX事業あるいはDX案件の多くが「かけ声倒れ」になるのかと言えば、事業を行う当事者であるSI事業者のDXへの取り組みが遅々として進まないと考えられるからだ。

急速なデジタル・テクノロジーの進展を踏まえ、圧倒的なビジネス・スピードを手に入れ、イノベーションを加速しようという取り組みがDXであるとすれば、そこに関わってゆけるSI事業者は、DXを自ら実践し、そのノウハウを、模範を通じて提供できることが前提になる。しかし、それができる企業は多くないだろうし、そのことに関心のない企業も少なからずある。

昨今よく目にするようになったコンテナ、サーバーレス、アジャイル開発、DevOpsなどの言葉は、この文脈から導かれるわけだが、いまだSI事業者内の変わり者や特別の人たちに委ねられており、主流とはなっていない。また、意味を失ってしまった手続きやルール、儀式化した会議といったビジネス・スピードの足かせとなるようなことが当たり前に行われている。そんな企業文化であるSI事業者が他人のDXをとやかくいうことなどできないだろう。

言葉だけは、流行言葉としてのDXを看板に掲げるものの実体を伴わない取り組みがうまくいくはずがない。従って、「かけ声倒れ」あるいは、成果の上がらない「自己満足のDX事業」に終わるだろう。

誤解なきように申し上げたいのは、DXは「かけ声倒れ」であっても、受託開発などの工数ビジネスが直ちになくなるわけではない。むしろ、クラウドへのリフト・アンド・・シフトや既存システムのモダナイゼーションなど、変革を伴わない改善・最適化の需要は当面は続くだろうから、収益面で直ちに影響が出ることはない。

しかし、「看板だけのDX」企業は、DXの実現を目指すユーザー企業からは信頼されることがないので、既存の延長線上の案件でしか仕事は依頼されないだろう。また、新たな付加価値を伴わない案件あるいはコモディティ化した業務しかやらない企業からは優秀な人材が流失してしまう。そうなると、「稼働率は維持できても利益率は低下する」ことになり、やがて既存システムの改善や最適化が一巡して、既存業務の需要が低迷し新たな事業に出ようとしてももはや対応できないという状況に陥る。このこともまた「かけ声倒れ」につながる。

自分たちの将来を考えるのであれば、DXの本質に真摯に向き合い、実効性のある取り組みを行うことが大切になる。詳しくは、下記の記事をご覧いただきたい。

【参考】「ボーッと生きてんじゃないよ!」と叱られないための「DX」と「共創」の基本の「き」

【募集中】第33期 ITソリューション塾

遠隔地からもオンラインでご参加いただけます。

ITソリューション塾・第33期(2月4日開講)の募集を開始しました。
既に多くの方からお申し込みをいただいております。

次の特別講師にもご登壇頂きます。
・デジタル・トランスフォーメーションと次世代ERP・SAP Japan 社長 福田譲 氏
・ゼロトラスト・ネットワーク・セキュリティとビジネス戦略・日本マイクロソフト CSO  河野省二 氏
・アジャイル開発とDevOpsの実践・戦略スタッフ・サービス・代表取締役 戸田孝一郎 氏

デジタル・トランスフォーメーションを軸に、AIやIoT、クラウドやインフラ、これからのビジネス戦略について、体系的かつ網羅的に整理してゆきます。

特にDXについては、事業戦略や実践と絡めながら丁寧に話をして行こうと考えています。

ぜひ、ご参加下さい。

  • 日程 初回2020年2月4日(火)〜最終回4月18日(水)
  • 毎週18:30〜20:30
  • 回数 全10回+特別補講
  • 定員 80名
  • 会場 アシスト本社/東京・市ヶ谷
  • 料金 ¥90,000- (税込み¥99,000)全期間の参加費と資料・教材を含む参加登録された方はオンラインでも受講頂けます。出張中、あるいは打ち合わせが長引いて間に合わないなどの場合でも大丈夫。PCやスマホからライブ動画でご参加頂けます。

「コレ1枚」シリーズの最新版 2017年の第2版から全面改訂

新しく、分かりやすく、かっこよく作り直しました

デジタル・トランスフォーメーション、ディープラーニング、モノのサービス化、MaaS、ブロックチェーン、量子コンピュータ、サーバーレス/FaaS、アジャイル開発とDevOps、マイクロサービス、コンテナなどなど 最新のキーワードをコレ1枚で解説

144ページのパワーポイントをロイヤリティフリーで差し上げます

デジタルってなぁに、何が変わるの、どうすればいいの?そんな問いにも簡潔な説明でお答えしています。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【1月度のコンテンツを更新しました】
・総集編の構成を1日研修教材としてそのまま使えるように再構成しました。
・最新・ITソリューション塾の講義資料を公開しました。
======
総集編
【改訂】総集編 2019年1月版・最新の資料を反映しました。

パッケージ編
ITソリューション塾(第32期)
【改訂】これからのビジネス戦略

======
ビジネス戦略編
【改訂】変革とは何か p.4
【新規】テクノロジーによる産業構造の転換 p.7
【新規】イノベーション p.10
【新規】イノベーションの本質 p.11
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションとは何か p.36
【改訂】複雑性を排除してイノベーションを加速する p.57
【新規】最適な解決策を見つけ出すためのデザイン思考 p.87
【新規】新規事業の成功確率を高めるリーン・スタートアップ p.88
【新規】SI事業者の抱える3つの不都合な真実 p.183
【新規】情シスへの依存がビジネスを萎縮させている(1) p.184
【新規】情シスへの依存がビジネスを萎縮させている(2) p.185
【新規】情シスへの依存がビジネスを萎縮させている(3) p.186
【新規】新しいデマンドを開拓できない(1) p.187
【新規】新しいデマンドを開拓できない(2) p.188
【新規】新しいデマンドを開拓できない(3) p.189
【新規】「木こりのジレンマ」に陥っている p.190
【新規】ITビジネスのトレンド p.191

ITインフラとプラットフォーム編
【改訂】ソフトウェア化するインフラストラクチャー p.62
【新規】パスワード認証のリスク p.109
【新規】FIDO2による認証プロセス p.110
【新規】FIDO2とSSO p.111
【新規】本人認証の方法 p.112

クラウド・コンピューティング編
【新規】クラウドがもたらす本質的な変化 p.21

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【新規】Googleが発表した自然言語処理モデル BERT p.88
【新規】新しい学習法 p.105

テクノロジー・トピックス編
【新規】ムーアの法則 p.6

下記につきましては、変更はありません。
 開発と運用編
 サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
 サービス&アプリケーション・基本編
 ITの歴史と最新のトレンド編

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する