オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ1枚でわかる採用される提案と採用されない提案

»

 WHW.png

「ソリューション」とは、「お客様の課題を解決するための手段をパッケージしたもの」です。プロダクトやサービス、コンサルティングや運用管理などの様々な手段が課題解決に最適な組合せでパッケージされていなくてはなりません。ソリューション営業とは、このパッケージを作り、提案して、採用して頂くための活動です。

ソリューション営業活動で、先ず取り組まなければならないことは、「あるべき姿」をあきらかにすることです。表現を変えれば、数ある課題の中でどれを優先して解決するのか、どんな成果を達成するのか、そもそも何のために解決しなければならないかなど、「なぜ(Why)?」取り組まなければならないかをあきらかにして、それをお客様と確認し合意しなくてはなりません。

その上で、「どのように(How)?」を決めます。例えば、体制や組織、手順、スケジュールなどです。「なに(What)?」を決めるのは最後です。製品やサービス、いくらかかかるのか、どのような作業をするのかなどの手段は、最初の2つを決めてからの話しです。

Whatを決める過程で、Howを変更しなくてはならないことはあるでしょう。そのときは、「あるべき姿」の実現、すなわちWhyから逸脱することがないことを確認しなくてはなりません。また、Whyのために、より最適なHowWhatがあれば、躊躇なく変更することも厭わないようにすべきです。

Whyが変わると言うことは、よっぽどのことです。そうしなければならない場合は、HowWhatを一旦棚上げし、Whyを再設定し、改めてその後のプロセスを見直す必要があります。

プロダクトやサービスを売るとは、HowWhatを売ることです。お客様が求めているのは、「あるべき姿」の実現であり、自分たちの抱える課題の解決です。つまり、Whyが最大の関心事であり、たとえHowWhatが素晴らしくても、それが達成できなければ採用されることはありません。

ですからHowWhatから始まるアプローチはうまくいかないのです。まずは、お客様のWhyは何かを探り、おきゃさまと合意することです。Whyを明確にし、お客様と合意しないままにHowWhatの素晴らしさを訴えてもお客様には響きません。

では、Whyをあきらかにするにはどうすればいいのでしょうか。これについてはこちらを参考にしてください。

参考 >【図解】コレ1枚でわかる課題発掘

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

【11月度のコンテンツを更新しました】
・SI事業者・ITベンダーのための「デジタル・トランスフォーメーション・ビジネス・ガイド(PDF版)」を公開しました。
・最新・ITソリューション塾・第32期の講義資料と講義の動画(共に一部)を公開しました。
======
総集編
【改訂】総集編 2019年11月版・最新の資料を反映しました。
パッケージ編
【新規】SI事業者・ITベンダーのための「デジタル・トランスフォーメーション・ビジネス・ガイド(PDF版)」
ITソリューション塾(第32期に更新中)
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションの本質と「共創」戦略
【改訂】ソフトウェア化するITインフラ
【改訂】新しいビジネス基盤 IoT
【改訂】人に寄り添うITを実現するAI
動画セミナー・ITソリューション塾(第32期に更新中)
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションの本質と「共創」戦略
【改訂】ソフトウェア化するITインフラ
【改訂】新しいビジネス基盤 IoT
【改訂】人に寄り添うITを実現するAI
======
ビジネス戦略編
【新規】DXとは何か? p.3
【新規】OMO Online Merges Offline p.7
【改訂】コレ1枚でわかる最新ITトレンド p.12
【新規】何のためのDXなのか p.20
【新規】Data Virtuous Cycle : DXの基盤 p.24
【新規】デジタル・トランスフォーメーションのBefore/After p.38
【新規】Before DX / After DX におけるIT投資の考え方 p.40
【新規】何をすればいいのか? p.105
【新規】目利き力 p.165
【新規】DXとは何をすることか p.166
サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
【新規】CPSのサイクル p.19
【新規】IoTによってもたらされる5つの価値 p.21
サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【新規】「学習と推論の役割分担 p.81
【新規】Whyから始めよ p.118
【新規】人間と機械の役割分担 p.119
クラウド・コンピューティング編
【新規】銀行勘定系 クラウド化拡大 p.30
【改訂】米国政府の動き p.32
【新規】メガクラウド・ベンダーの内製化支援プログラム p.33
【新規】クラウド・ネイティブとは p.130
【新規】システムの役割とこれからのトレンド p.131
開発と運用編
【新規】改善の原則:ECRS p.5
【新規】システム構築事例 :オンライン・サービス事業者 p.7
【改訂】ワークロードとライフ・タイム p.8
【新規】ウォーターフォール開発とアジャイル開発の違い p.9
テクノロジー・トピックス編
【新規】Apple A13 Bionic p.21
【新規】ARMのAI向けIPコア p.33
【新規】GPUの内部はマッシブ・パラレル型 p.62
下記につきましては、変更はありません。
・ITインフラとプラットフォーム編
・サービス&アプリケーション・基本編
・ITの歴史と最新のトレンド編

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する