オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ1枚でわかる営業力を支える「大好き力」

»

「今日のメインは、スズキのポワレにキノコのソースです。本当においしんですよ!」

センスのいい小さなフレンチ・ビストロで、二十代の女性店員が、今日のメニューを紹介してくれました。こんなに美味しい食べ物は他にはありませんと言わんばかりです。楽しそうにニコニコしながら、そして力強く説明してくれます。食材のこと、ワインのこと、シェフのこと、どれについても自信を持って語ってくれます。ここで働けて本当に良かったという彼女の気持ちまでもが伝わってくるようでした。

食事をする前から「本当にこの店を選んで良かった」と思いました。そして、料理が待ち遠しくてたまりませんでした。そして、期待通りの美味しい食事とワインに舌鼓を打ち、一緒に行った相手とも、とても心地よく会話を楽しむことができました。

店を出るときには「ありがとう」の気持ちで一杯でした。そして、また来よう、誰かに紹介しようと決心していました。

営業という仕事の本質を垣間見た気がしました。

「中途採用で即戦力になりそうな人材を採用しています。しかし、なかなか成果をあげてくれません。製品やサービスについてはしっかりと教えています。これだけやっても数字を出せないのはなぜでしょうか。」

若くて情熱あふれる営業責任者からこんな相談を頂きました。だから、もっと実践的で数字に結びつけられるような顧客応対スキルを教えてやって欲しいとのことでした。

彼は、いろいろと事例を挙げながら、「こんな時にはこうしなくちゃいけないのに、それができないんですよ。それっておかしくありませんか?」と分からない、納得できないと熱く語ってくれました。

この方は、営業という仕事が大好きなのでしょう。それが、彼をこの立場に持ち上げさせた原動力なのかもしれません。そして、私は、次のように続けました

「その営業は担当するお客様のことが大好きなんでしょうか。プロダクトを売ってきた経験はあるようですが、お客様の経営者や業務の責任者に仕事の仕組みを変えましょうと提案するわけですから、お客様以上にお客様について考え、お客様の「あるべき姿」を示さなくてはなりません。それはプロダクトやサービスの知識だけでは難しいと思います。お客様のことが大好きにならなければ、できないことです。」

「もちろん、自分たちのプロダクトやサービスも売らなければなりません。そのためには知識も必要だし、説明し説得するスキルも必要です。しかし、それ以前に自分たちの会社のことや自社製品のことを大好きでしょうか?会社や製品の思想、未来に向けたビジョンに感動しているでしょうか。そんな仕事に携わっている自分に誇りを持っているでしょうか。うちとお付き合い頂ければ、絶対に幸せになれますと迷うことなく語ることができるでしょうか。そんなマインド・セットがなければ、知識やスキルは活かせません。」

daisuki.png

営業という仕事にとって、スキルや知識が大切であることは言うまでもありません。しかし、営業の第一の役割は、お客様を振り向かせ、付き合ってもいい、つき合いたいと思わせることです。知識を伝えるだけならば、Webでできることですし、人工知能の方が、相手の聞きたいことにうまく合わせて説明してくれるでしょう。

営業であれば、お客様の成功のために何ができるかを徹底して考え抜くことです。そして、その夢を語り、感動させ、自分たちに任せて欲しいとはっきりと伝えることです。そうやって、相手に好かれることができれば、相手も真剣にあなたの知識を求めてきます。

好かれるための見え透いたうわべだけの努力では直ぐに見透かされてしまいます。相手の経営や事業の成果をどのように生みだせばいいのか、そのために自分は何をすべきかを考え、その想いや考えを伝えることです。

それが、相手の期待と反していてもです。その先のお客様の「あるべき姿」を実現するために、それが本当に正しいと信じるならば伝えるべきでしょう。そして、相手と意見をぶつけ合うことです。また、自分の利害と反することであってもです。例えその時はビジネスにならなくても、次の機会は必ずやって来ます。その時には真っ先に声をかけてもらえる存在になることこそ、営業という仕事の真骨頂ではないでしょうか。

お客様が大好きであり、自分たちの会社や製品が大好きであれば、それをもっと知りたいと思うでしょう。そういう自発性こそが、数字を生みだす知識やスキルを磨いてゆく原動力となるのです。

では、どのようにすれば、このようなマインド・セットを持つことができるようになるのでしょうか。それには、上司や先輩、あるいはチーム・メンバーとの徹底した対話が欠かせません。

自分の想いを打ち明け、共にどのようにしてゆくかを自分たちで考え、議論できる場がいつでも身近にあることです。そういう場があれば、指示されて行動するのではなく、自ら気付いて自律的に行動できるようになります。

そのために上司や先輩は、次のことができなくてはなりません。

  • 教えるのではなく気付かせる
  • 指示するのではなく考えさせる
  • 話すのではなく訊く

部下にとって上司は、いつでも相談できるセーフティ・ネットであり、自分に気付きを与えてくれる成長の触媒でなくてはなりません。そういう関係が、営業のマインド・セットを育ててくれるのです。

数字をあげられないのは知識やスキルから足りないから?本当にそうでしょうか。

  • お客様が大好きですか?
  • 会社や製品が大好きですか?
  • もしそうでないとすれば、それはどうしてですか?

そう問いかけてみてはどうでしょう。

ビストロの笑顔の彼女には、確固としたマインド・セットがりました。だから私は惹き付けられ、彼女もお店も大好きになったのです。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

【11月度のコンテンツを更新しました】
・SI事業者・ITベンダーのための「デジタル・トランスフォーメーション・ビジネス・ガイド(PDF版)」を公開しました。
・最新・ITソリューション塾・第32期の講義資料と講義の動画(共に一部)を公開しました。
======
総集編
【改訂】総集編 2019年11月版・最新の資料を反映しました。
パッケージ編
【新規】SI事業者・ITベンダーのための「デジタル・トランスフォーメーション・ビジネス・ガイド(PDF版)」
ITソリューション塾(第32期に更新中)
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションの本質と「共創」戦略
【改訂】ソフトウェア化するITインフラ
【改訂】新しいビジネス基盤 IoT
【改訂】人に寄り添うITを実現するAI
動画セミナー・ITソリューション塾(第32期に更新中)
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションの本質と「共創」戦略
【改訂】ソフトウェア化するITインフラ
【改訂】新しいビジネス基盤 IoT
【改訂】人に寄り添うITを実現するAI
======
ビジネス戦略編
【新規】DXとは何か? p.3
【新規】OMO Online Merges Offline p.7
【改訂】コレ1枚でわかる最新ITトレンド p.12
【新規】何のためのDXなのか p.20
【新規】Data Virtuous Cycle : DXの基盤 p.24
【新規】デジタル・トランスフォーメーションのBefore/After p.38
【新規】Before DX / After DX におけるIT投資の考え方 p.40
【新規】何をすればいいのか? p.105
【新規】目利き力 p.165
【新規】DXとは何をすることか p.166
サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
【新規】CPSのサイクル p.19
【新規】IoTによってもたらされる5つの価値 p.21
サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【新規】「学習と推論の役割分担 p.81
【新規】Whyから始めよ p.118
【新規】人間と機械の役割分担 p.119
クラウド・コンピューティング編
【新規】銀行勘定系 クラウド化拡大 p.30
【改訂】米国政府の動き p.32
【新規】メガクラウド・ベンダーの内製化支援プログラム p.33
【新規】クラウド・ネイティブとは p.130
【新規】システムの役割とこれからのトレンド p.131
開発と運用編
【新規】改善の原則:ECRS p.5
【新規】システム構築事例 :オンライン・サービス事業者 p.7
【改訂】ワークロードとライフ・タイム p.8
【新規】ウォーターフォール開発とアジャイル開発の違い p.9
テクノロジー・トピックス編
【新規】Apple A13 Bionic p.21
【新規】ARMのAI向けIPコア p.33
【新規】GPUの内部はマッシブ・パラレル型 p.62
下記につきましては、変更はありません。
・ITインフラとプラットフォーム編
・サービス&アプリケーション・基本編
・ITの歴史と最新のトレンド編

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する