オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ1枚でわかるウェアラブル・デバイス

»

WD.png

モバイル・デバイスが「持ち歩くデバイス」ならば、ウェアラブル・デバイスは「身につけるデバイス」で、1980年代には、研究がスタートしていました。当時はウェアラブルといっても、巨大なパソコンを背負うような無理矢理なものでしたが、1990年代には腰にぶらさげられる程度にまで小型化されました。これを使ってマニュアルや設計図を保存し、作業現場で利用する使い方も模索されましたが、当時はそれ以上の発展は見られず、静かにブームは去ってしまったのです。

ウェアラブルがここ数年、再び脚光を浴びているようになったのは、その当時の問題点を解決するめどがたったからです。

  • デバイスの小型化
  • 通信機能の充実
  • 処理能力・記録容量の拡大
  • 簡便な入力方法の実現

技術革新によって小型軽量化が可能になり、バッテリーの持続時間も延びました。また、BluetoothやNFC(Near Feld Connection)といった低消費電力の近接通信技術が使えるようになり、普段持ち歩くスマートフォンを介してインターネットに接続できるようになりました。さらには、クラウドと一体で使うことで、単体では実現できない膨大な処理能力と記憶容量を手に入れることができました。また、タッチパネルや音声入力、ジェスチャ操作なども実用化され、小型であってもデータ入力や操作が確実にできるようになったことも普及に弾みをつけています。

身につけることで、人とデバイスとの距離は限りなくゼロになります。これは、モバイル・デバイスではできなかったことです。ここにあらたな用途を生みだす可能性が生まれてきたのです。

身につけるデバイスと言っても、人はそれほど多くのものを身につけているわけではありません。一般的には、衣服、眼鏡、時計くらいで、ウェアラブル・デバイスもこれらを代替するものが大半です。変わったところでは、靴に取り付けランニングの距離やスピードを、ゴルフ・クラブに取り付けてスイングの状態を、テニス・ラケットのグリップ・エンドに取り付けてスイングや身体の動きを取得するといったアクティビティ・トラッカーも広い意味ではウェアラブル・デバイスと言えるかもしれません。これらデータは、スマートフォンのアプリや、その先につながるクラウド・サービスに送られ様々な機能を提供します。

現在は、スマートフォンに着信した電話やメールを音や振動で通知したり、音声認識を使って簡単なメッセージを返信したりする機能が主流ですが、それに留まらない大きな可能性を秘めています。特に注目されている使い方が生体情報の利用です。脈拍や血圧、発汗量などを収集して健康管理や予防医療に役立てる取り組みが始まっています。Googleは、コンタクトレンズ型の血糖値センサーを開発し、コンタクトレンズ・メーカーと一緒になって、その実用化を進めています。

一方で、新しいデバイス故の問題点も指摘されています。カメラ機能を持った眼鏡型デバイスをかけた人が、プライバシーへの配慮からレストランへの入店を断られるといったことや、生体情報といったセンシティブな情報をどう取り扱うかも気になるところです。

新しいデバイスであるが故のルールの整備やコンセンサスの醸成は、今後の課題となるでしょう。

【募集開始】ITソリューション塾・第24期

ITソリューション塾・第24期を2月8日(水)から開催します。第24期は、IoTやAIのビジネス戦略にも一層切り込んでみようと思っています。また、情報セキュリティの基本やDevOpsの実践についても、それぞれの第一人者から学びます。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

  • 会場 : アシスト株式会社・本社@市ヶ谷
  • 日程:2月8日(水)〜4月26日(水)の毎週1回×11回 *但し、3月最終週は休みとなります。
  • 時間:18:30〜20:30
  • 定員:80名(前回参加者 84名)

お願い

  • 毎期早い段階で定員に達しています。手続き等で時間はかかるが、参加のご意向をお持ちの場合は、事前にメールにて、その旨をお知らせください。
  • 個人でのご参加の場合は、消費税分を割り引かせて頂きます。
  • 今回の期間は、予算期を跨ぐところもあるかと思いますが、今期または来期のいずれか、または、両期に分けて支払いという場合は、個別にお知らせください。

詳細のご案内、および、スケジュールのPDFダウンロードは、こちらをご覧下さい。

J24.png

2017年1月 最新の改訂版をリリースしました!

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LIBRA_logo.png

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
*「コレ1枚でわかる最新ITトレンド(2017年度版)」を新規に作成しました。
*先進技術編では、解説を大幅に追加、刷新し、新たなチャートも追加しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【インフラ&プラットフォーム】(293ページ)

【更新】コンテナ型仮想化・改訂版の解説を改訂しました p.175
【新規】SD-WAN p.184

【ITの歴史と最新トレンド】(14ページ)

*これからのビジネスを考える参考となるよう、「コレ1枚でわかる最新ITトレンド(2017年度版)」を新規に作成しました。

【更新】デジタル化の歴史の解説を追加しました
【新規】コレ1枚でわかる最新ITトレンド(2017年度版)を新規に追加し、解説も加えました。

【サービス&アプリケーション・基本編】

*運用と開発のプレゼンテーションが増えたことから、基本編と運用と開発編に分割しました。

基本編(50ページ)
 変更はありません

開発と運用編(64ページ)

【更新】これからのシステム開発のチャートを改訂し、解説を追加しました p.5
【更新】DevOpsとは何か?の解説を追加しました p.19
【新規】仮想マシンとコンテナの稼働率 p.74-77
【更新】DevOpsとコンテナ管理ソフトウェアの解説を改訂しました p.78
【新規】FaaS(Function as a Service) p.79

【テクノロジー・トピックス】(49ページ)
 変更はありません

【サービス&アプリケーション・先進技術編】

IoT(92ページ)

【更新】IoTとM2Mの解説を追加しました p.7
【更新】IoTの定義の解説を改訂しました p.15
【更新】コレ1枚でわかるIoTのチャートと解説を改訂しました p.18
【更新】デジタル・ツインの解説を改訂しました p.23
【更新】モノのサービス化の解説を改訂しました p36
【更新】ビジネス価値の進化の解説を改訂しました p.38
【更新】IoTと機能と役割の4段階の解説を改訂しました p.41
【更新】クラウドから超分散への解説を改訂しました p.46

人工知能(93ページ)

【新規】コレ1枚でわかる人工知能とロボットの新たなチャートを追加し解説を載せました p.9
【更新】産業発展の歴史から見る人工知能の位置付けの解説を改訂しました p.317
【新規】ディープラーニングが注目される理由の新しいチャートと解説を追加しました p.24
【新規】弱いAIと強いAIについて、新しいチャートと解説を追加しました p.32
【更新】人工知能に置き換えられる職業について、解説を追加しました p.64

詳しくはこちらから

LIBRA_logo.png

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する