オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

ITインフラの空気化とメインフレームの存在意義

»

テクノロジーの進化は、テクノロジーの難しさやそれを利用する負担を軽減する進化でもある。ITインフラの構築や運用も、SDIやクラウドの登場により、難しさの隠蔽と、そこに関わる作業負担の軽減を推し進めているように見える。

このような動きは、ITインフラに留まらず、開発や実行環境、さらにはアプリケーションへと、より上流にも波及し、もはやビジネスの主戦場は、そちらへと移り始めている。

その結果、ITインフラのコモディティ化はすすみ「空気のような存在」へと向かってゆく。もはや、誰しもが、ITインフラの存在を意識しなくなるかもしれない。

ユーザー企業にとって大切なことは、ビジネスや経営への貢献だ。ビジネスのスピードに同期し、迅速にアプリケーションを提供する。そのための仕組みこそ重要であり、ビジネスにおける競争力はそれによって決まる。

ITインフラは、必要な時に必要な資源を、確実に、安定して提供してくれれば良い。それは、もはや前提であり、誰もが当たり前のものとして関心を払わなくなるかもしれない。

しかし、「空気としての存在」になればなるほど、安心、安全、安定が、重要になる。絶対に止まってはいけない、絶対にセキュリティ侵害を起こしてはいけない、絶対にリソースを枯渇させてはいけない。空気には「絶対」が求められるようになる。

また、急増するモバイル・ユーザーからのリクエストにもミリ秒単位で応答すること、IoTの普及でふくれあがるデータを集約でき、高速に処理できなること、情報系のアプリケーションばかりではなく、基幹業務の処理と一体で連携処理ができることなどの要請にも応えなければならない。

このような、「空気としての存在」に対応できるITインフラとして、メインフレームがもっと評価されてもいいのではないかとかかねがね思っていた。しかし、メインフレームには、なぜか「レガシー」という言葉がすり込まれていて、いまひとつ注目されていない。しかし、そのテクノロジーは、常に最先端であって、他の追随を許さない。

z13_300x240.jpg

例えば、先日発表されたIBMのzSystems 13は、5GHzの141 wayプロセッサー、10TBのメモリー、アナルティクス専用の並列処理プロセッサーやベクトル・プロセッサーを搭載する。また、ハードウェア機構(正確にはマイクロコード)によりKVMを稼働させ、オーバーヘッドを生じさせず同時8000もの仮想マシン上にLinuxサーバーを稼働させることが可能だという。もちろんOpenStackにも対応する。

また、ハードウェア機構として暗号化処理に対応し、システムは部品レベルで冗長化しているので、機械の故障によるシステム停止はほぼない。MTBF(Mean Time Before Failure:故障が起きてから次の故障が起きるまでの平均時間)は192年と言われている。

また、ハードウェアからミドルウェアの開発をひとつの企業・事業部門で行っていることから、システム全体の安定性だけではなく、障害の回避やパフォーマンスの向上・安定は、ハードとソフトが一体となって対応する仕組みができている。まさに「空気のような存在」にふさわしいITインフラといえるだろう。

x86系のサーバーでこのようなことはできない。その背景には、開発の歴史的な起点が違うことにもある。以下のチャートは、その違いを整理したものだ。

スクリーンショット 2015-02-02 12.04.08.png

これからも分かるように、メインフレームは、エンタープライズ、大規模ユーザーの同時使用、ミッション・クリティカルをはじめから想定して開発が始まった。これに対し、x86系サーバーまたはPCサーバーは、その名前の通りPersonal Computerを起源とし、複数ユーザーでの使用に対応できるように機能を拡張してきた歴史がある。このような違いを正しく理解した上で、お互いの使い分けをするべきだろう。

x86系のコストパフォーマンスの高さを否定するものではない。ただ、メインフレームをレガシーとするのは、正当な評価ではない。むしろ、「ITインフラの空気化」が、今後益々進むなかで、メインフレームの存在意義をもっと評価してもいいのではないだろうか。


新刊「【図解】コレ一枚でわかる最新ITトレンド」

ITの最新のトレンドをわかりやすく解説した本を出版します。既に予約受付も始まっています。是非、ご覧下さい。

Top1

  • ネットをながめても、テクノロジーのトレンド、意味や価値は見えてきません。
  • 難しい技術用語を並べられていても、専門知識がなければ理解できません。
  • 製品説明をつなぎ合わせても、テクノロジーの背景や本質は、分かりません。

本書は、約100枚のわかりやすい図表と平易な解説で、そんなお悩みを解決します。さらに、本書に掲載されている全ての図表は、ロイヤリティ・フリーのパワーポイントでダウンロードできます。自分の勉強のため、提案書や勉強会の素材として、ご使用下さい。

スクリーンショット 2015-01-18 13.32.13

こんな方に読んでいただきたい!

  • IT部門ではないけれど、ITの最新トレンドを自分の業務や事業戦略・施策に活かしたい。
  • IT企業に勤めているが、テクノロジーやビジネスの最新動向が体系的に把握できていない。
  • IT企業に就職したが、現場の第一線でどんな言葉が使われているのか知っておきたい。
  • 自分の担当する専門分野は分かっているが、世間の動向と自分の専門との関係が見えていない。
  • 就職活動中だが、面接でも役立つITの常識を知識として身につけておきたい。

目次

  • 第0章 最新ITトレンドの全体像を把握する
  • 第1章 クラウドコンピューティング
  • 第2章 モバイルとウェアラブル
  • 第3章 ITインフラ
  • 第4章 IoTとビッグデータ
  • 第5章 スマートマシン

>> 詳しくはこちらをご覧下さい。

【定員となり締め切らせて頂きます】ITソリューション塾【第18期】

2月4日より始まる「ITソリューション塾・第18期」に、多くのご応募をいだきありがとうございました。結果として、予定を上回る79名/26社のご参加となりました。「異なる会社の皆様が、志を同じくしながら時代の変化について考えてゆく。」そんな機会にしたいと思っています。次の第19期は、5月連休明けを予定しています。どうぞ、改めてご参加をご検討いだければと存じます。

最新ITトレンドとビジネス戦略【2015年1月版】を公開しました

ITのトレンドとビジネス戦略について、集大成したプレゼンテーションです。毎月1回、「テクノロジー編」と「戦略編」に分けて更新・掲載しています。

【2015年1月版】より「テクノロジー編」と「戦略編」の2つのプレゼンテーションに分けて掲載致します。

「テクノロジー編」(182ページ)

  • ストーリー展開を一部変更しました。
  • 「クラウド・コンピューティング」の追加修正
    • Webスケールとクラウドコンピューティングについて追加しました。
    • パブリック・クラウドとマルチクラウドの関係について追加しました。
  • 「IoTとビッグデータ」の追加修正。
    • M2MとIoTの歴史的発展系と両者の違いについて追加しました。
    • ドイツのIndustry 4.0について追加しました。

「ビジネス戦略編」(49ページ)

  • ストーリー展開を一部変更しました。
  • 2015年問題の本質というテーマでプレゼンテーションを掲載致しました。
  • 人材育成について
    • 生き残れない営業を追加しました。
    • エンジニアの人材育成について新たなプレゼンテーションを追加しました。

トップ10に選ばれした!

拙著「システムインテグレーション崩壊」が、「ITエンジニアに読んでほしい!技術書・ビジネス書大賞」のトップ10に選ばれました。多くの皆様にご投票頂き、ほんとうにありがとうございました。2月19日(木)のデベロッパーズサミットにて、話をさせて頂きます。よろしければお立ち寄りください。

system_cover

「システムインテグレーション崩壊」

〜これからSIerはどう生き残ればいいか?

  • 国内の需要は先行き不透明。
  • 案件の規模は縮小の一途。
  • 単価が下落するばかり。
  • クラウドの登場で迫られるビジネスモデルの変革。

Follow Us on Facebook Facebookページを開設しています。「いいね!」やご意見など頂ければ幸いです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する