オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

「ソーシャル」の本当の意味 日米の理解の違い

»

「ソーシャルという言葉なんですけど、日本とアメリカでは違う意味に受け取られているんですよ」

先日、紹介した鈴木逸平氏の講演は、いろいろと目から鱗の話が一杯あったのだが、この話題も大変印象深かったので、ご紹介しよう。

「ソーシャルとは、ヒトとヒトとのつながりから価値ある情報を生みだし、それを共有することなんですよ。」

日本で使われる「ソーシャル」という言葉は、LINEやTwitter、Facebookを使って、ヒトとヒトがつながることで、連絡が楽になる、趣味、嗜好などが近い人たちが会話を楽しむなど、コミュニケーションやエンターテイメントの手段としての意識が強い。

Socialmediaiconcollage1024x693


しかし、米国では、そういうヒトのつながりから生まれるデータに注目しているという。つまり、日常会話の中で交わされている趣味嗜好、評判、意見や、ヒトとヒトのつながり(ソーシャル・グラフ)といったソーシャルから生みだされる情報をマーケティングやカスタマー・サポート、事業戦略や企画に結びつけてゆく仕組みまで含めて、ソーシャルと捉えているというのだ。言い換えれば、コミュニケーションに関心があるのではなく、そこから生みだされるデータにこそ、ソーシャルの価値を見出しているのだ。

考えてみれば、コミュニケーションの延長だけでは、米国におけるソーシャルの盛り上がりを理解することはできない。多くのエンタープライズ系のベンダーがソーシャルに積極的であることの意味も理解できない。「なるほど!」と思わずにはいられなかった。

そう考えるといろいろなものが見えてくる。例えば、これからは、IoTが生みだすデータがソーシャルの一部として融合してゆくだろう。ウェアラブル、自動車、ホームデバイスが、ソーシャルに割り込んでくる。これにより、日常と社会の活動のがつながり、様々なデータを生みだす。そのデータこそが、ビジネスの源泉となる。

Images1


それらデータの大半は、非構造化されたデータとなる。つまり、これまでのRDBでは取り扱うことの難しい領域だ。そいう理由からNoSQLの用途は広がり、それがビッグデータとなる。

そのビッグデータから様々な知見を取り出さなくてはビジネスにはならない。当然、アナリティクスがセットになる。昨今、ソーシャルメディア大手が、人工知能に関わるベンチャーを買収していることや、投資を拡大している背景には、このような理由があるのだ。

言うなれば、かれらは、ソーシャルという手段を使って、データを押さえにかかっているのだ。かれらは、さらにそのデータの入口を押さえにかかろうとしている。それが、ウェアラブルであり、ホームデバイスであり、モバイルや車載のOSだ。この点については、先日のブログで詳しく書いたのでご覧頂きたい

こういう話を聞くと、つくづく思うのだが、米国企業が、実に長期のスパンで戦略を考え、実現に向けて、着実に施策を展開しているという現実だ。日本では、ひとつの製品領域や固有のアプリーケーションで戦略が組み立てられ、そのスパンも短い。日本が、この業界でイニシアティブを取れないのは、さもありなんである。

「未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ」

かつて、アラン・ケイが語った言葉だが、まさに彼らはそれを実践している。

いずれにしろ、こう考えてゆくと、ソーシャル、IoT、ビッグデータ、人工知能、そしてクラウドは、大きなエコシステムとして有機的につながっていることが分かる。そして、その中心にあるのが、データである。まさに、データは、ビジネスにおける可能性を大きく拡げ、イノベーションを生みだす源泉となってゆくのだろう。

【無料】イベント『受託開発ビジネスはどうなるか、どうすべきか

来る8月27日(水)に、「納品のない受託開発」でおなじみのソニックガーデンの倉貫さんとトーク&ディスカッション・イベントを開催します。SIビジネスや受託開発まの課題、今後どうしてゆくべきなのかを話し合います。こちらの一方的なスピーチではなくご来場の皆さんを巻き込んだイベントにしようと考えています。

ほぼ、同じ時期にお互いに本を出版したことをご縁に開催することとなりました。詳しくは、こちらのFacebookのイベントページをご覧いただき、「参加する」ボタンを押して下さい。

*更新しました* 今週のブログ 

「営業スキルの強化」か「売上の増大」か・・・両方同時は無理です!

営業スキルを強化すれば、売上は増大するのでしょうか?こんな単純な論理は成り立ちません。ではどうすれば良いのでしょうか。今週のブログはそんなテーマで考えてみました。

Kindle版 「システムインテグレーション崩壊」


system_cover

〜これからSIerはどう生き残ればいいか?

  • 国内の需要は先行き不透明。
  • 案件の規模は縮小の一途。
  • 単価が下落するばかり。
  • クラウドの登場で迫られるビジネスモデルの変革。

Libra_logo300x53

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/ LiBRA

Follow Us on Facebook Facebookページを開設しています。「いいね!」やご意見など頂ければ幸いです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する