オルタナティブ・ブログ > アー・ユー・エクスペリエンスト? >

人生と仕事に必要な様々なことについて考えるブログ

ミクシィをWebメールの代わりとして使う

»

最近、ミクシィをWebメール代わりに使っているということに、ふと気がついた。ここしばらくは、ミクシィで日記も書いていないし、自分が管理するコミュニティも放置状態である。マイミクの日記を読むのも本当にまれだ。ミクシィにログインするのは、何かメッセージが届いた時だけである。

「伊藤さん、その話題、会社のアドレスじゃちょっとまずいでしょうから、ミクシィの方に送っておきます」といった具合だ。ほとんど、飲み会をはじめとした、プライベートな話題をやり取りするための、Webメールの代わりになってしまっている。

そう言えば、ミクシィをWebメール代わりに使い出してから、今まで頻繁に使っていたWebメールにアクセスする機会がすかっかりなくなってしまった。ちょっと前までは、Webメールでプライベートな話題をやり取りしていたものだが、今は本当に使うことがなくなってしまった。

このミクシィをWebメールの代わりとして使う現象、実際に周囲の人間に聞いてみたところ、意外にも賛同者がたくさんいた。私と同じように、他の機能を使うことはほとんだないのだが、メッセージ送信の機能だけは時々使っているという。中には、最初からWebメールの代わりとして使うことが目的でミクシィに登録したという人もいた。

ミクシィのメッセージ送信機能は、最近のSNSに見られるようなファイルの添付機能がないため、仕事で使うのは難しい。ただ、別な見方をすれば、余計な機能が一切ついていないところが、本当に簡単なプライベートな情報のやり取りをするのに向いているとも言える。

SNS本来の目的から大きく逸脱してしまっていることは理解しているのだが、他に使い道が思い浮かばないというのが正直なところである。ただ、Webメールの代わりとして使うには、登録してあるプロフィール情報があまりにも勿体無い。そこで、何とか別な使い道を見つけ出したいと真剣に考えているところだ。

ミクシィをWebメールの代わりとして使っている人、いませんか?

Comment(13)

コメント

tatsuya

こん**は。

 普通にWebメールとして使っています。
 ちょうどマイミクさんがアドレス帳代わりになって非常に便利ですよね。アドレスのメンテナンスが必要無いというのが使っている理由でしょうか。

卑弥呼

おはよう^-^

Webメールですか  まだ 使用していなのいので

これから 研究します^^

卑弥呼

おはよう^-^

Webメールですか  まだ 使用していなのいので

これから 研究します^^

お世話になります。

この件については、今、私の中では大変な負担になっています。
second lifeという仮想空間にお店を出しているのですが、メール機能がIMといいます。アバター名が判明できていれば、どなたでも送られるので、ちょくちょくinして確認しています。

ビジネスツールとしてsecond lifeを活用しているので、「見ていませんでした」では、相手に失礼になる。

SNSは、特に「顔」が見えるので、「会社」宛てではなく、「個人」になるため、取り次ぎが「本人」でないといけない。


会社なら、伝言が可能ですが、SNSの場合、本人しか認証できない。
この負担が、SNSの発展に伴い、どんどん増えることが予想される。
とても大変な時代になっていくと思います。

wwt

まさにその通りです。
私の会社では社内SNSを導入しております。

・グループウェアでのメッセージ=重要
・社内の個人mail=対外的なmailが多すぎて社内間では利用せず
・プライベートのmail、携帯mail=緊急性の場合のみ
・社内SNS=相手の時間に余裕ができてからでいい依頼、質問

上記のように使い分けております。
直接の仕事ではないので、いつでもいいから手が空いた時に答えてほしい時。
緊急性のある個人mailに入れるほどでもないものは全てSNSのmailで送っています。

もっぱらミクシィでもWEBメールばかりです。

skypeと連動することができれば、更にビジネスツールとして使えるんですよね。skypeならタスクランチャーに常駐してますから、すぐに反応できますし、チャットも電話も伝言として残すことができますし。

どこかのSNSでskypeと連動ってもうやってましたっけ?

tatsuya様>
コメント有難うございます。メールアドレスを管理しなくてもすむというのは、確かにミクシィのメリットですね。普通のWebメールだと、管理が大変ですよね。

卑弥呼様>
コメント有難うございます。いや、Webメールなんか使わなくても大丈夫だと思いますよ。あれだけ、ミクシィを使いこなしているんですから。

角田和司様>
コメント有難うございます。なるほど、とても参考になりました。メッセージが届いていることを、普段使っているメールアドレスや携帯電話に通知メッセージが届くだけでは解決できない問題ということなんでしょうか?もう少し深く知りたいところです。

wwt様>
コメント有難うございます。そこまでくると、メールの達人の域に達していますね。素晴らしいです。社内SNSも導入されているとなると、ミクシィとの使い分けが難しいのでしょうね。非常に興味がある部分です。よろしければ今度詳しくお聞かせ下さい。

NAKA@情報インフラ24時様>
コメント有難うございます。あります。Skypeでメッセージを交換するSNSはいくつか出てきています。わかり次第連絡します。

ば~どまん

はじめまして。

Webメールとして使っているかどうかはわかりませんが、それなりにメッセージ機能は利用していると思います。

>この件については、今、私の中では大変な負担になっています。

負担になるのは、どのツールを使って情報のやりとりをするのか?という部分の重要度や緊急度の切り分けもしくは、そういった指標に応じた使い分けができていないからだと思ったりしています。

E-mailのやりとりにしてもSkypeでのやりとりにしてもSNSでのやりとりにしても、インターネットを利用しておこなわれる情報交換なので、ごっちゃになってしまうことはあると思います。(私もその1人です^^;)ですが、自分自身の判断で情報の切り分けやツールの使い分けがきちんとできれば、負担なく使い続けていけると思います。

まぁその次に、相手にそういった自分のスタンスをどう伝えるかが重要になってくるわけですけど…

ば~どまん様>
コメント有難うございます。たしかに、これだけいろんなサービスが出てくると、いかに自分で管理できるかが使いこなすためには大事になってくるかもしれませんね。一応何でも手を出してみて、実際に自分で使いそうなものを私の場合は選択ています。

コメントを投稿する