オルタナティブ・ブログ > 杉並区「入れ歯専門の歯医者さん」今日の出来事 >

「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

10年間苦しんだ口腔乾燥が、薬を塗って軽減しました。

»

Yさん(70代女性)の悩みは深刻でした。

多岐にわたる症状が10年以上も続き、大学病院でも原因が特定できず、軟膏を塗って経過観察をするだけだったとのこと。


▼何もしなくても入れ歯が痛い

▼食事の時に外れる

▼就寝時に入れ歯を入れていられない

▼舌が入れ歯にこすれて気になる

▼入れ歯を入れるとしゃべりにくい

▼薄い入れ歯なのに厚さが気になる
 

一体どこから治せばいいのか。
そもそも私の実力で治せるものなのか考えてしまった症例です。
何か手がかりがあるといいのですが。

カルテを見て、ふとある事に気がつきました。
高血圧のため降圧剤を日常的に服用しています。

降圧剤の中には口の中が乾燥するドライマウスと呼ばれる副作用を持つものがあります。

前述の症状がドライマウスによって起こっているとしたら、治療としては口の中を湿らせること。

これには良い薬があります。
「オーラルバランス」(ティーアンドケー株式会社)という人工唾液です。

ペースト状の薬を上あご等に塗って寝ると湿った状態が長持ちして乾燥を防ぐことができます。


1週間後にいらしたYさんは「今までにないくらい入れ歯がラクになりました」と明るい表情に変わった。

10年以上も悩んでいた症状が1週間で治った。
歯科医師になって本当に良かったと思った瞬間でした。

今回行なったYさんの口腔乾燥の症状を和らげる治療は保険適応と薬代で約4,000円でした(治療費は症状により個人差があります)。
_________________________________

入れ歯の修理は いとう歯科医院

http://www.ireba-ito.com/

「西荻窪 入れ歯 いとう歯科」で検索してください。

住所:〒167-0054 東京都杉並区松庵3-6-3

電話:03-3333-5389

診療時間

午前8時30分~11時 受付まで

午後2時~5時 受付まで

※予約制ではありません。お越しいただいた順に診療しています。初めての方も予約不要です。

Comment(0)