オルタナティブ・ブログ > 「天下夢想onオルタナティブBLOG」 >

テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

ドイツZDF フクシマのうそ(動画)を観て

»

ドイツZDF フクシマのうそ

ドイツZDF フクシマのうそ 投稿者 sievert311

というドイツのTV局によるドキュメンタリーがシェアされていたので見ました。

日本のメディアを通じては知られていない、こんなことがあった、起こっている、がたくさんあって驚きましたが、そういった本筋の内容とは別に、2つ大きな違和感を感じたことがあったので書きます。


ひとつは、当時の首相がインタビューに応じて隠された事実について説明をしているのですが、極めて重大な事項であるにも関わらず当時も今に至っても自国民に対して発信していない内容をなぜか海外のメディアに淡々と述べている、ということ。

少なくとも在任中にはよくも悪くも日本中の注目を浴びていて、何かを伝えるとか、説明責任を果たすという立場にあったはずなのに。

身の危険があったということなのかもしれませんが、再生可能エネルギーよりも命懸けで取り組む決意で臨むべきだったのではないでしょうか。そもそも、ちゃんと伝わるタイミングで伝わるように言わないと伝わらないのに、なんとも不思議な話です。

もうひとつは、東電の広報。
これは当時からの記者会見などでも同様ですが、メディアの前に登場するのがいつも罰ゲームで選ばれた内向きサラリーマンというふうにしか見えないこと。

このVTRの終盤でインタビュアーに問い詰められるシーンがあるのですが、そもそもその質問に答えるべきは社長か担当役員かいずれにしても組織を代表して公式な説明ができる人であるべきはずです。

記者会見などでも広報の人はいたんだと思いますが、パブリックリレーションとして文字通りパブリックな対象に何かを伝えるという基本的なことが何もできていません。


内向き、組織の理論、保身、言い訳、言い逃れ、後だしジャンケン

元首相にしろ、東電にしろ、自らが果たすべき責任についての自覚と当事者意識の欠如に唖然とさせられます。


日本のメディアが悪いという議論もあるようですが、そもそも当事者が責任を持って適切なタイミングで正確な情報を伝える、理解してもらう、評価を受けるということについて、この国の政府も企業ももっとよく考える必要があるのかもしれません。

Comment(1)

コメント

flacoloco

先ず最初に、私は電力関係者じゃありません。あれだけ大見得を切っているドイツでさえこの先何年も原発を動かすのに日本は“議論なし”に実質脱原発国に既になっています。説明は省きますが、日本の地理的条件で現在の技術では再生可能エネルギーの原発代替は不可能です。今出来る事は実用化(特に蓄電技術が鍵)への研究・開発費を投じることまでです。なのに火力回帰した分の燃料費増加の負担も受け入れない。我が国の国民とマスコミは正気と思えません。
あまり“情緒だけ”の東電叩きをしているとエライことになりますよ。東電の公共事業としての一面と関わる大・小企業の裾野の広さと取り扱い金額の規模、そこにぶら下がるサービス業まで含んだ波及効果を考えると雇用、経済規模、年金、健保などは確実に縮小するでしょう。もう既に倒産した弱小工事会社など確実にあると思います。少なくとも失業・ウェルフェアに落ちた作業員は多いでしょう。要するに日本経済全体が縮小しますし、その他の各電力会社も全く同じ問題を抱えていますので大変なことになります。
因みに電力もその燃料である石油も経産省の管轄です。枝野経産大臣が他人事のような東電批判以外に何をするつもりか知りたいです。彼は“魔女裁判効果”を利用して責任を逃れているとしか思えません。

コメントを投稿する