オルタナティブ・ブログ > 異聞か、異文化 >

外資系マーケ担当としてのクロスカルチャーな仕事と日常

公開遺言状

»

ご自分の「死」についてお考えになった事はありますか?

私は、10年程前に考えた事があります。

その結果、自分の死後使用可能な臓器などは全て提供したいと思っています。
*死の定義は難しいですが、私の場合は脳死になった場合も提供したいと考えています。
意思表示カードも持ち歩いていますが、果たして必ず提供できるのかが不安です。

もし自分が事故などにあった時、カバンが遠くに飛んでしまい、カードが発見されなかったら?

カードが事故現場で損傷して、読めなかったら?

カードを発行している日本臓器移植ネットワークのサイトを見てみると、臓器移植法施工後、平成9年10月ー平成18年3月までの8年半の間に意思表示カードを所持して亡くなった方は1079名。
うち、提供にいたらなかった方々が447名もいるそうです。
意思表示カードの記載不備で提供不可の方々だけで、なんと113名!
亡くなった方の善意が活かされないのは、本当に残念な事です。

ドナー登録情報がデータベース化されていて、病院側ですぐにチェックできれば、こういった事は防げるのではないでしょうか?
ドナー.comを立ち上げて、各自がwebでオンライン登録できれば良いのに、と思わずにはいられません。
web登録だと確実に本人の意思表示かどうかの立証が難しいので無理!というのであれば、せめて各病院などでドナー登録を受け付けるようにして頂けると、もっと提供希望者が増えると思います。

公開遺言状
私が死んだ場合には全臓器を提供いたしますので、意思表示カードを見つけてください

■写真はデザインが一新された意思表示カードとリストバンド
Zouki

Comment(4)

コメント

riko

こんなアタシでも誰かの役に立てたら。。。
と、云う事で私も使ってもらえる物は提供したい。 
保険組合によっては保険証に提供希望の有無を記載できるようにしているらしいね。良いアイディアだと思います。

臓器とか中身はいいけど、皮膚だけはちょっと。。。。カナ。 あ、顔とか手とか見えるとこだけ残しておいて貰えればいいか。

保険証に提供希望の有無を記載できるのは、いいですね。でも、DB化されてないと、やっぱり同じ問題が起こちゃうんですよね。
私も、表から見える部分の皮膚は残しておいて貰いたいです。
カードは持ってますか?無かったら、今度あげますね。

8

私もカード持っています。
日本臓器移植ネットワークでもシールを配っていました。
このシールを保険証や運転免許証に張っておきましょう〜って、書いてありました。
DBになっていないってのが、そもそも遅いよね。。。

せめてスタジオにでもカード置いておこうかな。。。

8さん
ぜひぜひ、スタジオにカードを置いてください。
カードの存在を知らない人や、知っているけど手に取る機会が無かった人の中にも、提供希望者がいる筈です!
P.S.私には8さんの板チョコ腹筋提供をお願いします。(笑)

コメントを投稿する