オルタナティブ・ブログ > 異聞か、異文化 >

外資系マーケ担当としてのクロスカルチャーな仕事と日常

The Wall Street Journal のキャンペーン

»

我が社の社長宛にWall Street Journalのアジア版が届きだしました。
1/22-2/16の間、サンプル版を送り続けるキャンペーンのようです。
チラチラ読んでいるし、嬉しいとは思うのだけれど、ちょっともったいないキャンペーンだと思うのです。

・届いた状態

Wallstreetjournal_1 メルセデス・ベンツの広告が新聞の顔であるべき1面にべったり貼られています。
新聞の1面が全く見えない・・・・
1面の右上には What's News の欄があり、目玉記事のヘッドラインが並んでいるのですが、それもまるきり見えないのです。

・広告を切った状態

Wallstreetjournal_2 上の方の1.5cm位が糊しろとして張り付けられていて、その下に切り取り線があり、広告は取り外しができるようになっています。広告を切り取れば一面も読めますけれど、糊しろに見出しが一部被っています。タイアップ広告なのでしょうが、新聞の購読キャンペーンなのに、1面が読めないのはいかがなものか?と個人的には思います。

ただ、このWall Street Journalは日経新聞の2つ折位のサイズで、私には丁度良い大きさです。電車で読むのに、広げるのも簡単で、たたむのも楽。
どうも、今月から紙面の横幅を3インチ(7.6cm)縮小したそう。
日経新聞もこの大きさにして貰えたら、電車の中でも読みやすそうです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する