オルタナティブ・ブログ > 異聞か、異文化 >

外資系マーケ担当としてのクロスカルチャーな仕事と日常

ここまで来たか!映画の日本語翻訳

»

私は週に3-5本映画を観ます。
映画館に行く時間は中々ないので、主に自宅での鑑賞です。
先週は「白バラの祈り」、「タブロイド」、「カーズ」の3本を観ました。

「カーズ」はピクサー制作のCGアニメーションです。
当然オリジナル言語は英語なのですが、作中の所々に日本語が散りばめられていたのです。
最初は気のせいかな?と思っていたのですが、優勝カップが写るシーンでは漢字で「優勝」と書いてあったり、新聞記事が大写しになるシーンでも「ホーネット」とカタカナで書いてあったり・・・。
こんな風にわざわざ作画の一部を変更してある作品を見るのは初めてだったので、大変驚きました。

多くの映画で、建物の名称や表札、手紙や本などがパッと映されるシーンがあり、それが作中の進行に大事な役割を示す時があります。
「オリジナル言語&日本語字幕」で観ている場合、通常は字幕で訳出されるのですが、本作ではわざわざ作画を日本語化しているのです。
スゴイ!とは思うのですが、来日中の外国の方々にはちょっと気の毒な気もします。
大事な情報が日本語化されて読めないのですから。

今回の日本語化は配給のディズニーの戦略なのではないか?と思っているのですが、他国ではどうなのでしょう?
ご存知の方いらしたら、ぜひ教えてください。

Comment(6)

コメント

norah

バグズライフの頃からローカライズされていたと記憶しています。中国や他の国でもローカライズされています。たしかモンスターインクかニモの特典ディスクにローカライズ例が収録されていたと思います。

余談ですが昔のPixer作品は4:3のVHS用にレンダリングしなおしたりしていました。そのせいでトイストーリー2は未だに劇場公開版がDVDになっていません。

t0mori

ピクサー作品に限らず、アニメーションでは昔から割りとよく行われている事です。特にお隣の韓国では少し前まで日本語の作品の上映、上演が禁止でしたから、日本の作品をこっそりそれと分らなく加工して公開したりしてました。だから、少し前の日本のアニメを韓国の方が、国内作品だと思い込んでるケースは結構多いです。逆に日本のメーカーなり制作会社なりが海外番販を考える際も、日本語の看板が出ないようにしたりとか、出ても加工しやすいようにFIXの画面にしたりとかしています。

>norahさん
トイ・ストーリー、モンスターズ・インク、ニモ、Mr.インクレディブルと観ましたが、全然気が付きませんでした。
もう一度チェックする機会があったら、探して見ます!
中国語だったら漢字である程度読めるので、何とか意味が判りそうですね。

>t0mori さん
アニメはPIXARやジブリ位しか観ないのですが、割と一般的に行われていたのですね。勉強になりました。
韓国人の同僚に聞いてみましたが、あんまり気にして観て無かったので、判らないとのこと。韓国のアニメと思ってしまう位ローカライズされていたら、確かに気付かないでしょうね。

mohno

私も知りませんでした。
よくストーリーの重要なポイントが文字の場合、わざと字幕が表示されることがありますが、この手の映画を見る子供にとっては、字幕ではハードルが高いと思うので歓迎ですね。
機内映画で字幕が中国語だったりすると、その場に書かれている英語が重要なんだな、とわかったりしますね:-)

>mohnoさん
すごい時間のコメントありがとうございます。
重要な英語なんだな!と思っても、映すのが一瞬過ぎて「何とか病院」とかしか判らない事がありますよね。その読めなかった何とかが大事だったり・・・

こんにちわ、はじめまして。
私、足裏マッサージ師が教える足裏関連情報の管理人のマッチと申します。
この度、失礼ながらもTBの方をさせていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを投稿する