オルタナティブ・ブログ > ビジネスを楽しく!熱く! 『デラマンチャ・ビジネスラボ』 >

中堅IT会社の事業企画、経営企画、マーケ、営業、コンサル・・・雑多な経験とマルチタスクに翻弄される日々の徒然と気概をお届けします。

【ゆとり世代という「評価」は最悪の表現だと思う】思考は一般化することで停止する

»

皆様こんにちは。鈴与シンワート株式会社の正林です。

少し前になりますが、先日の竹内さんのブログ

● 自分のことを「社畜」と言うのはもうやめよう

これに激しく共感した私も言葉の持つ力に関して思うところを少し。

「社蓄」(※ふざけた言葉です)であるとか「ゆとり世代」、「リア充」こういったひとつの傾向、事象、属性などの言葉は、ある意味その包括表現で全体としての意味合い、雰囲気の概要を伝えるにあたって端的に主旨、意図するところを伝えるに有効な言葉だと思います。

私も時折この手の言葉を利用してしまうわけですが。
しかしながら、こういった言葉を使うことで事象は一般化されて対象の個に対しての考察を得てして奪うものになりかねない。

例えば、ビジネスのシーンにおいても、あらゆるところで耳にする「ゆとり世代」などはこの最悪の例だと感じるのです。

「ここ数年、ゆとり世代が社会に出てくることになる」
「ゆとり世代は、仕事に対する姿勢に問題がある」
「ゆとり世代は○○なスキルに欠ける」

対象の本人が利用する場合、その包括した意味合いの中で自分という個を比較して表現する手段として有効なものだと思う。
当ブロガーでも村田じゅんじゅんのブログは、示唆に満ちたすばらしいものだと思います。

しかし、こういう言葉を周りの人間が総じた評価や見解として使うのは最悪だと思います。そして先の表現は彼らの個を見ようとしてない、ということを宣言しているようなものだという理解しかできないのです。

「ゆとり世代は、仕事に対する姿勢に問題がある」

という言葉をひとつ取り上げてみても、上司がいればそれは「ゆとり世代」という言葉に、対象の問題を押し付けて「何が問題であるか」ということを考察することや自らの指導方法や人間関係の構築についての反省をすら放棄している、と感じます。
こういった発言をする方に私は言いたい。それではこの世代の人間は、

「未来永劫社会の中で活躍することは無いのか?」
「それほどゆとり世代で無い自分にアドバンテージがあるのか?」
「彼らにこの、便利な言葉のレッテルが無くても同じことを言うのか?」

総論としての表現であっても、目の前にいる個人を想定してこの言葉を使うのはすでに、個として向き合ったときに「諦め」や「言い訳」の宣言であり、「対等な人間関係の構築」のために「彼、彼女らと向き合うことを放棄している」としか感じられない。

いい加減にせよ。

自らに、真剣な努力や考察なくして言葉に逃げるのは「能力が無い」ことを触れ回っているのと同義なのだから。
言葉に逃げることは、もっと具体的に言えば「ゆとり世代だから」ということは、それ以上の深い考察や思考を停止してしまっていることに他ならない、諦めの宣言。
あなたのこのモチベーションは、感情として彼、彼女等に確実に伝わる訳で「期待の無い状況」は高い意識や努力を促す気力を奪うだろうと考えるのです。

言霊。一般化した言葉ではられたレッテルは、個人の意識の深いところに根付いてしまう。いずれ自らの言い訳として使いかねない。

目の前の個人に向き合って、不足するスキルや改善すべきことは、自らにその手法、やり方、原因をが無いか考察することがまず必要な礼儀であり姿勢だと考えるのです。

一般論に逃げるのは簡単であるけれど、そこに何の生産性もない。まずは自己批判せよ、そう強く思うのです。

<了>

-正林 俊介-



Comment(3)

コメント

正林さん、引用ありがとうございます。

世代感は、時代の流れを俯瞰的に把握するためには有効ですね。

一方、「個」には一人ひとり個性があります。目の前の仲間と接するときには「個」を観察し、それぞれに合わせた対応が必要だと思っています。それを引き出すのが上司の役割で、その集合が、最終的に組織の雰囲気になるのかなぁと。

「ゆとり世代」・・・ご本人がそれを選んだわけではないのですよね。周りの大人たちが勝手にそうしたこと。それを棚に上げて、若い世代をひとくくりで批判するのは性に合いません。ぶっとばします。

あとり

その前の「ロスジェネ世代・氷河期世代」の絶望的な響きに比べれば、まだ語感はマシな気も。
だいたい、ゆとり批判の内容は伝統的な「最近の若いモンは」と大して変わりません。
変わったのは、「若いモン」の数が減ったことと、
もう若くない人もまだ社会で「若いモン」扱いされるし本人も若いつもりでいるので、
本当に若い世代をあらわすカテゴリが必要になっただけのことです。

竹内さん>こちらこそ気持ちよくリンク承認いただきありがとうございます。
仰るとおり、一般的な社会変遷に関して利用するには便利だし個に注目するための言葉ではないので分かりやすい表現ですね。
ただ、それを個に向かい合ったときに使ってしまうとそれ以上何も言えないですよね。特にそう評価された側は。反駁しても「ゆとり世代だから」「ゆとり世代の言うことは」なんて言われてしまえば話にもならない訳ですから。
やはり私も「ぶっ飛ばす」派です(笑)

あとり様>コメントありがとうございます。
「ゆとり・・・」が、今までの言葉とニュアンスとして異なると感じるのは「氷河期・・・」は「受け入れる社会・経済環境」によって定義されているような印象を受けるのに対して、その世代の「基礎能力を評価」している印象を受ける点でしょうか。

いずれにしても、時勢や社会的な背景を踏まえてマクロな捉え方をするには便利な言葉ですね。私も「氷河期世代」ど真ん中なわけですし、こんな文章を書くくらいですから。

コメントを投稿する