オルタナティブ・ブログ > 色々やってる社長のブログ >

我が国は現在、閉塞感が漂っているとよく言われていますが、実は、よく観察すると、新しいビジネスチャンスがあふれかえっています。それを見つけて、成功させるコツとヒントをご紹介します。

大阪ミナミ・心斎橋界隈の2000年と2020年の写真を比較公開!

»

ちょうど20世紀最後である2020年の夏、私はたまたま大阪ミナミ・心斎橋界隈のスナップ風景写真を撮影していた。ちょうどそれから20年、当時と同じレンズがまだ使えるので、同じカットの写真を撮影してみることにした。
20年の間に街はどのように変わったのか、あるいは変わっていないのかお楽しみ頂きたい。

<撮影機材>
〇2000年 Canon EOS3(35mmフィルムカメラ)/EF28-135mm F3.5-5.6
〇2020年 SONY α7Ⅲ+MC-11(マウントアダプター)/EF28-135mm F3.5-5.6

【心斎橋】
パルコに代わってH&Mが進出。
A-w.jpg

心斎橋筋アーケードのデザインが変更されている。
P-w.jpg


【周防町通】
洋館風の建物のデザインが変更されている。V-w.jpg


【御堂筋・周防町通交差点当たり】
空地空間での店舗展開があったが、今はNIKE店舗に。
S-w.jpg

恐竜の巨大ディスプレイも今はなく。
J-w.jpg

【道頓堀】
くいだおれ人形も並びの中座跡の商業施設に引っ越し。
U-w.jpg

中座跡。
D-w.jpg

路上で販売していたたこ焼き屋も撤収、移転(写真に写る隣の店ではない)。
E-w.jpg


【アメリカ村】
X-w.jpg

【西心斎橋 OPA】
R2-w.jpg

スタバの躍進。
B-w.jpg

OPAロゴの変更。
K-w.jpg


【御堂筋・長堀通交差点】
Konicaの看板が懐かしい。
Q-w.jpg

海老料理の中納言が退店。
O-w.jpg


【南船場(長堀通沿い)】
R-w.jpg


【千日前・裏通り】
風俗産業も変わり「のぞき部屋」は消滅?
C-w.jpg


【心斎橋筋商店街】
H&M、ユニクロ、ドトールの進出。
Y-w.jpg


【心斎橋】
時代の変化の象徴的な写真。
I-w.jpg

現在のファッションのトレンドである「ゆったり感」がちょうど戻ってきた感じ。
L-w.jpg


【御堂筋 そごう・大丸百貨店】
こちらも時代の変化の象徴的な写真。そごうは建て替え後閉店し今は大丸に。その大丸も主要外観及び1階のデザインは残して建て替え完了。
M-w.jpg


【御堂筋・長堀通交差点】
シャネルは移転。
T-w.jpg

美容整形外科は引き続き頑張っている。
Z-w.jpg


【戎橋】
時代は変わってもグリコは頑張る。
G-w.jpg

心斎橋商店街のアーケード内にも高い商業ビルが建った。
H-w.jpg


【道頓堀】
道頓堀川が観光施設として整備され、両サイドに遊歩道が誕生。
F-w.jpg


さて、これから先の20年、大阪・ミナミはどのような変化を見せてくれるであろうか。2040年、私は生きているのかどうだかよくわからないが、カメラを手に持つ元気があれば、もう一度撮影してみたいと思う。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する