オルタナティブ・ブログ > 色々やってる社長のブログ >

我が国は現在、閉塞感が漂っているとよく言われていますが、実は、よく観察すると、新しいビジネスチャンスがあふれかえっています。それを見つけて、成功させるコツとヒントをご紹介します。

思わずエンジェル投資したくなる良い起業家の条件

»

私は小規模ではあるがエンジェル投資を行っている。エンジェル投資を検討する際に最も重要なのはビジネスアイデアであるが、それだけでなく起業家個人の資質も同等程度考慮しなければならない。したがって、私はその起業家と真正面から対峙し、そのポテンシャルを見極めるよう心掛けている。
私は、この3年ほどの間に、メールだけのやり取りも入れたら100人以上の起業家と対峙してきた。本当にさまざまな起業家がいたが、中には私が思わず投資をしたくなる衝動に駆られた起業家も少なからずいた。そのような起業家達を後から分析してみると、だいたい一定の方向性がある。
そこで今回、その方向性を「思わずエンジェル投資したくなる良い起業家の条件」としてまとめてゆくことにしよう。

1.ビジネスを行う目的がはっきりしている
良い起業家は、そのビジネスを行う目的がはっきりしている。そのビジネスを展開することにより、顧客にどのような満足感を与えられるか・新しい生活スタイルを提案できるか、あるいは社会に貢献できるかなどを明確に持っている。いわばビジネスの「物語」の部分をちゃんと持っているのだ。おそらくこれがないと、周りに人が集まってこない。ビジネス展開に必要な人材を採用することも出来ないだろう。

2.日本語できっちり説明する
良い起業家は、ビジネスプラン等々を話す時、必要以外は英語単語を使わない。話下手であってもきっちりと普通の言葉で説明をする。往々にして、英語単語をやたら挟み込んで説明したがる起業家は、肝心なポイントを理解していないことが多くあまり信用できない。私は時として、「その英単語部分を日本語で説明してください」と依頼することがあるが、大抵の場合はしどろもどろになってしまう。

3.根拠をもって収支予測・売上予測をする
ビジネスプランには、収支予測・売上予測は必須だが、良い起業家の出してくるこれらの予測はなんらかの根拠を持って数字を出している。実際のところは、その根拠自体が不完全な場合も少なくないが、この時点で大事なのは、希望的観測ではなくなんらかの根拠から数字を導き出す姿勢である。エンジェル投資を検討する場合、起業家の夢のような数字を出してもらっても、判断材料にはならないのである。

4.出資金の利用方法と回収方法が明確である
良い起業家は、出資を受ける金額を他の資金と分離し、その利用方法と回収方法を明確にしている。エンジェル投資を検討する場合に一番困るのは、新しい事業と言いながら、よくよく聞いて行くと出資したお金は運転資金にまわしたいという魂胆を隠し持っているケースである。運転資金、つまり自分の食い扶持に使いたいということだ。このような起業家にエンジェル投資をすることは出来ないのである。

5.コストカットをつねに考えている
良い起業家は、出資を受ける前からどのようにすれば有効に資金を利用し、コストカットが可能かを考えている。その逆に、まずはスタイリッシュなオフィスビルに事務所を借りて......などと考えている起業家には、簡単に投資できないのである(なんらかの理由で、スタイリッシュなオフィスビルに事務所を借りる必要がある場合は別であるが)。

6.自分のすべてを掛けてビジネスに向かおうとしている
どのようなビジネスでも、そう簡単に成功するものはない。ビジネスを起業させて成功させるには、起業家自身のすべてを掛けてまなくてはならない。良い起業家は、もちろんそのような気概と強い意志を持ってビジネスに挑戦している。逆に、友達を誘って空いてる時間を利用しながら......などという起業家に投資は難しい。


以上、6つの条件を挙げた。要するに、こちらも大切な資金を投資するのであるから、並大抵のことではエンジェル投資を出来ないということである。
逆に起業家からみれば、上記の条件を満たしていれば、向こうから勝手に資金がやってくるかもしれない。お金とは時として不思議なものである。

これらの条件が、すべての起業家、スタートアップ企業の参考になれば幸いである。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する