オルタナティブ・ブログ > Godspeedな生活 >

地方都市のおじさんが思う「家族と仕事とお勉強のワークライフバランス」

長男の証言:ケロちゃんの出生の秘密 ~バムとケロのおかいもの~

»

 新作『バムとケロのもりのこや』からすっかりハマってしまったバムケロシリーズ。

 これまで、
 ・ 『ぶーちゃんとおにいちゃん』で、バムとケロ探し
 ・ 『バムとケロのおかいもの』で復習してみる ~『バムとケロのもりのこや』~
 ・ 12年ぶり?! 新作『バムとケロのもりのこや』

 として、ブログでも書いてきた。

 隠れキャラ満載のため、関連するガラゴシリーズも再チェックしてみた。

 『かばんうりのガラゴ』では、序盤冒頭から「ぶよぶよのこいぬ」に出会う。このこいぬは、果たして『ぶーちゃんとおにいちゃん』のぶーちゃんなのだろうか?顔はよく似ているが、会話のなかで「ひとりっこ」と話している。ぶーちゃんには、おにいちゃんがいるので、ぶーちゃんではない可能性が高い。さらに、この「ぶよぶよのこいぬ」のしっぽに注目する。このこいぬのしっぽは「白」である。ぶーちゃんのしっぽは、先っちょが黒であり、身体的特徴からもこの「ぶよぶよのこいぬ」がぶーちゃんである可能性はさらに低くなる。

 中盤では、黄色いギョロ目のカエルが登場する。「そうか、ここでケロちゃんとガラゴが出会うのかぁ」と思っていた。すると、長男が突然言い出した。

 長男:「ケロちゃんはねぇ、このオタマジャクシだよ!」

 いやぁ~、子供の発想はすばらしい!と、うんうんとうなずきながら

 私:「そうかもしれないねぇ~」

 と受け流したところ、ちゃんと証拠があると言い出したのである。まさに、衝撃的な証言である。

 まず、このカエルだが、鞄屋さんであるガラゴに対して、子供達を連れて歩ける鞄が欲しいと頼む。その中の一匹だけが、ガラゴを気に入ってしまい、以降、ガラゴと共に行動している。第一の理由は、これだというのだ。
 よ~くみると、鞄を手に入れたこのカエルが着ているチョッキには、「KM」のイニシャルがある。これは、Kero's Mother の略かもしれない。

 そして、決定的な証拠は、別の絵本にあるというのだ!

 『バムとケロのおかいもの』の冒頭、ケロちゃんだけが早起きするシーンがある。部屋の本棚の下段に写真立てがある。その写真は、なんと、ガラゴとスイカの水槽(?)から飛び跳ねるオタマジャクシが映っている。つまり、この写真は、ケロちゃんの子供の頃の写真だというのだ!これが、第二の理由である。

 バムとケロシリーズのケロちゃんは、わがままでマイペースで頑固ないたずらっ子であり、オタマジャクシから大きくなったばかりと考えるのが妥当だ。

 す、すごい!子供ってすごい!よく見てる!と、妻に報告してみたところ、

 「そんなの、3人(妻/長男/長女)で見つけたんだよねぇ~♪」

 だそうだ・・・

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する