オルタナティブ・ブログ > "エリック松永の道場破り" >

-エリック松永は英語道場だけじゃない!!-

MDウォークマンの終了で僕らが失ったもの

»

2011年9月、SONY最後のMDウォークマンが国内から姿を消します。iPodの登場からハードディスクに音楽をコピーするのが当たり前になり、さらにクラウドというネットワークの向こうに音楽データを置いて様々なデバイスで楽しむような時代になってきました。

 

今回、ソニーのMD終了のニュースに「MDなんか、まだあったのか!」と、ちょっと馬鹿にしたように笑った瞬間、僕は酷い頭痛に襲われてしまいました。遠くなってくる意識。

 

気が付くと、そこは1980年。僕が中学生の時代でした。

 

レコードが一枚3800円。輸入版は2000円代で買えるのですが、材質が悪くぺらっぺら。やはり国内版を買うのが一般的でした。レコードは、当時のお小遣いでは大変高価な買い物であったにもかかわらず、針をレコード板に落して再生するため、いったん傷をつけてしまったら、大変なことです。レコードをかける前にも高価なスプレーをして綺麗にした後で、息を殺して針をのせる。その瞬間の緊張感とワクワク感。すっかり忘れていました。

 

今、音楽データをワンクリックでコピーしている世代には絶対にわからない感覚でしょう。

 

当時、レコードはカセットテープという磁気テープにコピーして楽しむ人も多かった。レコードが消耗してしまうという恐怖もありましたから。

 

レコードは高価だったので、僕らの音楽情報はもっぱらラジオからテープへの録音でした。僕は、土曜日学校が終わると午後2時から始まる“ダイヤトーン ポップスBEST10”を聴くのが最高の楽しみでした。全米のヒット局を無料で聴くことが出来るなんて、なんて素晴らしい!1曲、1曲をテープにポーズボタンを操作しながら録音したものでした。

 

友人のさんちゃんが、僕のところに物凄く興奮した顔で駆け込んできました。

 

「エリック!!す、す、す、凄いんだ!」

 

「レコードを300円で貸してくれる店が出来た。皆で、がんがん借りて、テープに録音しまくろうぜ!!」

 

咲さん、僕は知っていたのです。このレコードのレンタルから、僕らはレコードの中の世界の魅力をどんどん失っていくことを、そして今後アーティスト達がこのコピー文化のために苦しんで行く事を。

 

1982年になりレコードという再生の度に板を消耗するメディアから、CD(コンパクトディスク)と呼ばれるデジタルデータを記録し、再生するメディアが登場しました。CDの登場で、何度再生しても、元の音源が消耗することのない永遠の命としてレコードが進化したのです。1986年には販売枚数でレコードはCDに追い抜かれ、レコードは急激に存在感を失うことになりました。

 

CDがレンタルされることによって、音楽はコピーしてあたりまえ、いや、コピーしなきゃ損のような論調になyってきました。そんな中、コピーを記録する革新的な技術として登場したのがMD(Mini Disk)です。デジタルデータをディスクに記録するという信じられないような技術は、僕らの度肝を抜きました。本当に、びっくりした。

 

その後、CD-Rの登場で、CDの完全コピーが簡単に出来るようになり、iPodの登場でハードディスクという機器に内蔵されたものに記憶したりと、コピー、コピー、コピーの時代になってきたのです。

 

2010年、カセットウォークマンの生産が終了し、今年2011年、MDウィークマンの国内生産が終了されます。

 

音楽を記録する媒体の進化と共に、どんどん、簡単に入手できる音楽データ。そう、音楽は、“データ”になってしまった。

 

咲さん、僕らがなけなしの小遣いで買ったレコード。大切に、大切にしていたレコード。それは、決してデータではなかった。僕らの大切な宝物だったのです。時代と共に消耗品となっていく音楽。そんな流れのなかで、僕らは幸せになったのでしょうか?

 

「しぇんしぇ~!あの時代に戻るぜよ!」頭の中から聞いたことのある声、そして激しい頭痛が。

 

気がつくと、僕はiPhone、iPadが置いてある現在の部屋に。僕のCDデータは、全てパソコンの中にあります。

僕は、もう再生するプレイヤーのないレコードを手に呆然と立ちすくんでいました。

 

そして、レコードに針を落す瞬間の緊張感を、ワクワクを感じられない自分に、どこか哀しくなりました。

 

僕らは、あまりに大きなものを失ってしまったのではないでしょうか?

 

(続く)

Comment(5)

コメント

もと

MDが登場したあの頃、再生中のMDのあまりの熱さとポータブルプレーヤーのあまりの
再生時間の短さに驚き、DCCを買ってしまいました…

私は今でもレコードをちゃんと聴けますし、3ヘッドのカセットデッキもあります!
でも、MDはバッテリーが死んだMDウォークマンがあるだけで、先日やばいと思って、大事な曲はアナログでコピーしておきました。。
レコードは今でも私の宝物ですねぇ!

ラジオ〜緊張のポーズボタン〜テープ録音〜レコードのワクワク感
〜300円でレコードレンタル!〜CD〜MD〜CD-R〜データ
イターイほど良くわかります!!

こんな状況の中で音楽関係の会社を立ち上げてしまいました
自社RECスタジオも世田谷の等々力に9月には完成予定です
エリックさん 何かの時は使ってやって下さい
宜しくお願いします。

こん××は。妹尾です。
「ダーィヤットーン!ポゥップスベストテン!」
キー違うかもしれませんが、レー↓ド↓ラー ラッ・↑ドッ・↑レッってジングルでしたね。
自分はミーハーだったので、その前の
「コーセーけっしょう~ひん、かようベストテン」
(ソーミーミ・ラーミー、レファラド・ドシ)も聞いてました。
友達はレンタルレコードが登場した時、早速利用してましたが、自分はそれこそ、自分の家が自分で針を落とさなきゃいけないプレーヤーで自信がなく傷つけそうで、そしたら返って弁償させられそうだ、とか、まだ著作権云々の件が片付いてなかったので、なんとなく利用を敬遠してました。
今や、中身よりも、物そのものを手に入れさせるだけで良い的なビジネスもあったりしますもんね、寂しいもんです。
ちなみに、MDは可聴範囲以外の周波数を削って圧縮するって言うんで元の音源と比べると何か音質が変わった感じに聞こえてしまい苦手でした。特別自分の耳が良いとは思えないのですが。MP3なんて、自分の場合160k圧縮で十分事足りるぐらいなのですが(爆)

データになってしまったのは、
演奏面でもそうですね。

まっさきにドンカマの影響を受けて、
食えなくなったのがドラマーでした。orz

コメントを投稿する