オルタナティブ・ブログ > ITは手段、エコは目的 >

日本を環境立国にするために、ITベンチャーを飛び出して起業しました。

[レビュー]Xperia の新作を見てきたよ!

»

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社からの案内で、NTTドコモ向けスマートフォンXperiaシリーズの新作、Xperia NX とXperia acro HD の発表会に参加してきました。地方での活動が中心だとやはりNTTドコモの繋がるエリアが広いですし、通信障害やspモードの不具合でいろいろと問題が起きているとはいえ、田舎での信頼度はまだまだ高いです。


Dsc_1414


Xperia NX SO-02D はグローバルモデル Xperia S の日本版で、フラッグシップならではの高級感とハイスペックさが売りです。1.5GHzデュアルコアCPUや4.3インチHD液晶など、一昔前なら高級PCに搭載されていたような基本要件で、私の持っている初代Xperia SO-01Bと比べても動きのサクサク感は歴然としています。現状はAndroid2.3ですが、Android4.0にも対応する予定となっています。


Dsc_1419_2


Xperia acro HD SO-03DはこのXperia Sを国内市場向けに機能追加したもので、おサイフケータイやワンセグ、PlayStationなどに対応しています。驚いたのはHD画質でビデオやゲームが楽しめるところで、普通にテレビに繋げると高画質でくっきりとした映像が観られます。

Dsc_1416


Dsc_1421_2


惜しむらくはNTTドコモのLTEサービス Xiに非対応なこと。せっかく早い通信速度に対応したスペックやテザリングなどの機能を持っていながら、LTEを体験できないのはやっぱりもったいないです。とはいえ、Xiが岡山の田舎にサービスインするのは数年先になりそうだから個人的にはあまり関係ないのですが。。


いずれにしろ、ソニーのブランドでこのようなスマートフォンを展開する意味について改めて理解することができました。つまりテレビやHDレコーダやゲーム機など、既存の商品ラインナップにスマートフォンを統合していく形で、リモコンやコントローラーの機能を付与していくわけですね。家電のハブとしてのスマートフォン、これによってPCがないお宅にも普及させていく戦略なのでしょうか。ガジェット好きは楽しくなりそうです。


一応、SO-01Bの2年縛りが5月まであるのと、LTE対応のXperia ion が発売されるまでは待ってみようかと考えていますが、スペック的にはXperia NXの方が上のようなので、おサイフケータイもワンセグも要らない人はいち早く手にしてみても良いかもしれません。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する