オルタナティブ・ブログ > 代替案のある生活 >

ITの技術や方向性考え方について別の選択肢を追求します

父に買ってもらったレインコートを、いまだに着ている

»

けさ、ついに冬着の中からレインコートを出して、袖を通した。あさ、家のドアを開けると、冷たい空気が流れてきた。息が白かった。
 
私のレインコートは、ステンカラーでメーカー名は書いていない。綿 100% で、カーキ色とオリーブ色の中間のような色をしている。

このコートは、なんと、私が新入社員で会社に入るとき、父から買ってもらったものだ。それから四半世紀、冬になると着ていたのに、全然型くずれもしないし、肘も出てこないし、ボタンひとつ取れない。

さすがに、袖口が少しほころんでいるが、それだけ。体型も変わったのに、なぜかいつもちゃんと着ることができる。
長持ちしていて、他に買う必要もないので買わない。デザインとか、最新の流行なんて、私は追いかけるタイプでもないので、そのまま毎年着るだけ。愛着があるのか、というと、どうだろう。

自分の持っている品物の中で、こんなふうにずーっと長持ちしている物がある。高校の時から使っている、じゃがいもの皮むき器もあるなあ。カレーを作るときに便利なのだ。今晩はカレーライスがいいなあ。
 

Comment(7)

コメント

高橋さん、こんにちは。
私も中学2年生の誕生日プレゼントでもらったペン立てを今も愛用して会社で使っています。

高校受験用に買ってもらった腕時計は、電池交換の費用がかさむしで5年位前に引退して飾りになっているのは少し残念です。

>それから四半世紀、冬になると着ていたのに、
>全然型くずれもしないし、肘も出てこないし、
>ボタンひとつ取れない。

イイ話やなあ。
あと30年はいけますよ~。

物にも命があるのではと思うのは変でしょうか。

わたしも、高校時代に兄から譲り受けたジャンパーを20年以上着ています。
これまで、たくさんの服を捨ててきましたが、譲り受けたジャンパーはなんだか捨てられません。

坂本さん、JRX さん、佐川さん、タケウチさん、コメントありがとうございます。
 
長い年月同じ物を使うって、物を使い捨てするよりはいい習慣ですよね。でも使い捨て型消費経済の方が、ぐるぐるとお金が循環して、経済効果が高く見えます。
 
PCや携帯電話がそうですね。最近、携帯の電池がすぐなくなるようになってしまったので、残念ながら新しい携帯を買うことにしました。PCはさすがに捨てられませんが、全部数えたら、8 台持ってますね。残念だなあ。

> 全部数えたら、8 台持ってますね。残念だなあ。

そりゃあ残念ですね。。。
もしご不要のものがありましたら、気が向いた折にお譲りください。孤児や障害児のリテラシー教育支援に活用させていただきます。

以下のサイトは、
小生と直接関係のある団体ではないですが、
アメリカにはこのような組織も存在します。

http://www.cforat.org/
We do this so children with disabilities can succeed in school, adults with disabilities can find (and keep) jobs
and all people with disabilities can use the internet, email and benefit from the digital revolution.

ちなみに、8台のうち、5台は現役です。いまでも使っています。買いすぎかなあ〜。

コメントを投稿する