オルタナティブ・ブログ > 代替案のある生活 >

ITの技術や方向性考え方について別の選択肢を追求します

「高橋徹」さんはいらっしゃいませんか?

»

当たり前の話だが、自分の名前は親が最初につけて、普通、一生変えない(結婚した場合は、姓が変わりますが)。私も変えるつもりはないのだが、私の名前「高橋徹」というのは、実に普通の名前なので、たいへんに多く、普通では考えられない問題がおきたりする。

ウィキペディアですら、4名の高橋徹さんが出てくる。福岡ソフトバンクの選手、レーシング・ドライバー、NHKのアナウンサー、ナムコのディレクターの方もいる。Googleで調べると、今日現在、194,000件の検索結果となる。御巣高山にJAL123便が墜落し、520名の方がなくなったときも、高橋徹さんがいた。ニュース速報が午前4時ごろにテレビででたとき、20秒後ぐらいに両親から電話がかかって来て起こされた記憶がある。

またIT系では、インターネットの日本の黎明期に日本インターネット協会の会長だった高橋徹氏などが、著名人だ。

さて、私が担当している製品のひとつ、Sun Java System Identity Manager は内部統制などに必須のソリューション、アイデンティティ管理の中核製品だ。この競合製品としては、IBMさんの Tivoli が上げられる。

この Tivoli をご担当されているのが、IBM の高橋徹さんだ。こういった業界では、競合製品の担当者同士は、実はコミュニケーションがあったりする。なので、メールをお送りするときは、こんな感じだ。

日本アイ・ビー・エム 高橋徹様、

お世話になっております。
サン・マイクロシステムズの高橋徹です。。。。。

以前は私もIBMにいて、DB2を担当していたので、高橋徹はDB2からTivoliへ移動になったと思っている方もいるだろう。サンの社内では、高橋徹は IBM とサンで、

 

「二束のわらじを履いているのではないか。」

 

ともっぱらのうわさだ (うそ)。

と、言うことで。このブログを読まれている「高橋徹」さん、いらっしゃいましたら、コメントをどうぞ。

ちなみに私の妹は「高橋洋子」です(笑)。あ、正しくは結婚したので 「でした」 ですけど。

Comment(33)

コメント

hifujii

そういえば私の義兄も高橋徹でした。どうも身近な気がすると思ったら。。
私がボーランドに入社した当時は、Delphi担当の藤井が偶然にも3人いて、「Delphiの藤井さんお願いします」といわれると、「3人いるんですが、下の名前は分かりますか?」と、いったいどんな大きな会社だい、というようなやりとりがありました。ちなみに藤井一族とは関係ありません。

こんばんは。せのおです。

自分の場合、珍しい名字(?→本人はそう思っても無いのですが)なので、名字そのものも同じ人になかなか出会うことがありませんが、多い名字の人であっても、その名字に対しての組合せとして同じ名前の方、というのは非常に高い確率であるような気がしています。

かつて自分が出会った人や名前を知った人で多かった組合せは「阿部」に「薫」、「佐々木」に「誠(もしくは真)」、直接に関わらず、それぞれ4~5名ぐらい知っています。あともう一組あったんだけどなぁ・・・。

ちなみに「高橋洋子」さんって『残酷な天使のテーゼ』の「高橋洋子」さんを指してますよね?自分はその曲で有名になるずっと前の『Woman's Love』や『ブルーの翼』が好きでした。余談ですが。

hifujiiさん、せのおさん、コメントありがとうございます。
 
弊社にFujiiという名字の人が何人いるか、ディレクトリを見てみたら、5名(日本 3 名、米国 2 名)でした。米国のふたりは、日系人の「Fujii」さんと結婚した人のようで、ひとりはインド系、もうひとりは中国系のひとのようです。

さすがに弊社には「せのう」さんはひとりもおりません。
 
高橋洋子さんには、ご指摘の歌手のひと以外にも、女優の高橋洋子さんと巴組の女性格闘家の高橋洋子さんがいるようです。

なるほど、Tivoliの高橋徹さんと同姓同名だなー、とは思っていましたが、直接そういうメールのやりとりがあると面白いというか微妙というか、ですね。
私は、幸か不幸か今のところ同姓同名には出会ったことがありませんです。

磯島さん、コメントありがとうございます。
 
「大」と書いて、「ひろし」と読むのでしたね。磯島という名前も多くはなさそうですね。
 
(個人的連絡)磯島さんって、生物教室だったの?まだ千浦先生、いるみたいだね。(個人的連絡終わり)

日航ジャンボ墜落につきまして

日航ジャンボ墜落につきまして
中性子爆弾を受けて垂直落下したものです。

高橋 徹

初めまして、大阪在住の「高橋 徹」です。自営業で広告・看板業を営んでいます、 同姓同名全国にはたくさんいるんですね。
驚きです^^ 昔姓名判断で観てもらったときに、「いい名前ですね」って誉められたことを覚えています。
去年の夏頃に、大阪の難波にあるラウンジで、隣に付いたホステスに「お名刺ください」と言われ、差し出すと「えっーお客さんで同じ名前の人がいる」と言って大変驚いてました、
その「高橋 徹」さんは、音楽家の方で、かなり有名な方のようで、なんとなく複雑な気持ちになりました。
また、なにか変わったことがあれば、ご報告します。

高橋 徹さん、こんにちは。高橋徹です(笑)。
 
「高橋」という苗字自体が現在、日本第三位ぐらいだそうで。トオルという名前も多いようです。トオルというと、平安時代の初め頃、嵯峨天皇の子供で、嵯峨源氏の融流初代「源融(みなもとのとおる)」がいますね。能の「融」や地歌の「融」として残っている人です。ようするにけっこう古い名前でもあるわけです。
 
昔、椎名会という会があったようで、作家の椎名誠さん、日本IBMの椎名武雄さん、政治家で椎名悦三郎氏の次男の椎名素夫(故人)などが世話人をされていたようです。それを真似て「高橋徹の会」というのを想像してみたのですが、懇親会をすると、名簿が全員「高橋徹」だし、名札も全員「高橋徹」だとたいへんなことになるだろうな~、と。
 
音楽家の方って、JAZZドラムスの高橋徹さんかな?大学や研究機関の方はWebに自分の成果を載せるので、Googleで検索するとたくさん出てきますよ。

高橋 徹

ほんとですね!高橋徹の会は大変なことになりますね。
僕の言ってる「高橋 徹」さんは、大阪音大で教授をされている、指揮者の方だと聞きました、
実際お会いしたことがないんですが。
食べ歩きがご趣味のようですね、全国行かれてるんですか?
僕も仕事で全国廻ってますがあまり時間がないので、各地の名物にありつけることはまずないです。
大阪は来られたことありますか? 僕が住んでる処は、焼き肉で有名な「鶴橋」の近くです、またこちらに来られるようなことがあれば、ご案内いたします。

大阪の高橋徹さん。
へえー。指揮者もいるんですね。なんか、日本中の高橋徹さんが、自分の土地の、自分の持ち場でいまもがんばってるだ、なぁんて、いいなぁ。
だから、きっとNHKの高橋徹さんも反省しているのだろうけど、悪いことで、世間に名前が知られることのないよう、注意しましょうよ。自戒、自戒。
 
あ、私1986年87年と大阪府の高槻市に住んでました。2年間の大阪府民です。「高槻」って、大阪の北の、ほれ、京都の向こうやろ。ってジョークがあったとか??
 
食べ歩き、好きですねぇ。子供に恵まれなかったのを幸い(??)、かみさんとふたりで食べまくってかかりつけのお医者さんに、厳しく怒られています。いままでの大正解は、清水の舞台から飛びおりて(うそ)行った、サッポロの「さっぽろジンギスカン(お店の名前)」です!!場所はすすき野の裏通りのプレハブの2階!!

高橋 徹

またまた仕事で出張が始まります、来週は四国の丸亀に行きその後、広島の西条にいって静岡の清水と、大阪にはいません!
看板業界はどこでも行かされます。 
徹さんはお盆休み取れるのですか? 私は13・14日位です。

> 看板業界はどこでも行かされます。
へーっ、そうなんですね。私は性格がよじれているので、出張は大の苦手ですが、他の土地に行くのは大好きです。丸亀、行ってみたいな。
 
お盆休みですが、まったく取れない年もありますが、今年は強引に13日の週一週間休みます。つまり10日金曜日の夜から、19日日曜日まで。かみさんのいなか、仙台市の隣、多賀城市という街で義父の墓参りなどして、一週間体を休めたいと思っています。

高橋徹

はじめまして。宮城県出身東京在住の高橋徹です。
脳内メーカーと検索が連動したサイトでこちらを発見しました。

本当同姓同名多いですよねー。
私の場合、高校受験の時、地方新聞が合格者の名前を載せていたのですが、私は落ちたのに別の高橋徹さんが合格したらしく、その新聞を見た人たちからのお祝いの連絡を受けたというあまり喜ばしくない記憶があります。

ちなみに私の母は高橋洋子です^^。

高橋徹さん、こんにちは。高橋徹です。
ほんと、同姓同名が多いのは、うれしいというか、なんというか。一時期、弊社に別の高橋徹氏がいらしたのですが、退職されてから、なぜか、キャバレーのおねーちゃんからメールが来る様になって「どうしよう」かと思ってます。私、行った事ないので・・・・。

> ちなみに私の母は高橋洋子です^^。
おおっ!面白すぎです(爆

高橋徹です

同姓同名が意外と多いのは知っていましたが、生年月日も同じ方がいらっしゃるのを知り2度びっくりしました。
ちなみに7月24日です。

私の名前もありふれているので、いい感じにインターネット上での行動が「にじんで」くれてます。
また、字が違うけど同じサカモトヒデキが会社の寮に2人いたことがありまして、個人情報が錯綜しそうで怖かったです。
クレジットカードの名寄せは、カタカナ氏名、住所、電話番号、生年月日とかぐらいが多かったので、生年月日まで同じだと同じ人とみられかねないところでした。間違って電話をうけたりとかもありましたが.....。

高橋徹さん、こんにちは。高橋徹です。
> 生年月日まで同じ方
生年月日がいっしょだと、星座占い、生命占いとも同じなので、同じような運命を歩んで入るんでしょうか?これで血液型がいっしょだと、どうなるんだ?
私は7月16日なので、星座もいっしょのかに座ですね。

なお、全国の高橋徹様、以前、NHKのアナウンサーの高橋徹さんは、つまらない不祥事を起こされてしまいました。彼を責めるつもりはありません。男だから。でも、お互いのため、自重しましょう。ニュースに載った翌朝、みんなから、「この、スケベオヤジ!」と言われませんでしたか?あれ、わたしだけ?私個人の性格の問題?

坂本英樹さん、コメントありがとうございます。
おお。坂本さんもそうですか。
でも、威張っちゃいますが(すみません)、高橋徹をGoogleで引くと、今日現在(4月13日)119,000 件の検索結果があります。けっこう多いでしょう。ちなみに私の妹の名前、旧姓ですが、高橋洋子を検索すると、420,000件あり、これは、歌手の高橋洋子さんの影響が高いと思われます。
高橋徹は、有名人がいない割に(NHKの高橋徹さんが、一番有名?)、検索数が多いのですね。

始めまして。
Googleで検索していたら、ここに辿り着きました。
元レーサーの「高橋徹」彼が事故でなくなった時は、
私の同級生の間で、私の事だと思った人が数人いたようです。
NHKのアナウンサーの時も・・・(TへT)

「高橋」姓が多い割りには、有名人が少なく
平凡な苗字としか認識されません。
(地元の岐阜県民では「高橋尚子」さんぐらいでしょうか・・・)

鈴木、田中、中村・・・に次いで4番目の多さ(諸説有り)だそうですし、「徹」もさほど珍しい名前でも有りません。

それでも、「高橋徹」という文字の面構え、音(おん)などが好きです。
(高橋徹は、皆ナルシスト・・・?)

意外に、「高橋」姓の人が回りに少なく、ましてや同姓同名の方とは会った事が有りませんが、こうして「顔」が見えると不思議な感じがします。

高橋徹さん、こんにちは。高橋徹です。
 
「高橋」という名前、母音の「あ」が三回も続き、明るい感じ、前に押し出す感じがあります。「し」とか「しゅ」いう音には、信頼感や好感度があります。たとえば、サッカーの中村俊輔みたいに。だから、名字として、「高橋」は音が良いんだと思います。

徹は、山咲トオルとか中村トオルとか、なんとなくナルシスティックな俳優・タレントが多く、おっしゃるように、高橋徹はナルシストの気配がありますね。
 
最近は、Google で高橋徹を検索すると、このページが一ページ目に入るようになりました。それで、継続したアクセスをいただいているようです。

ゆきち

それをいったら韓国や中国なんて、すごいことになっているみたいですよ。

ゆきちさん、コメントありがとうございます。
> 韓国や中国なんて、すごいことに・・・・
今週、月曜火曜と米国ロサンジェルスの弊社サン・マイクロシステムズのオフィスから、台湾系アメリカ人の James Lee という人が来日して、二日間いっしょに仕事をしました。彼がいうには、弊社サン・マイクロシステムズには James Lee は 6 人いるそうです。James Lee さんたちは、ミドルネームで区別しているようです。
 
高橋徹としては、高橋信濃守徹(長野生まれなので)にするとか。あ、でも長野生まれの高橋徹も多いので、やはりミドルネームですね。私の家は代々商人で、「平助」を名乗っていたので、高橋平助徹でしょうかね。スケベーとか、言わないように!

高橋徹の母

はじめまして。Googleの検索から、こちらにお邪魔しました。

息子は、小学校2年です。
徹は、いくつかの候補の中から字画が良いのと、生まれてきた子の顔を見て、主人が決定しました。
まだまだ、かわいいところもありますが、かなり、頑固で、意地っ張りな子です(^_^.)

子供の年代に『徹』は、少ない名前のようです。
でも、同級生のお父さんの学生時代、同じクラスに同姓同名の人がいた、とか、市立図書館に行ったら、『さっき、同姓同名の方がみえた(年齢は、ずっと上)』と、言われたり、同姓同名の方は、多いだろう・・・と、感じていました。

以前、息子が『ドラムを習ってみたい』と、言ったことがありました。有名なJAZZドラマーに高橋徹さんがいらっしゃるとは・・・

まぁ、将来どんな職業に就こうとも、悪事で有名になる事だけはないように、見守って行こうと思います。

高橋徹君のお母様、こんにちは。高橋徹です。
 
名前って、流行があるので、今は「徹」って流行ってないというだけしょうね。
「とおる」という名前は、源融(みなもとのとおる:百人一首の河原左大臣!嵯峨天皇の子供です!)以来の、日本では由緒ある名前なのです。能や地唄にも「融(とおる)」というのがあるほどです。漢字は違いますが、日本語は「音(おと)」が大切なので、みんな仲間です。亨さんとか、透さんも仲間ですね。
 
日本中の高橋徹さんを代表して (おこがましいですけど)、高橋徹君を応援してますよ〜。

高橋徹

高橋徹さん、みなさん、はじめまして。
京都の高橋徹と申します。

学生時代にインターネット関係の研究をしていたのですが、10年ぐらい前はホームページの数も少なかったので、「高橋徹」のみで検索しても、東京インターネットの高橋さんに紛れ込みはするものの、自分のホームページもそれなりに上位でヒットしていたものでした。しかし今では他の有名な方々、箸にも棒にもかかりません。

高橋徹の同姓同名は本当に多いですね。まだ電話帳に名前を載せていた人が多かったころには、各区町村に5~10人ぐらいいてびっくりしたものです。

同姓同名が多い最大の原因は、全国三位の苗字人口に加えて字画が良いことが原因だと考えてます。

高橋徹会、面白そうですね!
私自身はニアミスで実際に他の高橋徹さんと知り合ったことはないのですが、それが一気に10人単位で集まると… どんな気分になるのでしょうね。

高橋徹さん、こんにちは。高橋徹です。

ほんと、高橋徹という名前、多いですね。この前もホテルに泊まるとき、フロントのひとに、
 
「高橋様、高橋徹様でお部屋をふたつご予約されているのですが、禁煙ですか喫煙ですか?」
 
と言われてしまいました。そのあと会社名も聞かれました。ちなみに私は禁煙です。 
 
高橋徹会って、面白そうですよね。せっかくだから指揮者の高橋徹さんとドラマーの高橋徹さんのセッションとか、マヤ文化研究家の高橋徹さんにご講演いただくとかね。古本業界で有名な月ノ輪書林の高橋徹さんにもご登壇いただくとか。
 
楽しそうですけど、司会の人がたいへんそうです(笑)。

高橋徹

お返事ありがとうございます、高橋徹さん。
京都の高橋徹です。

知人がWebを使った人物検索エンジンを作っていて、最近はSpyseeという一般公開サービスもやってたりするのですが、そこでは同姓同名問題が以前からの課題です。

名前を入れるとWebに公開されている情報からその人に関する情報や人脈を収集して表示してくれるサービスなのですが、「高橋徹」の区別が正確にできず、いつもちょっとつまらない思いをしてたりします。(苦笑)

それを区別するアルゴリズムを改善しているようなのですが、なかなかリリースして出てこないんですよね。高橋徹会を作って圧力かけたりすると面白いかも、なんて思いました。(笑)

京都の高橋徹さん、
 
名前は同じでも、我々高橋徹はひとりひとり別々の人生を、いままではほとんど干渉なく、過ごしてきたのです。こうやって、インターネットを通じて同じ名前の人とコミュニケションを取っていると、うれしさ、親近感と同時に、じゃあ、この、ここにいる高橋徹の存在って、なに、アイデンティティってなに、と、自問自答したくなりますね。これって、いいことじゃない、って、思います。

高橋徹

こんにちは。

こうして自分とは違う高橋徹さんのブログに出会い、そしてもっと複数の高橋徹さんの書き込みをみて、私もうれしさ、親近感を感じました。

しかし本当はまだ、Web上でのテキストという記号を介したやり取りなので、同じ名前の高橋徹さんとコミュニケーションしている意味というか、状況というのが、いまいちぴんと来ておらず、どういうことなのか飲み込めていません。(人生はじめての経験なので当り前といえば当たり前なのですが。)

「高橋徹」という記号を名前に持った人が日本に多数いることは知識として知っていました。そして別の「高橋徹」さんにネットで出会えることも知識と推測ですでにしっていました。そして実際に「高橋徹」さんとコミュニケーションしています。でも、今の段階では記号を通したやり取りで、知識の延長としての体験でしかないという感覚があります。

「高橋徹」というのは単なる記号か、といえば、もちろん私にとって「記号」という言葉では表現することのできない、私の人生の重要な一部、というか、私のアイデンティティに不可分な形で接続されている、「空気」以上の無意識的な存在であるといえます。無意識すぎて、かといって無意味というわけではなく、むしろ自分の人生の全てがそこに投影されていてもおかしくないような、そのような特殊な記号が、私にとっての「高橋徹」です。

そして、それと同じ感覚を、しかしまったく異なる人生をそこに投影可能と考えている、別の高橋徹さんが多数存在するわけです。この事実は、インターネット越しのテキストコミュニケーションでの体験からでは、知的好奇心はくすぐられたとしても、「別の高橋徹さんと出会って話をしているんだ」という事実そのものに対しては、それを正面からどう受け止めるべきなのか、どう解釈するべきなのか、過去の経験に照会しようとしても類似する経験が皆無なわけで、頭の中が白紙になり体が動かなくなってしまいます。

このような状況って、世界で初めて肖像画を描いてもらった人が自分の肖像がを見た時の状況、世界で初めてビデオを発明した人が自分の動く映像を見た時の状況、あるいは幼いころに生き別れた一卵性双生児の存在を大人になってはじめて知って、その双子の兄弟に出会った時の状況、などに似ているのかもしれません。(笑)

仮に数十人~百人規模「高橋徹」会ができたとして、そこに行ったとして私自身の「高橋徹」に何が起こるのか。面白そうでもありますし、怖くもあります。ただ一つ、関西人として確かなのは、「高橋徹」以外の人に対してこのネタはすざましくインパクトがあるだろうな、ということです。(笑)

高橋○○

うちの叔父が高橋徹です。これだけたくさんの高橋徹さんが存在するんですね。
そういえば、日航機墜落事故の時、父が慌てて電話をしていたのを思い出しました。叔父は神戸に住んでいますので、大阪・京都の高橋徹様、もし出会うことがありましたら、高橋徹会近畿支部でも立ち上げてみて下さい。

高橋徹

東京の高橋徹と申します。
いつかコメントしようと思ってたら、お亡くなりになったとのこと。お言葉を交わすことができず残念に思っています。
ご冥福をお祈りいたします。

うんざりします。私が出会ったのは、アメリカ文学の東京経済大学におられた高橋徹先生でした。私は、東京インターネットの社長でしたし、インターネット協会の副理事長です。

コメントを投稿する