オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

新型コロナウイルス感染症の影響でDevOps向けクラウドサービスの需要はさらに高まる ~IDC Japan調査

»

調査会社のIDC Japanは2020年5月20日、「2019年の国内DevOpsソフトウェア市場規模実績と2024年までの市場規模予測」を発表しました。

2019年の国内DevOpsソフトウェア市場(クラウドサービスを含む)は前年比成長率24.8%で270億4,300万円となり、高い成長率となっています。

IDCでは、2020年以降も企業におけるDevOpsの実践が拡大することでDevOpsソフトウェアへの投資も増加し、2019年~2024年の年間平均成長率は20.7%、2024年には693億5,200万円に達すると予測しています。

コメント 2020-05-21 221802.jpg

国内DevOpsソフトウェア市場予測、2019年~2024年
出所:IDC Japan

企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいく中でDevOpsの重要性が認識され、DevOpsを実践する企業が増加しているとしています。

DXを実現するためには多くのアプリケーションが必要とされ、アプリケーションの開発とデプロイメントの頻度がこれまで以上に多くなっていきます。そのため、DevOps実践企業はそれに対応すべく、CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)を中心としたアプリケーションライフサイクルを構築し、その最適化と自動化を図るためにDevOpsソフトウェアの導入と活用を進めているとしています。

DevOpsソフトウェアの中では、バージョン管理、CI/CD、テスト自動化、アプリケーションパフォーマンス管理への投資が優先して行われています。

これらの領域では特にクラウドサービスの活用が拡大しており、今後、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって在宅からの開発や運用を強いられた経験を踏まえ、リモートでもアプリケーションの開発と運用が行いやすいDevOps向けクラウドサービスに対する需要がさらに高まっていくと予測しています。

IDCでは、

DevOpsのプロセスや実践する環境、アプリケーションの用途を考慮し、パッケージソフトウェアとクラウドサービスの選択肢の中から自社のDevOpsプロセスに最適なDevOpsソフトウェアを導入していくことが重要である

と指摘しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する