オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

COVID-19の影響による企業のビジネスモデルや従業員の働き方の変化は、2021年以降のクラウド向けITサービス市場拡大の促進要因に

»

調査会社のIDC Japanは2020年5月18日 は、「国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場予測」を発表しました。

国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場は、クラウド向け、ビジネスアナリティクス(BA)向け、エンタープライズモビリティ向け、ソーシャルビジネス向けの4分野で構成されます。

各分野(分野間の重複を含む)の単純積み上げの総額で、2019年に1兆7,855億円に達したっしています。なお、本市場予測は、2020年3月末時点における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響および見通しを考慮したものとしています。

2019年の国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場は、4つの主要技術分野全てで2桁の高成長を遂げています。

IDCでは、2020年はいずれの分野においても新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)による影響を受け、前年比成長率が低下しますが、それでも2桁の成長率を維持し、2021年以降もデジタルトランスフォーメーション(DX)に関わる需要に牽引され、高成長を継続していくと予測しています。同市場は2019年~2024年の年間平均成長率26.1%で、2024年には5兆6,819億円に達すると予測します。

スクリーンショット 2020-05-18 20.58.07.png

出所:IDC Japan 国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場予測 2020.5

4分野の内、最大市場である、国内クラウド向けITサービス市場は2019年の支出額が前年比34.3%増の9,392億円でした。既存システムのクラウド移行や、マルチクラウドを含む統合的なマネージドクラウドサービスなどが成長を牽引しているとしています。

IDCでは、COVID-19の影響による企業のビジネスモデルや従業員の働き方の変化は、2021年以降のクラウド向けITサービス市場拡大の促進要因となり、同市場は2019年~2024年のCAGR 33.0%と、高い成長率を維持し、2024年には3兆9,145億円に達すると予測します。

IDCでは、COVID-19は、2021年以降における国内ITサービス市場における、第3のプラットフォーム向けへの移行を、より加速させる効果をもたらすであり、ITサービスベンダーはこれまで以上に迅速に、新たなサービスへの適応を進める必要がある、としています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する