オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

新型コロナウイルスの影響により、上場企業の業績下方修正は3兆999億超。製造業とサービス業で過半を占める (5/6時点)

»

帝国データバンクは2020年5月7日、「新型コロナウイルスの影響による上場企業の業績修正動向調査(2020年5月6日時点)」を公表しました。

「新型コロナウイルス」の影響を受けたとして業績予想の下方修正(連結、非連結)を発表した上場企業は5月6日までに累計375社(前回調査から49社増)となっています。

375社が下方修正をおこなったことで減少した売上高の合計は約3兆999億2500万円(前回調査から約1909億8900万円増)となっています。

3 新型コロナウイルス感染拡大に収束のメドがたたないなか、全国で関連倒産(5月7日15時時点、119件)も相次いでおり、影響の拡大が今後も懸念されるとしています。

出所:帝国データバンク 2020.5

製造業とサービス業で過半を占めています。中でも製造業は43%を超えています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する