オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

急成長するEnterprise SaaS市場、成長を後押しするのは、"Born-in-the-cloud software vendors"

»

米調査会社のSynergy Research Groupは2020年1月7日、Enterprise SaaS市場の調査結果を公表しました。

The Decade's Megatrends in Numbers ? Part 2:
SaaS Revenues Grow by $100 billion but Still Account for Only 23% of Total Software Market

本調査によると、過去10年間のエンタープライズIT市場は、SaaSの年間収益は現在1000億ドルを超え、年平均39%の成長を遂げています。

スクリーンショット 2020-01-09 5.36.50.png

出所:Synergy Research Group

対照的に、この期間のオンプレミスは、定期的なライセンスソフトウェアの成長率は年平均わずか4%にとどまっています。

エンタープライズソフトウェア市場全体は2019年には4500億ドルに近づき、SaaSのシェアは2009年の2%未満から23%に増加しています。

SaaSのシェアを牽引しているのは、Microsoftで、同社のソフトウェアの総収益はこの十年間で倍増して1000億ドルを超え、SaaSの収益はゼロから20ドルを超えるまでに成長しています。

Synergy Researchでは、第1~第3四半期の実際の支出額と第4四半期の予測に基づき、2019年のエンタープライズソフトウェアの世界市場は4450億ドルを超え、そのSaaSシェアは1010億ドルになると予測しています。

SaaSはすべての主要なソフトウェアアプリケーション分野に影響を与えていますが、最大のSaaSセグメントはコラボレーション、CRM、HCMで、コラボレーションとHCMの成長率が最も高くなっています。ERPはエンタープライズソフトウェア市場の大きなセグメントの1つだが、SaaSはまだそのセグメントではあまり明確な数値が出ていません。

Synergy Researchでは、企業が新たなボーン・イン・ザ・クラウドのソフトウェア・ベンダーの市場に参入したことも、SaaS市場を大きく後押ししたとしています。初期の頃はSalesforceがSaaSのシンボル的存在だったが、この10年間で、Workday、Zendesk、ServiceNow、Atlassian、Splunk、Cloudera、Carbonite、Tableauなど、多くの新しいSaaSベンダーが市場に参入しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する