オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

通信基地局の世界シェアトップはファーウェイ(中国)、モバイル用途の通信用半導体の世界シェアトップはクアルコム(米国)。日本メーカーは?

»

政府は2019年10月29日、「未来投資会議(第32回)」を開催しました。この中から、5Gの加速及びポスト5Gのあり方に関する基礎資料から、世界のシェアについてとりあげたいと思います。

通信基地局の世界シェアトップは、ファーウェイ(中国)がトップで30.9%、エリクソン(スウェーデン)が27.0%、ノキア(フィンランド)が21.9%と、トップ3社で世界の8割を占めています。

日本のメーカーは、NEC(日本)の0.8%、富士通(日本)0.7%にとどまっており、各国が世界のマーケットに市場を拡大しているのに対して、日本のメーカーは国内に残っています。

スクリーンショット 2019-11-12 21.15.10.png

出所:未来投資会議(第32回)2019.10.29

モバイル用途の通信用半導体の世界シェアをみてみましょう。モバイル向け通信用半導体の世界シェア(2018年1-3月)はクアルコム(米国)52.0%と5割を超えています。続いて、サムスン電子(韓国)14.0%、メディアテック(台湾)13.0%となっています。モバイル用途の通信用半導体の世界シェアは、米国、韓国、台湾で8割を占めています。

スクリーンショット 2019-11-12 21.16.23.png

出所:未来投資会議(第32回)2019.10.29

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する