オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

「過度な期待のピーク期」は5G、市民データサイエンス、デジタル・ビジネス・テクノロジ・プラットフォーム、AIやブロックチェーンは幻滅期に 〜日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年

»

ガートナー ジャパンは2019年10月31日、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を発表しました。

過度な期待のピーク期(Peak of Inflated Expectations)」にきているのが、

5G、アジャイル・プロジェクト・マネジメント、市民データサイエンス、デジタル・ビジネス・テクノロジ・プラットフォーム、プライバシー・バイ・デザイン、プレディクティブ・サポート、エッジコンピューティング、ポストモダンERPなどとなっています。

などとなっています。

幻滅期(Trough of Disillusionment)」にあるのが、

モバイル開発プラットフォーム、モノのインターネット、DevOps、仮想アシスタント、人工知能、こらぼれーティブ・ワーク・マネジメント、コラボレーティブ・ワーク・マネジメント、サービスとしての統合プラットフォーム、デジタル・ビジネス・コンサルティング・サービス、ロボティクス・プロセス・オートメーション、API、ブロックチェーン、OTとITの融合

などとなっています。

一方、「黎明期(Innovation Trigger)」にあるのが、

コンポーザブル・インフラストラクチャ、AIOpsプラットフォーム、スマートワークスペース、セキュリティ・オーケストレーション/自動化/対応(SOAR)、IoTセキュリティ、デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム

などとなっています。

啓蒙活動期には、

クラウド・コンピューティング

などが入っています。

スクリーンショット 2019-11-04 12.25.06.png

出所:ガートナー ジャパン 日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する