オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

国内RPAソフトウェア市場の首位はNTTデータ、2位がUiPath、3位が富士通、4位がAutomation Anywhere

»

調査会社 IDC Japan は2019年10月7日、「国内RPAソフトウェア市場シェア」を発表しました。

2018年の国内RPAソフトウェア市場(ベンダー売上額ベース)は前年比成長率が113.5%、市場規模は155億600万円となっています。

スクリーンショット 2019-10-14 17.02.28.png

出所:IDC Japan 2019.10

2018年は前年に引き続きオンプレミス市場が市場構成の大半を占め、産業分野では金融や製造業を中心に市場が伸びています。IDCでは、RPAの利用に当たりユーザー企業にとって新たな導入/検討フェーズにシフトしたとみています。

国内RPAソフトウェア市場の2018年の実績は、働き方改革の解決策の一端を担うITツールとして、ホワイトカラーによるPCを利用したルーティンワークを自動化する目的のRPA導入が進んだことから、前年比113.5%増となっています。

2018年の国内RPAソフトウェア市場シェアの首位はNTTデータ、2位がUiPath、3位が富士通、4位がAutomation Anywhere、5位がBlue Prismとなっています。

同市場では上位3社の合計がシェアの75.0%を占めており、国内主要プレイヤーのNTTデータが昨年に引き続き成長を見せたことからシェアの首位を維持しています。

UiPathが製品の日本語化や従業員採用など日本市場への積極的な投資を行い、著しい売上成長を見せるなど外資系RPAベンダーが急成長しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する