オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

世界の研究ネットワークにおける日本の位置づけ

»

内閣府は2019年9月12日、総合科学技術・イノベーション会議を開催し、「研究力強化・若手研究者支援総合パッケージ」(仮称)について議論。検討を行っています。

背景いは、日本の研究力の低下と若手研究者の減少があげられています。

世界の研究ネットワークの中で日本のポジションが相対的に低下しており、国際頭脳循環の流れに出遅れているという状況となっています。

スクリーンショット 2019-09-22 20.51.09.png

出所:総合科学技術・イノベーション会議 2019.9.12

世界の論文数は増加基調にあるものの、日本は、論文数、Top10%補正論文数や、Top1%補正論文数における世界
ランクが、2000年代半ばから低下しています。

スクリーンショット 2019-09-22 20.53.18.png

出所:総合科学技術・イノベーション会議 2019.9.12

我が国の、論文数、Top10%及びTop1%補正論文数の世界ランクは、ほぼ全ての分野において低下傾向となっています。

スクリーンショット 2019-09-22 20.54.55.png

出所:総合科学技術・イノベーション会議 2019.9.12

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する