オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

5G、バイオチップ、AI PaaS、、エッジアナリティクス、自動走行(レベル5)が過度な期待のピーク期に ~先進テクノロジのハイプ・サイクル:2019年:2019年

»

ガートナーは2019年8月29日、「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を発表しました。


「過度な期待のピーク期(Peak of Inflated Expectations)」にきているのが、

5G、バイオチップ、AI PaaS、、エッジアナリティクス、自動走行(レベル5)、軌道衛生システム、エッジAI

などとなっています。

「幻滅期(Trough of Disillusionment)」にあるのが、

自動走行(レベル4)、3Dセンシング・カメラ、次世代メモリ

などとなっています。

一方、「黎明期(Innovation Trigger)」にあるのが、

説明可能なAI、パーソニーフェケーション、ナレッジ・グラフ、合成データ、貨物配送ドローン、転移学習、自動航空機/空飛ぶ車、拡張インテリジェンス

などとなっています。

スクリーンショット 2019-09-01 12.57.43.png

出所:ガートナー 2019.8


本ハイプ・サイクルで取り上げた注目すべき29の先進テクノロジは、新たなエクスペリエンスを創出し実現する5つの先進テクノロジ・トレンドを形成しています。

センシングとモビリティにあるのが、

3Dセンシング・カメラ、ARクラウド、軽貨物配送ドローン、自律型航空機/空飛ぶ車、自律走行 (レベル4/5)

などとなっています。

オーグメンテッド・ヒューマンにあるのが、

バイオチップ、パーソニフィケーション、拡張インテリジェンス、感情AI、イマーシブ・ワークスペース、バイオテクノロジ:培養組織や人工組織

などとなっています。

ポストクラシカルなコンピューティングとコミュニケーションにあるのが、

5G、次世代メモリ、低軌道衛星システム、ナノスケール3Dプリンティング

などとなっています。

デジタル・エコシステムにあるのが、

DigitalOps、ナレッジ・グラフ、合成データ、非中央集権型Web、非中央集権型自律組織

などとなっています。

高度なAI/アナリティクスにあるのが、

アダプティブな機械学習、エッジAI、エッジ・アナリティクス、説明可能なAI、AI PaaS (サービスとしてのAIプラットフォーム)、転移学習、敵対的生成ネットワーク、グラフ分析

などとなっています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する