オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

人間拡張(Human Augmentation)を考える

»

人間は、機械(マシン)とAI、そして、ネットワークとの融合により、人間が、人間拡張(Human Augmentation)により、身体の限界を超え、それぞれの拡張技術を活用して、人間行動が大きく変わることが、近い将来実現するかもしれません。

人間拡張(Human Augmentation)とは、人間と機械が一体化して人間の身体能力を拡張させるテクノロジーと定義し、以下の拡張技術で整理をしてみました。

Physical <身体能力の拡張> ⇒ ウエアラブル ロボットスーツ 等

Presence <存在の拡張>  ⇒ VR( VIrtual Reality:バーチャルリアリティ)/AR(Augmented Reality:拡張現実)等

Perception <知覚の拡張> ⇒ BMI(Brain Machine Interface)/マインドアップローディング 等

Cognition <認知能力の拡張> ⇒ 機械学習サービス 等

スクリーンショット 2019-08-19 13.53.26.png

たとえば、Presence <存在の拡張> は、人間の五感のうち、視覚と聴覚から構成され、VRやARによる仮想空間を通じて情報が生み出され、そこからビジネスが創造されるようになっています。

Perception <知覚の拡張>は、究極の世界は Brain Based Computingの世界です。

BMI(Brain Machine Interface)は、脳情報を通じて、機械とをつなぐインターフェイスです。

マインドアップローディングは、脳(意識)の状態を デジタルデータとして保存して、クラウド上にアップロードするという概念です。

人間は感性を持っていますが、機械は想像を遥かに超えるテクノロジーを持っています。

これにより、脳が価値となり対価となる頭脳資本経済の時代が到来し、頭脳を勉強のみならず、テクノロジーを駆使して拡張できるかが、ポイントとなるでしょう。

人間の身体と機械の融合が進み、人間の身体の制約を超えることができれば、これまでにない創造性を人間は、手に入れることも不可能ではありません。

これらを実現するには、バイオテクノロジーやナノテクノロジーなども含め、複合型のテクノロジーモデルが重要となっていくでしょう。

これからの人間拡張(Human Augmentation)の時代、機会があれば、少し追いかけてみたいと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する