オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

クラウド上のデータマネジメントサービスやCRMアナリティクス分野がビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場の成長の鍵に

»

調査会社IDC Japan は2019年7月10日、「国内BDAソフトウェア市場を調査予測」を発表しました。

IDCではビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場を、

・分析情報管理/統合基盤
・BI/分析ツール
・パフォーマンス管理/アナリティクスアプリケーション市場

の3中分類市場と中分類市場に含まれる16の機能別市場に分けて市場規模予測を行っています。

IDCによると、2018年の国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場は、前年比9.6%増の2,778億7,500万円となっています。

成長の背景は、企業のモバイルデバイスによる顧客接点の改善やAI活用の取り組みが進む中でパブリッククラウド上のデータマネジメントサービスやCRMアナリティクス分野への投資が急速に成長しており、市場の拡大に貢献があるとしています。

2023年までの予測期間において企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)やそれに伴うアナリティクスおよびAI活用の取り組みは一層の広がりを見せ、本市場の拡大に貢献するとみています。

企業はDXやAIによる業務改善における生産性を向上させ、競争力を高めるために、BDAソフトウェアを中核に据えた、DXのためのプラットフォームを整備していくとみており、年間平均成長率は8.5%になると予測しています。

スクリーンショット 2019-07-15 14.34.26.png

出所:IDC Japan 2019.7

今後、データ流通などが重要なビジネスの一つと言われていますが、ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場でもっと大きな市場の規模感や成長率が見込めるとは考えています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する