オルタナティブ・ブログ > 『ビジネス2.0』の視点 >

ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

日本の世界競争力ランキングは30位、起業家精神や国際経験などは最下位。1997以降では過去最低

»

スイスのビジネススクールIMDは2019年5月28日、2019年版の「世界競争力ランキング」を発表しました。

IMD World Competitiveness Rankings 2019 Results

日本の総合順位は30位と前年より5つ順位を下げており、1997年以降では過去最低となっています。

スクリーンショット 2019-06-01 14.08.08.png

出所:IMD World Competitiveness Rankings 2019 Results

調査対象は63カ国・地域で、日本の順位は、「ビジネスの効率性」が46位と低く、起業家精神やビッグデータの活用や分析、国際経験などは最下位となっており、アジア勢が軒並み順位をあげている中、アジアの中でも大きく順位を下げています。

シンガポール前年の3位から今回は1位となり、先進的な技術インフラやビジネス環境などが高い評価となっています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する